マイニング企業 Gyrodata にランサムウェア攻撃が発生

Mining technology company Gyrodata hit by ransomware attack – employee data leaked

2021/04/23 TheDailySwig — マイニング・テクノロジー企業である Gyrodata を狙ったランサムウェア攻撃により、従業員に関する機密情報が流出した可能性がある。米国に本社を置く Gyrodata は、エネルギー企業向けに指向性掘削や測量などのサービスを提供している。

昨晩(4月22日)発表された声明で、データ漏えいの可能性があるランサムウェア攻撃の被害に遭ったと、Gyrodata は述べている。初期の調査では、2021年1月16日から2月22日までの複数回のアクセスにおいて、犯罪者たちが特定システムおよび関連データにアクセスしたことが判明している。取得された可能性のあるデータには、現職および元従業員たちの氏名、住所、生年月日、運転免許証番号、社会保障番号、パスポート番号、W-2税申告書、医療プランの登録に関連する情報などが含まれている。

この記事によると、Gyrodata はテキサス州ヒューストンに本社を置き、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エクアドル、マレーシア、スコットランドなど、世界各国に複数の拠点を持つグローバル企業とのことです。2月21日に攻撃が発見された後に同社は、システムの安全性を確保するための措置を直ちに講じ、調査を開始するためにサイバー・セキュリティ会社を採用したと述べています。また、この件を連邦警察にこの件を通知し、継続して捜査を支援するとも述べています。Gyrodata はリリースの中で、「個人情報のセキュリティを非常に重視しており、情報が流出した可能性のある人々に、我々の調査結果を知らせたいと考えている」と述べています。

%d bloggers like this: