Accellion のデータ流出問題:訴訟を終結させるために $8.1 million で和解

Accellion Reaches $8.1 Million Settlement Over FTA Data Breach

2022/01/18 SecurityWeek — エンタープライズむけのコンテンツ・ファイアウォールを提供する Accellion は、レガシー・ファイル共有サービス FTA に関わる、データ流出をめぐる訴訟を終結させるために、$8.1 million の和解に達したと Reuters が報じている。2021年10月にブランド名を Kiteworks に変更した Accellion は、セキュアな電子メール/コラボレーション/コンテンツ・アクセス/ファイル共有/エンタープライズ・アプリ共有機能などの、いくつかのサービスを提供している。

Continue reading “Accellion のデータ流出問題:訴訟を終結させるために $8.1 million で和解”

ウクライナ政府の 15 の Web サイトが一斉に攻撃されオフラインに追い込まれた

Multiple Ukrainian government websites hacked and defaced

2022/01/14 BleepingComputer — ウクライナにおける公的機関の Web サイトのうち、少なくとも 15 の Web サイトが不正アクセスを受け、改ざんされ、その後にオフラインに追い込まれた。その中には、外務省/農業省/教育科学省/安全保障・防衛省/閣僚内閣のオンライン・ポータルなどが含まれている。改ざんされたメッセージは、ウクライナ語/ロシア語/ポーランド語で書かれており、サイトの訪問者に対して、公共のネットワークにアップロードされている、すべての市民データが漏洩していることを警告していた。

Continue reading “ウクライナ政府の 15 の Web サイトが一斉に攻撃されオフラインに追い込まれた”

FlexBooker から 370万人分以上のユーザー・アカウント情報が盗まれた

Over 3.7 million accounts were compromised in the FlexBooker data breach

2022/01/07 SecurityAffairs — FlexBooker が脅威アクターにより攻撃され、370万人以上のユーザー・アカウントが侵害された。この攻撃はクリスマス休暇前に行われ、盗まれたデータは複数のサイバー犯罪フォーラムで販売されている。FlexBooker は、オンラインのアポイントメント・スケジューリング・プラットフォームであり、予約のスケジュール化や、従業員のカレンダー同期などを提供している。

Continue reading “FlexBooker から 370万人分以上のユーザー・アカウント情報が盗まれた”

Zloader バンキング・マルウェアの新キャンペーン:Microsoft 署名検証を悪用

New Zloader Banking Malware Campaign Exploiting Microsoft Signature Verification

2022/01/04 TheHackerNews — 現在進行中の ZLoader マルウェア・キャンペーンは、リモート監視ツールおよび Microsoft のデジタル署名検証に関する9年前の欠陥を悪用することで、ユーザーの認証情報や機密情報を吸い上げていることが判明している。イスラエルのサイバー・セキュリティ企業である Golan Cohen Research は、この巧妙な感染経路を 2021年11月から追跡してきましたが、過去の攻撃との類似点を指摘し、Malsmoke と呼ばれる脅威アクター・グループの犯行であるとしている。

Continue reading “Zloader バンキング・マルウェアの新キャンペーン:Microsoft 署名検証を悪用”

データ・プロテクション:データの発見/分類/保護とコンテキストを考える

Data Protection: What Needs to Be Protected?

2022/01/03 SecurityIntelligence — あなたの組織のデータは、どこあるのだろうか?グローバルなデータセンター/PC/モバイルアプリなど、あらゆる場所にデータは散らばっている。では、そのすべてを保護するには、どうすればよいのだろう?すべてのデータを暗号化することは不可能だろう。膨大な予算と時間が必要になる。最も厳しい規制でさえ、そこまでのデータ保護を要求していない。たとえば、GDPR は主に個人を特定できる情報 (PII : Personal Identifiable Information) に焦点を当てるが、データ侵害から知的財産を保護することも必要だ。

Continue reading “データ・プロテクション:データの発見/分類/保護とコンテキストを考える”

Have I Been Pwned に 44万件のアカウントが追加:RedLine マルウェアにより窃取

Have I Been Pwned adds 441K accounts stolen by RedLine malware

2021/12/30 BleepingComputer — Have I Been Pwned の情報漏えい通知サービスにおいて、RedLine マルウェアの情報窃取キャンペーンで盗まれた 441,000件のアカウントに、自身のメールとパスワードが含まれているかどうかを確認できるようになった。RedLine は、現時点において最も広く使用されている情報窃取用マルウェアであり、悪意の添付ファイルを用いたフィッシング・キャンペーンや、YouTube 詐欺、warez/crack サイトなどで配布されている。

Continue reading “Have I Been Pwned に 44万件のアカウントが追加:RedLine マルウェアにより窃取”

証券取引委員会 (SEC) から機密情報を盗み出したロシアン・ハッカーが逮捕

Russian hackers made millions by stealing SEC earning reports

2021/12/21 BleepingComputer — サイバー・セキュリティ企業に勤務していたロシア人が、証券取引委員会 (SEC) に対して四半期/年次の業績資料を提出する際に、複数の企業が利用していた米国のファイリング・エージェント2社の、コンピュータ・ネットワークをハッキングした容疑で米国に送還された。この人物は、他の共犯者とともに、2つのファイリング・エージェントから盗んだ重要な未公開情報 (MNPI : Material Non-Public Information) を利用して取引を行い、数百万米ドルを稼ぎ出していた。

Continue reading “証券取引委員会 (SEC) から機密情報を盗み出したロシアン・ハッカーが逮捕”

米国連邦政府の委員会がバックドアの標的:古典的な APT による内部ネットワーク侵害

Experts Discover Backdoor Deployed on the U.S. Federal Agency’s Network

2021/12/20 TheHackerNews — 国際的な権利に関連する米国連邦政府の委員会がバックドアの標的となり、古典的な APT 型の操作による内部ネットワーク侵害が生じたと、研究者たちが報告している。チェコのセキュリティ企業である Avast は、先週に発表したレポートの中で、「この攻撃は、ネットワークを完全に可視化し、システムの完全な制御を可能にした。したがって、対象となるネットワークあるいは、他のネットワークの深部に侵入するための、多段階攻撃の最初のステップとして使用することができた」と述べている。

Continue reading “米国連邦政府の委員会がバックドアの標的:古典的な APT による内部ネットワーク侵害”

Facebook がサイバー傭兵企業7社に圧力:5万人のユーザーに対するスパイ行為

Facebook Bans 7 ‘Cyber Mercenary’ Companies for Spying on 50,000 Users

2021/12/17 TheHackerNews — 木曜日に Meta Platforms は、監視技術への批判が高まる中、100カ国以上でジャーナリスト/反体制派/権威主義政権批判者/人権活動家などを「無差別に」標的にしていたとして、サイバー傭兵7社のプラットフォームを廃止する措置をとったと表明した。

Continue reading “Facebook がサイバー傭兵企業7社に圧力:5万人のユーザーに対するスパイ行為”

悪意の Excel XLL アドインが RedLine マルウェアをプッシュしてパスワードを盗み出す

Malicious Excel XLL add-ins push RedLine password-stealing malware

2021/12/05 BleepingComputer — Web サイトの問合せフォームやフォーラムにスパムを送り、パスワードなどの情報を盗むマルウェア RedLine をダウンロード/インストールさせる Excel XLL ファイルが、サイバー犯罪者たちにより配布されている。RedLine は情報窃取型のトロイの木馬であり、Web ブラウザに保存されているクッキー/ユーザー名/パスワード/クレジットカードなどの情報のほか、感染したデバイスから FTP 認証情報やファイルを盗み出す。

Continue reading “悪意の Excel XLL アドインが RedLine マルウェアをプッシュしてパスワードを盗み出す”

NSO Group が開発したスパイウェア:iPhone のハッキングと米高官に対する盗聴

NSO Group tech reportedly used to hack US officials’ iPhones

2021/12/03 CyberScoop — 金曜日に Reuters が報じたところによると、イスラエルの NSO Group が開発したスパイウェアにより、米国国務省の職員が使用していた 10数台の iPhone がハッキングされたとのことだ。Reuters によると、これまでの数ヶ月の間に起こった一連の攻撃は、ウガンダに関連する米政府関係者を狙って、何者かに実施されたとのことだ。Washington Post と CNN も、この攻撃を確認している。

Continue reading “NSO Group が開発したスパイウェア:iPhone のハッキングと米高官に対する盗聴”

Panasonic のネットワークに不正侵入:4ヶ月にわたるデータ侵害が判明

Panasonic discloses data breach after network hack

2021/11/29 BleepingComputer — 今月、日本の多国籍コングロマリットである Panasonic は、未知の脅威アクターが同社のネットワーク上のサーバーにアクセスした後、セキュリティを侵害したと公表した。金曜日に発表したプレスリリースで、「2021年11月11日に Panasonic は、社内ネットワークが第三者により不正にアクセスされたことを確認した。社内調査の結果、侵入時にファイル・サーバーの一部の、データに不正アクセスがあったことが判明した」と述べている。

Continue reading “Panasonic のネットワークに不正侵入:4ヶ月にわたるデータ侵害が判明”

海運業大手の Swire Pacific Offshore がランサムウェア Clop の攻撃を受けている

Marine services giant Swire Pacific Offshore hit by ransomware

2021/11/26 BleepingComputer — 海洋サービス大手の Swire Pacific Offshore (SPO) は、ランサムウェア Clop の攻撃を受け、企業データを窃取された。同社の IT システムに、不正にネットワーク・アクセスされ、その結果、一部の従業員データが漏洩したという。SPO は、「IT システムへの不正アクセスを伴う、サイバー攻撃の標的になっていたことを発見した」と BleepingComputer に対して述べている。

Continue reading “海運業大手の Swire Pacific Offshore がランサムウェア Clop の攻撃を受けている”

GoDaddy の 120万人分のデータ侵害は Managed WordPress で起こった

New GoDaddy data breach impacted 1.2 million customers

2021/11/22 SecurityAffairs — GoDaddy が公表したデータ侵害のインシデントは、最大で 120万人の顧客に影響を与えるという。脅威アクターたちが、同社のマネージド WordPress ホスティング環境に侵入しことで、このインシデントは起こった。脅威アクターは、2021年9月6日ころから、同社のネットワークを侵害していたが、このセキュリティ侵害が発見されたのは 11月17日だった。

Continue reading “GoDaddy の 120万人分のデータ侵害は Managed WordPress で起こった”

風力発電機メーカーの巨人 VestaWind に発生したデータ侵害

Wind turbine giant Vestas says data was compromised in security incident

2021/11/22 CyberScoop — 世界最大級の風力発電機メーカーである Vestas Wind Systems だが、サイバー攻撃を受けたことで、IT システムの一部を停止せざるを得ない状況にあると発表した。月曜日に、デンマークに本拠を置く同社は、11月19日に発見されたセキュリティ・インシデントを調査し、その影響を軽減していると発表した。

Continue reading “風力発電機メーカーの巨人 VestaWind に発生したデータ侵害”

FBI でメール・ハッキング:偽の緊急メッセージが配信された

FBI system hacked to email ‘urgent’ warning about fake cyberattacks

2021/11/13 BleepingComputer — FBI のメールサーバーがハッキングされ、受信者のネットワークが侵害されデータが盗まれたという、FBI の警告を装ったスパムメールが配信されていた。このメールは、「Vinny Troia と名乗る既知の高度な脅威アクターからの高度な連鎖攻撃について警戒」するように装われていた。Troia とは、ダークウェブ・インテリジェンス企業である NightLion と Shadowbyte の、Head of Security Research である。

Continue reading “FBI でメール・ハッキング:偽の緊急メッセージが配信された”

HPE が認めた Aruba Central データ侵害はアクセスキーの窃取が入り口だった

HPE says hackers breached Aruba Central using stolen access key

2021/11/10 BleepingComputer — HPE は、同社のネットワーク監視プラットフォームである Aruba Central のデータリポジトリが侵害され、監視対象のデバイスと位置に関するデータに対する、脅威アクターによるアクセスを許してしまったことを公表した。Aruba Central は、管理者がシングル・ダッシュボードから、大規模なネットワークやコンポーネントを管理するためのクラウド・ネットワーキング・ソリューションである。

Continue reading “HPE が認めた Aruba Central データ侵害はアクセスキーの窃取が入り口だった”

米国の防衛関連企業である EWA の電子メールシステムがハッキングされた

US defense contractor Electronic Warfare hit by data breach

2021/11/05 BleepingComputer — 米国の防衛関連企業である Electronic Warfare Associates (EWA) の電子メールシステムがハッキングされ、個人情報を含むファイルが盗まれるというデータ漏洩が公表された。EWA は、今回のデータ流出の影響は限定的であるとしているが、機密情報を含むファイルを流出させたことは認めている。

Continue reading “米国の防衛関連企業である EWA の電子メールシステムがハッキングされた”

エンタープライズ・ストレージ環境の調査:惨憺たる結果は他人事ではない

Enterprise Data Storage Environments Riddled With Vulnerabilities

2021/10/15 DarkReading — ランサムウェア攻撃が急増しているが、企業におけるストレージ/バックアップ環境のセキュリティ対策は、IT インフラのコンピュータ/ネットワーク層に比べて、非常に脆弱であることが新しい調査で明らかになった。

Continue reading “エンタープライズ・ストレージ環境の調査:惨憺たる結果は他人事ではない”

Facebook の機密文書流出を考える:そんなに簡単に漏れるものなの?

The Human Element Is the Weakest Link

2021/10/15 DarkReading — 先日に発生した Facebook の障害は、35億人のユーザーと膨大な数の企業に影響を与えた。しかし、それは大したことではない。問題が発生したら、世間に向けて謝罪の言葉を発表し、次のステップに進む・・・それが通常のビジネスだ。しかし、この会社は、もっと大きな問題を抱えている。

Continue reading “Facebook の機密文書流出を考える:そんなに簡単に漏れるものなの?”

従業員教育から災害復旧まで:包括的なデータ保護でサイバー犯罪を無力化する

Building a Unified BCDR Strategy to Protect Data

2021/09/10 SecurityBoulevard — すべてのビジネスにとって、データは生命線である。しかし、そのデータを保護することが、企業にとって大きな課題となっている。その理由は、さまざまな法律や規制のコンプライアンス基準があり、また、サイバー犯罪者による攻撃や、従業員が犯す失敗などにより、常にデータが脅威にさらされるからだ。

Continue reading “従業員教育から災害復旧まで:包括的なデータ保護でサイバー犯罪を無力化する”

MyRepublic Singapore のデータ侵害:国民登録 ID カード番号などが盗まれた

MyRepublic discloses data breach exposing government ID cards

2021/09/10 BleepingComputer — MyRepublic Singapore は、約8万人の携帯電話加入者の個人情報が流出したことを公表した。MyRepublic は、シンガポール/ニュージーランド/オーストラリアで事業を展開する、アジア太平洋地域における通信事業者であり ISP である。昨日、MyRepublic Singapore は、データ漏洩の通知メールの送信を開始している。その内容は、権限のない人物が、第三者のデータ・ストレージ・プラットフォームにアクセスしたことで、顧客の個人情報が漏洩したというものだ。

Continue reading “MyRepublic Singapore のデータ侵害:国民登録 ID カード番号などが盗まれた”

国連のネットワーク侵害が判明:ダークウェブ上のログイン情報が悪用される?

Experts confirmed that the networks of the United Nations were hacked earlier this year

2021/09/10 SecurityAffairs — この木曜日に国連 (United Nations) は、今年初めに同組織のコンピュータ・ネットワークが、サイバー攻撃を受けたことを確認した。UN Secretary-General のスポークスマンである Stéphane Dujarric は Bloomberg に対して、「未知の攻撃者が 2021年4月に、国連のインフラの一部に侵入したことを認めた。国連は、持続的なキャンペーンを含め、頻繁にサイバー攻撃の標的となっている。また、この侵害に関連した、さらなる攻撃も検知され、対応していることを確認している」と述べている。

Continue reading “国連のネットワーク侵害が判明:ダークウェブ上のログイン情報が悪用される?”

LockBit が Bangkok Airways を攻撃:Accenture からの連鎖か?

LockBit gang leaks Bangkok Airways data, hits Accenture customers

2021/09/01 BleepingComputer — タイの大手航空会社である Bangkok Airways は、8月の初めにサイバー攻撃の被害に遭い、乗客の個人情報が流出したことを認めた。 この発表は、ランサムウェア LockBit が、身代金を支払わなければデータを公開すると脅迫するメッセージを、リーク・サイトに掲載したことを受けたものだ。

Continue reading “LockBit が Bangkok Airways を攻撃:Accenture からの連鎖か?”

T-Mobile の1億人の個人情報流出事件:ブルートフォースで突破されたらしい

T-Mobile CEO: Hacker brute-forced his way through our network

2021/08/27 BleepingComputer — 本日、T-Mobile の CEO である Mike Sievert は、今回の大規模なデータ流出事件の背後にいるハッカーが、テスト環境にアクセスした後に、同社のネットワークをブルートフォースで突破したことを明らかにした。このインシデントにおいて、顧客の財務情報/クレジットカード情報/支払情報の流出は生じていない。しかし、T-Mobile によると、社会保障番号/電話番号/氏名/住所/生年月日/T-Mobile プリペイド PIN/運転免許証/ID 情報などを含む、現在/過去/将来の顧客5,460万人分の記録が窃取された。

Continue reading “T-Mobile の1億人の個人情報流出事件:ブルートフォースで突破されたらしい”

Microsoft Azure Cosmos NoSQL への侵害により何千もの組織に影響が

Critical Cosmos Database Flaw Affected Thousands of Microsoft Azure Customers

2021/08/27 TheHackerNews — 木曜日に、クラウド・インフラストラクチャのセキュリティ企業である Wiz は、現在修正されている Azure Cosmos データベースの脆弱性の詳細を明らかにした。この脆弱性を悪用すると、Azure ユーザーであれば誰でも、他の顧客のデータベース・インスタンスに対する完全な管理者権限を、無許可で与えられる可能性がある。この、Chaos DB と呼ばれる脆弱性は、読取/書込/削除の権限を誤って付与するものだ。

Continue reading “Microsoft Azure Cosmos NoSQL への侵害により何千もの組織に影響が”

ハッカーに 50 万ドルの お礼?Poly Network 事件が終結した

Hacker gets 500K reward for returning stolen cryptocurrency

2021/08/23 BleepingComputer — 2週間前に Poly Network が失った $610 million 以上の暗号通貨資産が返還され、ハッカーが $500,000 の懸賞金を受け取ったことで、分散型金融の世界で最大のハッキングと呼ばれた物語は終わったようだ。今日、Mr.White Hat と呼ばれるハッカーは Poly Network に対して、盗み出したデジタル資産の最後の部分 ($141 million 相当) へのアクセスを提供した。

Continue reading “ハッカーに 50 万ドルの お礼?Poly Network 事件が終結した”

Nokia の米子会社に Conti ランサムウェアが侵入した

Nokia subsidiary discloses data breach after Conti ransomware attack

2021/08/23 BleepingComputer — Nokia の米子会社である SAC Wireless は、Conti ランサムウェアによる攻撃を受け、ネットワークへの侵入と、データの窃取、システムを暗号化を許し、また、データが流出したことを公表した。米国イリノイ州シカゴに本社を置く Nokia 子会社である SAC Wireless は、米国内の通信事業者および、基地局、OEM 企業などと取引を行っている。SAC Wireless は、5G および、4G LTE、スモールセル、FirstNet などの、セルラー・ネットワークの設計/構築/アップグレードなどを顧客に提供する企業である。

Continue reading “Nokia の米子会社に Conti ランサムウェアが侵入した”

東京海上シンガポール支店がランサムウェアに遭ったが詳細は不明

Japanese insurer Tokio Marine discloses ransomware attack

2021/08/18 BleepingComputer — 今週のこと、日本に本拠を持つ多国籍保険会社 Tokio Marine Holdings は、同社のシンガポール支店である Tokio Marine Insurance Singapore (TMiS) がランサムウェア攻撃に遭ったことを発表した。この発表においては、侵入に対処するために取られた措置を除いて、インシデントに関する情報はほとんど含まれていない。

Continue reading “東京海上シンガポール支店がランサムウェアに遭ったが詳細は不明”

Ford における顧客データの流出と対応:これじゃ研究者が可哀相

Ford bug exposed customer and employee records from internal systems

2021/08/15 BleepingComputer — Ford Motor Company の Web サイトのバグにより、機密システムへのアクセスが可能となり、顧客データベースや、従業員記録、社内チケットなどの、プロプライエタリ・データを窃取された。このデータ流出は、Ford のサーバー上で稼働している、顧客エンゲージメント・システム Pega Infinity のインスタンスが、誤って設定されていたことに起因している。

Continue reading “Ford における顧客データの流出と対応:これじゃ研究者が可哀相”

T-mobile 1億人分の顧客データが盗まれた:背景には FBI / CAI への報復が

Hacker claims to steal data of 100 million T-mobile customers

2021/08/15 BleepingComputer — ある脅威アクターが T-Mobile社 のサーバーをハッキングし、約1億人分の個人情報を含むデータベースを盗んだと主張したことで、同社はデータ漏えいに関する調査を積極的に進めることになった。昨日のことだが、あるハッキング・フォーラムで、3,000万人分の生年月日および、運転免許証番号、社会保障番号を含むデータベースを、6 bitcoin (~$280K) で販売すると主張する人物が現れ、このデータ流出の疑いが浮上した。このフォーラムの投稿では、データの出所は明記されていないが、この脅威アクターは BleepingComputer に対して、大規模なサーバー侵害より T-Mobile からデータを奪ったと述べてる。

Continue reading “T-mobile 1億人分の顧客データが盗まれた:背景には FBI / CAI への報復が”

Accenture が LockBit 2.0 ランサムウェアに攻撃される

Accenture has been hit by a LockBit 2.0 ransomware attack

2021/08/11 SecurityAffairs — IT & Consulting 大手の Accenture だが、LockBit 2.0 ランサムウェアからの攻撃に遭っている。そして、LockBit 2.0 グループは、あたかも Accenture の内部からの発言を装うかたちで、「この人たちは、プライバシーやセキュリティを超えている。彼らのサービスが、インサイダーである私が見たものよりも、優れたものであことを願っている。もしデータベースの購入に興味があれば、私たちに連絡してほしい」と、リークサイトでアナウンスしている。

Continue reading “Accenture が LockBit 2.0 ランサムウェアに攻撃される”

Poly Network 暗号通貨:盗まれた6億ドルと戻された2.6億ドル

Hackers Steal Over $600 Million Worth of Cryptocurrencies from Poly Network

2021/08/11 TheHackerNews — ブロックチェーン・ベースの金融ネットワークから、ハッカーたちが $611 million 相当の暗号通貨を盗み出した。これは、デジタル資産業界を標的とした、最大級の金庫破り事件であると考えられ、Coincheck や Mt.Gox などの取引所を標的とした、近年の侵害事件を上回るものだ。中国を拠点とする Poly Network は、Bitcoin や Ethereum などの複数のブロックチェーンをまたいでトークンを交換する、クロスチェーン分散型金融 (DeFi : Cross Chain Decentralized Finance) プラットフォームを提供している。

Continue reading “Poly Network 暗号通貨:盗まれた6億ドルと戻された2.6億ドル”

Black Hat 2021:Microsoft Exchange ProxyShell 脆弱性への悪意のスキャン

Microsoft Exchange servers scanned for ProxyShell vulnerability, Patch Now

2021/08/07 BleepingComputer — Black Hat カンファレンスで技術的な詳細が公開されたことで、脅威アクターたちは Microsoft Exchange ProxyShell のリモートコード実行の脆弱性を積極的にスキャンするようになった。これらの脆弱性を調べる前に、どのように公開されたかを理解することが重要だ。ProxyShell は、3つの脆弱性の総称であり、それぞれの脆弱性が連鎖すると、Microsoft Exchange サーバー上で認証を必要とせずにリモートコードが実行される。これらの脆弱性の連鎖は、IIS の Port 443 で実行される Microsoft Exchange の Client Access Service (CAS) を介してリモートから悪用される。

Continue reading “Black Hat 2021:Microsoft Exchange ProxyShell 脆弱性への悪意のスキャン”

多要素認証バイパスを引き起こすテクノロジー Top-5

Top 5 Techniques Attackers Use to Bypass MFA

2021/08/06 DarkReading — 企業では、サーバー攻撃を防ぐために、多要素認証 (MFA: Multi Factor Authentication) が利用されている。しかし、MFA により 100% が保護されるという考えは、まさに誤りだ。MFA とパスワードを比較すると、個人情報漏えいのリスクを 99% 削減されると強調した統計があるが、それを回避する方法を攻撃者は知っている。では、どこに目を向ければ良いのだろうか。幸いなことに、すべてが悲観的な状況ではない。MFA がバイパスされたとしても、侵害になる前に攻撃を察知して阻止することは可能だ。

Continue reading “多要素認証バイパスを引き起こすテクノロジー Top-5”

Black Hat 2021:Microsoft Exchange 問題の新たな観点

‘A whole new attack surface’ – Researcher Orange Tsai documents ProxyLogon exploits against Microsoft Exchange Server

2021/08/06 DailySwig — Black Hat USA 2021 において、ハッキング・マエストロである Orange Tsai は、Microsoft Exchange の脆弱性に関する待望の技術情報を公開した。2021年1月に Tsai が発見した認証前のリモートコード実行 (RCE : remote code execution) の欠陥は、Microsoft Exchange 史上で最も深刻な脆弱性かもしれないと、彼はリモート講演で語っていた。この欠陥は、3月にパッチが適用されたが、悪用されると世界の何十万ものエンタープライズ・メッセージング・サーバーがハッキングされるという、きわめて深刻なゼロデイ欠陥の1つだった。このバグを深く掘り下げた後に Tsai は、ProxyLogon は単一のバグではなく、研究者が新しい脆弱性を発見するために役立つ、まったく新しい攻撃対象領域であることに気づいた。

Continue reading “Black Hat 2021:Microsoft Exchange 問題の新たな観点”

Black Hat 2021:Microsoft 365 への攻撃がワイルドになる可能性について

Incident Responders Explore Microsoft 365 Attacks in the Wild

2021/08/06 DarkReading — BLACK HAT 2021 – Microsoft 365 は、サイバー犯罪者にとってホットなターゲットであり、セーフガードを回避して企業データにアクセスする新たな方法が、常に模索されている。そして、防御側がゲームを強化すると、攻撃側も同じことを行う。

Continue reading “Black Hat 2021:Microsoft 365 への攻撃がワイルドになる可能性について”

中国拠点のサイバー・スパイが東南アジアの ICS や SCADA を狙っている

China-Linked Cyberespionage Operation Suggests Interest in SCADA Systems

2021/08/05 SecurityWeek — 中国を拠点とするサイバースパイ集団が、東南アジア諸国の重要インフラ組織を標的にしていることが確認されて、攻撃者たちが産業用制御システム (ICS : Industrial Control Systems) に関心を示している可能性が生じた。中国の脅威アクターたちが、東南アジアを標的にすることは珍しいことではない。ここ数年、この地域の軍事/通信/技術/政府の組織を標的にしていることが確認されている。木曜日に Broadcom の一部門である Symantec は、同社の脅威ハンター・グループが、東南アジアの4つの重要インフラ組織に対して、ある脅威アクターが攻撃を仕掛けたことを確認したと報告している。

Continue reading “中国拠点のサイバー・スパイが東南アジアの ICS や SCADA を狙っている”

IBM Security 調査:データ侵害への対応コストは平均で $4.2M

IBM Cost of a Data Breach study: average Cost of Data Breach exceeds $4.2M

2021/07/28 SecurityAffairs — 今日、IBM Security が発表した Cost of Data Breach は、Ponemon Institute が実施した調査結果を、スポンサーでもある IBM が分析したものである。この調査は、2020年5月から2021年3月の間に、500以上の組織が被ったデータ侵害に関連する、データに基づいて実施された。この調査で明らかになったのは、現在進行中のパンデミックが、データの漏洩およびリカバリーのための労力とコストに、大きな影響を与えていることである。

Continue reading “IBM Security 調査:データ侵害への対応コストは平均で $4.2M”

Kaseya はランサム支払いを否定:完全な復号化ツールを提供と言うが?

Kaseya denies ransomware payment as it hails ‘100% effective’ decryption tool

2021/07/27 DailySwig — Kaseya は、一連のランサムウェア攻撃の被害者に対して、復号化ツールを提供し続けているが、サイバー犯罪組織 REvil に身代金を支払ったという噂を否定した。7月2日に始まった、このソフトウェア・サプライチェーン攻撃は、IT マネジメント・プラットフォームである Kaseya VSA のハッキングを介して、最大で 1,500とも言われる組織に影響を与えたと考えられる。7月22日に Kaseya は、サードパーティから復号化ツールを入手し、アンチ・マルウェアの専門家である Emsisoft の協力を得て、影響を受けた組織の環境を復旧していることを明らかにした。

Continue reading “Kaseya はランサム支払いを否定:完全な復号化ツールを提供と言うが?”

Magecart ハッカーたちは盗んだクレカ情報をイメージファイルに隠し持つ

Magecart Hackers Hide Stolen Credit Card Data Into Images for Evasive Exfiltration

2021/07/09 TheHackerNews — Magecart グループに属するサイバー犯罪者たちは、コメント・ブロック内に難読化されたマルウェアコードを仕込み、盗み出したクレジットカード情報をサーバー上の画像などのファイルにエンコードするという、新しい手口を使い始めている。それにより示されるのは、攻撃者が検知を逃れるために、感染経路を継続的に消し去っているという実態だ。

Continue reading “Magecart ハッカーたちは盗んだクレカ情報をイメージファイルに隠し持つ”

Morgan Stanley のサードパーティ Accellion にデータ侵害が発生

Morgan Stanley reports data breach after vendor Accellion hack

2021/07/08 BleepingComputer — 投資銀行の Morgan Stanley は、サードパーティ・ベンダーである Accellion FTA サーバーに攻撃者が侵入したことで、同社顧客の個人情報を盗み出されたことを報告した。Morgan Stanley は、投資銀行業務/証券業務/資産運用/投資管理サービスを提供する、世界有数の金融サービス企業である。米国の多国籍企業である同社の顧客には、41カ国以上の企業/政府/団体/個人が含まれている。

Continue reading “Morgan Stanley のサードパーティ Accellion にデータ侵害が発生”

British Airways のデータ侵害で記録的な弁償金が支払われる

British Airways agrees to pay victims of record-breaking data breach

2021.07/07 DailySwig — British Airways (BA) は、42万人以上の顧客の個人情報が流出したインシデントにおいて、法廷外での和解に達した。被害者たちの代理人である国選法律事務所 PGMBM との合意に基づき、BA は数千人の請求者に対して非公開の金額を支払う。ただし、この解決策は、航空会社側の責任を認めるものではない。

Continue reading “British Airways のデータ侵害で記録的な弁償金が支払われる”

米国の医療関連個人情報がサードパーティ・プロバイダーから流出した

Data breach at third-party provider exposes medical information of US healthcare patients

2021/07/06 DailySwig — Northwestern Memorial HealthCare (NMHC) の、あるサードパーティ・プロバイダーにおいて、患者たちの個人医療情報が流出した可能性がある。Elekta は、イリノイ州に対して、ガンに関する報告を行うための、クラウドベースのプラットフォームを提供しているが、そのデータベースに未知の人物が不正アクセスした。

Continue reading “米国の医療関連個人情報がサードパーティ・プロバイダーから流出した”

Kaseya を襲った REvil ランサム被害が拡大している

REvil is increasing ransoms for Kaseya ransomware attack victims

2021/07/04 BleepingComputer — REvil ランサムウェア・ギャングは、金曜日の Kaseya ランサムウェア攻撃における身代金の要求額を増やしている。REvilのようなランサムウェア・ギャングが攻撃を行う際には、財務情報や、サイバー・セキュリティ保険契約、盗み出したデータなどを分析することで、被害者の支払い能力を確かめる。そして、暗号化したデバイス数や、盗み出したデータ量をもとに交渉を行い、被害者が支払えると思われる金額を、身代金として提示する。

Continue reading “Kaseya を襲った REvil ランサム被害が拡大している”

米ケミカル Brenntag が DarkSide ランサムウェアに盗まれた情報とは?

US chemical distributor shares info on DarkSide ransomware data theft

2021/07/03 BleepingComputer — 世界有数の化学製品流通企業である Brenntag は、2021年4月下旬に同社の北米部門が狙われた攻撃の際に、DarkSide ランサムウェアにより盗み出されたデータの内容について、追加の情報を公開した。ICIS が発表した世界の化学製品通業 Top-100 レポートによると、Brenntag は北米の売上高で第2位となっている。

Continue reading “米ケミカル Brenntag が DarkSide ランサムウェアに盗まれた情報とは?”

Mercedes-Benz のデータ侵害により 1000人の個人情報が流出した?

Mercedes-Benz data breach exposes SSNs, credit card numbers

2021/06/25 BleepingComputer — Mercedes-Benz USA は、同社の一部の顧客に影響を与えるデータ侵害の詳細について公表した。具体的には、顧客の氏名/住所/電子メール/電話番号/購入車両情報などを含む、160万件の顧客記録を調査し、その影響を確認した。

Continue reading “Mercedes-Benz のデータ侵害により 1000人の個人情報が流出した?”

ファッション業界の French Connection が REvil ランサムに狙われた

REvil Hits French Connection, Grupo Fleury

2021/06/25 SecurityBoulevard — ランサムウェア REvil は、世界各地で破壊的な活動を続けており、知名度の高いターゲットの脆弱性を引き出して悪用する。最近の被害者は、英国で約50年の歴史を持つ、衣料品小売店 の French Connection であり、2000年代には FCUK という挑発的なブランド名で注目された。

Continue reading “ファッション業界の French Connection が REvil ランサムに狙われた”

ADATA の 700 GB データリークは Ragnar Locker というランサム・ギャングの仕業だ

ADATA suffers 700 GB data leak in Ragnar Locker ransomware attack

2021/06/21 BleepingComputer — ランサムウェア Ragnar Locker の一味が、台湾のメモリストレージ・チップメーカーである ADATA から盗み出した、700GB以上のアーカイブ・データのダウンロード・リンクを公開した。ADATA の機密ファイルが含まれているとされる 13個のアーカイブ・セットは、しばらくの間、クラウドベースのストレージ・サービスで公開されていた。

Continue reading “ADATA の 700 GB データリークは Ragnar Locker というランサム・ギャングの仕業だ”