Citrix ADC/Gateway 認証バイパスの脆弱性が FIX:直ちにパッチ適用を!

Citrix urges admins to patch critical ADC, Gateway auth bypass

2022/11/08 BleepingComputer — Citrix は、Citrix ADC/Citrix Gateway の深刻な認証バイパスの脆弱性に対するセキュリティ・アップデートをインストールするよう、顧客に促している。Citrix ADC/Citrix Gateway における3つの脆弱性は、特定の環境下において、攻撃者によるデバイスへの不正アクセスおよび、リモート・デスクトップの乗っ取り、ログイン・ブルートフォースによるプロテクションの回避などを可能にするものだ。

Continue reading “Citrix ADC/Gateway 認証バイパスの脆弱性が FIX:直ちにパッチ適用を!”

OpenSSL の脆弱性 CVE-2022-3602/CVE-2022-3786 が FIX:深刻だが緊急性は低い

High-severity OpenSSL vulnerabilities fixed (CVE-2022-3602, CVE-2022-3786)

2022/11/01 HelpNetSecurity — 暗号ライブラリ OpenSSL のバージョン 3.0.7 がリリースされ、punycode decoder に存在する、サービス拒否/リモートコード実行につながる可能性のある、2つの深刻なバッファオーバーフロー脆弱性 CVE-2022-3602/CVE-2022-3786 が修正された。脆弱性 CVE-2022-3602 は、1週間前に OpenSSLプロジェクト・チームにより、その存在が事前に発表されていたが、幸運なことに、当初に想定されていたよりも、危険度が低いことが判明している。

Continue reading “OpenSSL の脆弱性 CVE-2022-3602/CVE-2022-3786 が FIX:深刻だが緊急性は低い”

OpenSSL の重要な修正プログラムがリリースされる:すべてのユーザーは準備を!

Incoming OpenSSL critical fix: Organizations, users, get ready!

2022/10/26 HelpNetSecurity — このチームの独自のリスク分類によると、OpenSSL の重大な脆弱性とは、一般的な設定に影響を与え、悪用される可能性が高い脆弱性を指すとのことだ。彼らは、「それらの脆弱性に含まれる例を挙げると、サーバのメモリの内容 の大量に開示するもの (ユーザーの詳細が明らかになる可能性)/リモートから容易に悪用されてサーバの秘密鍵を危険にさらすもの/一般的な状況でリモートコード実行の可能性が高いものなどがある」と述べている

Continue reading “OpenSSL の重要な修正プログラムがリリースされる:すべてのユーザーは準備を!”

Cisco AnyConnect の脆弱性 CVE-2020-3433 などの悪用を検出:CISA KEV リストにも追加

Cisco warns admins to patch AnyConnect flaw exploited in attacks

2022/10/25 BleepingComputer — 今日に Cisco は、Cisco AnyConnect Secure Mobility Client for Windows に存在する、2つの脆弱性が悪用されているとして、顧客に警告を発した。AnyConnect Secure Mobility Clientは、企業のエンドポイントへの安全なアクセスを簡素化し、SSL (Secure Sockets Layer) と IPsec IKEv2 を通じて、あらゆるロケーションからの安全な VPN 接続を提供するものである。

Continue reading “Cisco AnyConnect の脆弱性 CVE-2020-3433 などの悪用を検出:CISA KEV リストにも追加”

OpenSSL の深刻な 脆弱性 CVE-2022-2274 が FIX:RCE にいたる恐れがある

OpenSSL Releases Patch for High-Severity Bug that Could Lead to RCE Attacks

2022/07/06 TheHackerNews — OpenSSL プロジェクトのメンテナたちは、特定のシナリオでリモートコード実行につながる可能性のある、暗号ライブラリに存在する極めて深刻なバグに対処するパッチを公開した。この脆弱性には、識別子 CVE-2022-2274 が割り当てられており、2022年6月21日にリリースされた OpenSSL Ver 3.0.4 で取り込まれてしまった、RSA 秘密鍵操作によるヒープメモリ破壊に起因すると説明されている。

Continue reading “OpenSSL の深刻な 脆弱性 CVE-2022-2274 が FIX:RCE にいたる恐れがある”

GoDaddy の 120万人分のデータ侵害は Managed WordPress で起こった

New GoDaddy data breach impacted 1.2 million customers

2021/11/22 SecurityAffairs — GoDaddy が公表したデータ侵害のインシデントは、最大で 120万人の顧客に影響を与えるという。脅威アクターたちが、同社のマネージド WordPress ホスティング環境に侵入しことで、このインシデントは起こった。脅威アクターは、2021年9月6日ころから、同社のネットワークを侵害していたが、このセキュリティ侵害が発見されたのは 11月17日だった。

Continue reading “GoDaddy の 120万人分のデータ侵害は Managed WordPress で起こった”

Cisco AnyConnect VPN のゼロデイ PoC エクスプロイトが公開された

Cisco fixes 6-month-old AnyConnect VPN zero-day with exploit code

2021/05/13 BleepingComputer — Cisco の VPN である AnyConnect Secure Mobility Client で見つかった、6ヶ月前のゼロデイ脆弱性が、PoC エクスプロイト・コードとともにアップデートされた。Cisco AnyConnect Secure Mobility Client は、主要なデスクトップ/モバイル・プラットフォーム向けの VPN クライアントから、SSL (Secure Sockets Layer) および IPsec IKEv2 を介して、エンタープライズ VPN 接続を実現するものだ。

Continue reading “Cisco AnyConnect VPN のゼロデイ PoC エクスプロイトが公開された”