再生可能エネルギー産業を標的とする、大規模なサイバー・スパイ・キャンペーン

Cyber espionage campaign targets renewable energy companies

2022/01/17 BleepingComputer — 再生可能エネルギーや産業技術gy連の組織を主たる対象とした、大規模なサイバー・スパイ・キャンペーンが 2019年頃から活動を開始し、世界の 15以上の組織を標的にしていることが判明した。このキャンペーンを発見したのは、Curated Intelligenceトラスト・グループのセキュリティ研究者である William Thomas であり、DNS スキャンやパブリック・サンドボックス・サブミッションといった、OSINT (open-source intelligence) 技術を用いたとのことだ。

Continue reading “再生可能エネルギー産業を標的とする、大規模なサイバー・スパイ・キャンペーン”

CISA の Log4j ブリーフィング:現時点で深刻な被害を受けた連邦政府機関は無い

CISA Unaware of Any Significant Log4j Breaches in U.S.

2022/01/11 SecurityWeek — 米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) だが、先日に公開された Log4j の脆弱性に関連した深刻な侵害について、現在のところ検知していないと述べている。月曜日に行われたメディアへのブリーフィングで、CISA の Director である Jen Easterly と、Executive Assistant Director for Cybersecurity である Eric Goldstein は、深刻なインシデントは検知していないと述べている。これは、数多くの組織が迅速に対応した結果だと思われる。

Continue reading “CISA の Log4j ブリーフィング:現時点で深刻な被害を受けた連邦政府機関は無い”

安全なスマートシティ:IoT のインフラとリスクの関係を整理する

Securing Smart Cities: What You Need to Know

2022/01/03 StateOfSecurity — 経済/人口/社会/文化/技術/環境などに関連する、さまざまなプロセスが複雑に絡み合う都市化に伴い、各国政府は都市部特有の課題に対処するスマートシティを開発している。この開発は、無線技術とクラウドを利用したデータ転送により行われる。スマートシティには、IoT (Internet of Things)/ICT (Information and Communications Technology)/GIS (Geographic Information Systems) などの技術が使われていく。それぞれの技術が連携して大量のデータを収集し、そのデータを基に都市内のコンポーネントやシステムを改善する。

Continue reading “安全なスマートシティ:IoT のインフラとリスクの関係を整理する”

mySCADA myPRO HMI/SCADA の深刻な脆弱性 CVE-2021-44462:リモートからの乗っ取りも?

Critical flaws in myPRO HMI/SCADA product could allow takeover vulnerable systems

2021/12/27 SecurityAffairs — mySCADA myPRO HMI/SCADA は、マルチプラットフォーム対応の Human-Machine Interface (HMI)/Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA) システムであり、産業プロセスの視覚化および制御に用いられている。セキュリティ研究者の Michael Heinzl は、mySCADA myPRO 製品群に複数の脆弱性を発見し、その中には 深刻度 Critical と評価されるものもある。これらの脆弱性は、myPRO の Version 8.20.0 以前に影響する。

Continue reading “mySCADA myPRO HMI/SCADA の深刻な脆弱性 CVE-2021-44462:リモートからの乗っ取りも?”

IoT ハニーポット実験:脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由は?

Honeypot experiment reveals what hackers want from IoT devices

2021/12/22 BleepingComputer — さまざまな場所に設置された、さまざまなタイプの low-interaction IoT デバイスをシミュレートする3年間のハニーポット実験により、脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由が明確になった。より具体的に言うと、このハニーポットは、十分に多様なエコシステムを作り出し、生成されたデータにより敵対者の目標を決定するために、クラスター化することを目的とした。

Continue reading “IoT ハニーポット実験:脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由は?”

Log4J と攻撃者たち:IT/IoT/OT を狙うランサムウェア・ギャングから国家支援ハッカーまで

Attackers Target Log4J to Drop Ransomware, Web Shells, Backdoors

2021/12/15 DarkReading — 新たに公開された Log4j の脆弱性を利用して、ランサムウェア/リモートアクセス型トロイの木馬/Web シェルなどを、脆弱なシステム上に展開しようとするアクティビティが、少なくとも1つの国家機関を含む脅威アクターたちにより行われている。その一方で、複数のユーザー組織が、このログツールの脆弱性を含むバージョンをダウンロードし続けている。

Continue reading “Log4J と攻撃者たち:IT/IoT/OT を狙うランサムウェア・ギャングから国家支援ハッカーまで”

CISA の Log4j 警告:数億のデバイスに影響する最も深刻な問題の1つだ

CISA warns ‘most serious’ Log4j vulnerability likely to affect hundreds of millions of devices

2021/12/13 CyberScoop — 月曜日の電話ブリーフィングで、Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) の Director である Jen Easterly は業界のリーダーたちに、広く使用されているロギング・ライブラリの脆弱性 CVE-2021-44228 について、「最も深刻ではないにしても、これまで見てきた中で最も深刻なものの1つである」と述べた。

Continue reading “CISA の Log4j 警告:数億のデバイスに影響する最も深刻な問題の1つだ”

Hikvision の脆弱性 CVE-2021-36260:Mirai ベースの Moobot ボットネットが狙っている

Moobot botnet spreads by exploiting CVE-2021-36260 flaw in Hikvision products

2021/12/09 SecurityAffairs — Mirai_based Moobot ボットネットは、Hikvision の Web サーバーに存在する、コマンド・インジェクションの脆弱性 CVE-2021-36260 を悪用して、急速に広まっている。Moobot は、2021年2月に Palo Alto Unit 42 の研究者たちにより発見されたものだが、最近の攻撃ではマルウェアの機能が強化されていることが判明している。

Continue reading “Hikvision の脆弱性 CVE-2021-36260:Mirai ベースの Moobot ボットネットが狙っている”

米軍 Cyber Command:ランサムウェアに対抗して攻撃的な手段を講じる

Cyber Command boss acknowledges US military actions against ransomware groups

2021/12/06 CyberScoop — この土曜日に、米 Cyber Command Leader General である Paul Nakasone は、ランサムウェアに対抗して攻撃的な手段を、米軍が講じていることを確認した。New York Times のインタビューに応じた Nakasone は、「過去/現在/将来において、我々は政府の多くの組織とともに行動を起こし、コストをかけてきた。それは、我々が常に念頭に置くべき重要な要素である」と述べている。

Continue reading “米軍 Cyber Command:ランサムウェアに対抗して攻撃的な手段を講じる”

CISA 勧告:Hitachi Energy 製品群における OpenSSL/LibSSL/libxml2 などの脆弱性

CISA warns of vulnerabilities in Hitachi Energy products

2021/12/04 SecurityAffairs — 米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、Hitachi Energy の製品に影響を与える脆弱性について、セキュリティ・パッチの提供や通知に関連する、6つの勧告を発表した。

Continue reading “CISA 勧告:Hitachi Energy 製品群における OpenSSL/LibSSL/libxml2 などの脆弱性”

Zoho 警告:ManageEngine の認証バイパスの脆弱性に早急にパッチを

Zoho: Patch new ManageEngine bug exploited in attacks ASAP

2021/12/03 BleepingComputer — 今日、ビジネス・ソフトウェアを提供する Zoho は、Desktop Central および Desktop Central MSP を最新のバージョンにアップデートするよう顧客に呼びかけた。Zoho の ManageEngine Desktop Central は、管理者によるパッチやソフトウェアをネットワーク経由で自動的に展開し、リモートでトラブル・シューティングを行う管理プラットフォームである。

Continue reading “Zoho 警告:ManageEngine の認証バイパスの脆弱性に早急にパッチを”

米国土安全保障省:鉄道会社に対してサイバー・セキュリティへの資源投入を要求

Rail industry gets new cyber directives from TSA

2021/12/02 CyberScoop — 木曜日に米国の Department of Homeland Security (DHS) が発表した、Transportation Security Administration (TSA) の指令に基づき、米国の鉄道会社はサイバー・セキュリティに対して、一層の注意と資源を投入することになる。新たな要件としては、地上鉄道の所有者および運営者は、サイバー・セキュリティ・コーディネーターの指名、および、サイバー・セキュリティ・インシデントの 24時間以内でも DHS への報告、脆弱性評価の完了、サイバー・セキュリティ・インシデントに対応するための計画作成などが挙げられている。

Continue reading “米国土安全保障省:鉄道会社に対してサイバー・セキュリティへの資源投入を要求”

Honeywell の量子コンピュータ子会社が分社と合併で大規模にビジネス展開

New Quantum Computing Giant Quantinuum to Launch Cybersecurity Product

2021/12/01 SecurityWeek — 火曜日のこと、Honeywell Quantum Solutions と Cambridge Quantum は合併し、Quantinuum を設立したことを発表した。彼らは、世界最大の統合量子コンピューティング企業と、自らを表現している。Honeywell Quantum Solutions は量子ハードウェアに特化し、Cambridge Quantum はソフトウェア/オペレーティング・システム/サイバー・セキュリティに特化する企業だった。この合併の目的は、量子コンピューター分野の開発と革新を促進することにあるという。

Continue reading “Honeywell の量子コンピュータ子会社が分社と合併で大規模にビジネス展開”

海運業大手の Swire Pacific Offshore がランサムウェア Clop の攻撃を受けている

Marine services giant Swire Pacific Offshore hit by ransomware

2021/11/26 BleepingComputer — 海洋サービス大手の Swire Pacific Offshore (SPO) は、ランサムウェア Clop の攻撃を受け、企業データを窃取された。同社の IT システムに、不正にネットワーク・アクセスされ、その結果、一部の従業員データが漏洩したという。SPO は、「IT システムへの不正アクセスを伴う、サイバー攻撃の標的になっていたことを発見した」と BleepingComputer に対して述べている。

Continue reading “海運業大手の Swire Pacific Offshore がランサムウェア Clop の攻撃を受けている”

風力発電機メーカーの巨人 VestaWind に発生したデータ侵害

Wind turbine giant Vestas says data was compromised in security incident

2021/11/22 CyberScoop — 世界最大級の風力発電機メーカーである Vestas Wind Systems だが、サイバー攻撃を受けたことで、IT システムの一部を停止せざるを得ない状況にあると発表した。月曜日に、デンマークに本拠を置く同社は、11月19日に発見されたセキュリティ・インシデントを調査し、その影響を軽減していると発表した。

Continue reading “風力発電機メーカーの巨人 VestaWind に発生したデータ侵害”

米 CISA がリリースした Playbook:脆弱性とインシデントへの対応を明示

CISA Releases Incident and Vulnerability Response Playbooks

2021/11/17 SecurityWeek — 米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、バイデン大統領が5月に署名した大統領令を受けて、インシデント対応と脆弱性対応に焦点を当てた2つの Cyber Security Playbook を公開した。国家のサイバー・セキュリティを向上させる大統領令により、CISA に与えられた役割は、民間機関が脆弱性対応やインシデント対応を計画/実施する際に役立つ、プレイブックを開発することになっていた。

Continue reading “米 CISA がリリースした Playbook:脆弱性とインシデントへの対応を明示”

NASA/Siemens/Volkswagen などが採用する IoT Protocol のハッキングは可能だ

IoT Protocol Used by NASA, Siemens and Volkswagen Can Be Exploited by Hackers

2021/11/15 SecurityWeek — Data Distribution Service (DDS) と名の、広く使用されているプロトコルに、脅威アクターが様々な目的で悪用できる脆弱性が存在すると、研究者たちが明らかにした。この DDS は、標準化団体である Object Management Group (OMG) が維持管理している、データ接続のためのミドルウェア・プロトコルおよび API 規格であり、ビジネスに不可欠な IoT システムに最適だとされている。

Continue reading “NASA/Siemens/Volkswagen などが採用する IoT Protocol のハッキングは可能だ”

中国系ハッキング・グループが Zoho の脆弱性を介して世界のインフラを狙っている

Hackers with Chinese links breach defense, energy targets, including one in US

2021/11/01 CyberScoop — 中国政府系のハッキング・グループと、類似した戦術とツールを用いたスパイ活動により、世界各地の防衛/教育/エネルギー/医療などの9つの組織が、9月以降に侵入を許していたことが、新たな調査で明らかになった。日曜日に Palo Alto Networks は、米国 National Security Agency の Cybersecurity Collaboration Center の協力を得て、この調査結果を発表した。同センターは、主に防衛関連企業と協力して脅威情報の収集と共有を行っている。

Continue reading “中国系ハッキング・グループが Zoho の脆弱性を介して世界のインフラを狙っている”

CISA の新たな役割:重要インフラのマッピングと攻撃に対する防御

CISA starts identifying targets most necessary to protect from hacking

2021/10/29 CyberScoop — 金曜日に、Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) の Director である Jen Easterly は、ハッキングが生じた場合に、国家安全保障と経済的利益に深刻な影響を及ぼす可能性のある、米国の重要インフラをマッピングする作業を開始したと発表した。

Continue reading “CISA の新たな役割:重要インフラのマッピングと攻撃に対する防御”

ランサムウェアと水道施設:米国における3件の SCADA Systems 侵害とは

Ransomware Hit SCADA Systems at 3 Water Facilities in U.S.

2021/10/15 SecurityWeek — 木曜日に、米国の複数の政府機関が共同で注意喚起を行い、上下水道分野の組織に対して、現在進行中のサイバー攻撃について警告した。このアラートでは、水道施設の産業用制御システム (ICS: industrial Control Systems) に影響を与えたが、これまでは報告されていなかった、3つのランサムウェア攻撃についても説明している。

Continue reading “ランサムウェアと水道施設:米国における3件の SCADA Systems 侵害とは”

Microsoft 警告:イランのハッカーが防衛産業にパスワード・スプレー攻撃

Microsoft: Iran-linked hackers target US defense tech companies

2021/10/11 BleepingComputer — イランに関連する脅威アクターが、米国とイスラエルの防衛技術企業が使用する Office 365 テナントを標的に、大規模なパスワード・スプレー攻撃を行っている。パスワード・スプレー攻撃では、複数のアカウントに対して同じパスワードを設定し、アカウント名を総当りするブルートフォースが試みられる。これにより、失敗したパスワードを異なる IP アドレスで隠すことが可能になる。

Continue reading “Microsoft 警告:イランのハッカーが防衛産業にパスワード・スプレー攻撃”

カメレオンと呼ばれる新たな高度持続性脅威:日本を含む国々の重要インフラを狙っている

A New APT Hacking Group Targeting Fuel, Energy, and Aviation Industries

2021/01/04 TheHackerNews — ロシア/米国/インド/ネパール/台湾/日本において、燃料/エネルギー/航空などの産業を標的とし、そのネットワークからデータを盗む一連の攻撃の背後には、これまで記録されていなかった脅威アクターが存在することが判明した。

Continue reading “カメレオンと呼ばれる新たな高度持続性脅威:日本を含む国々の重要インフラを狙っている”

FBI/CISA 勧告:Zoho の深刻な脆弱性 CVE-2021-40539 が狙われている

FBI and CISA warn of state hackers exploiting critical Zoho bug

2021/09/16 BleepingComputer — 今日、FBI/ CISA/Coast Guard Cyber Command (CGCYBER) は、国家に支援された APT (Advanced Persistent Threat) グループが、2021年8月上旬以降、Zoho のシングル・サインオンおよびパスワード管理ソリューションにおける、深刻な欠陥を積極的に悪用していると警告した。

Continue reading “FBI/CISA 勧告:Zoho の深刻な脆弱性 CVE-2021-40539 が狙われている”

ニュージーランドの大手 ISP が DDoS 攻撃で停止した

Major IPS in New Zealand hit by massive DDoS, Internet outages reported

2021/09/05 SecurityAffairs — ニュージーランドで第3位のインターネット事業者である、Vocus ISP に大規模な DDoS が発生し、同国における一部の地域がインターネット接続から孤立した。Vocus ISP は、オーストラリアとニュージーランドの両国で、小売/卸売/企業に向けた通信サービスを提供している。

Continue reading “ニュージーランドの大手 ISP が DDoS 攻撃で停止した”

Moxa の鉄道用デバイスに影響をおよぼす 60件の脆弱性

Flaws in Moxa Railway Devices Could Allow Hackers to Cause Disruptions

2021/09/02 SecurityWeek — 台湾の産業用ネットワーク/オートメーション企業である Moxa が製造する、鉄道向けの無線通信デバイスには、60件近くの脆弱性が存在する。今週に、Atos 傘下のサイバーセキュリティ・コンサルティング会社である SEC Consult は、同社の研究者が Moxa デバイスに、新たに2つの脆弱性を発見したほか、数十の欠陥をもたらす古いサードパーティ製ソフトウェア・コンポーネント群を発見した。

Continue reading “Moxa の鉄道用デバイスに影響をおよぼす 60件の脆弱性”

CISA スバラシイ:一要素認証をバッド・プラクティスと認定する

CISA: Don’t use single-factor auth on Internet-exposed systems

2021/08/30 BleepingComputer — 今日のこと、米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、一要素認証 (SFA : Single Factor Authentication) を、同機関が推奨するサイバー・セキュリティのバッド・プラクティスに追加した。CISA のバッド・プラクティス・カタログには、連邦政府機関が非常に危険と判断したプラクティスが含まれており、政府機関や民間企業のシステムが脅威にさらされる、不必要なリスクを負うことになるため、使用すべきではないとしている。

Continue reading “CISA スバラシイ:一要素認証をバッド・プラクティスと認定する”

中国拠点のサイバー・スパイが東南アジアの ICS や SCADA を狙っている

China-Linked Cyberespionage Operation Suggests Interest in SCADA Systems

2021/08/05 SecurityWeek — 中国を拠点とするサイバースパイ集団が、東南アジア諸国の重要インフラ組織を標的にしていることが確認されて、攻撃者たちが産業用制御システム (ICS : Industrial Control Systems) に関心を示している可能性が生じた。中国の脅威アクターたちが、東南アジアを標的にすることは珍しいことではない。ここ数年、この地域の軍事/通信/技術/政府の組織を標的にしていることが確認されている。木曜日に Broadcom の一部門である Symantec は、同社の脅威ハンター・グループが、東南アジアの4つの重要インフラ組織に対して、ある脅威アクターが攻撃を仕掛けたことを確認したと報告している。

Continue reading “中国拠点のサイバー・スパイが東南アジアの ICS や SCADA を狙っている”

Mitsubishi Safety PLC に生じたリモート攻撃にいたる脆弱性とは?

Unpatched Security Flaws Expose Mitsubishi Safety PLCs to Remote Attacks

2021/08/05 TheHackerNews — Mitsubishi の Safety PLC (programmable logic controllers) において、未パッチの複数の脆弱性が公開されている。これらの脆弱性を悪用されると、ブルートフォース攻撃により、モジュールに登録されている正当なユーザー名を取得され、CPU モジュールへの不正ログインやサービス拒否 (DoS) が生じる可能性がある。今回、Nozomi Networks が公開したセキュリティ上の欠陥は、CPU モジュールとのデータの読書きと、ターゲット機器との通信で使用される、MELSEC 通信プロトコルにおける認証メカニズム実装に関連している。

Continue reading “Mitsubishi Safety PLC に生じたリモート攻撃にいたる脆弱性とは?”

米連邦公正取引委員会 FTC はランサムウェアと戦うために権限を強化する?

New legislation would boost the FTC’s role in fighting ransomware

2021/07/21 CyberScoop — 米連邦公正取引委員会 (FTC : Federal Trade Commission) における国際的な取り組みを、ランサムウェア対策へと向けるための、新しい法案が提出された。火曜日に、House Energy and Commerce 消費者保護小委員会の代表を務める共和党議員 Gus Bilirakis は、FCT が受け取ったランサムウェアとサイバー攻撃に関する苦情の件数と、他組織との協力により対応した内容について報告を要求する法律を提出した。なお、これらの問題に対応するための、国際法執行機関との協力も要求している。

Continue reading “米連邦公正取引委員会 FTC はランサムウェアと戦うために権限を強化する?”

CISA / FBI 警告:中国政府が支援するハッカーたちが米パイプラインに侵入している

Chinese government-backed hackers infiltrated US pipeline companies, FBI says

2021/07/20 CyberScoop — 水曜日に、米国国土安全保障省 (Department of Homeland Security) のサイバー部門と FBI が発表した警告により、2011年12月から2013年にかけて、国の支援を受けた中国のサイバー犯罪者たちが、米国の石油/天然ガス・パイプライン群の制御システムをハッキングしていたことが明らかになった。

Continue reading “CISA / FBI 警告:中国政府が支援するハッカーたちが米パイプラインに侵入している”

アイルランドの医療機関から盗まれたデータと VirusTotal への情報開示命令

VirusTotal ordered to reveal private info of stolen HSE data downloaders

2021/07/01 BleepingComputer — アイルランドの裁判所は、先日のランサムウェア攻撃の際に、公的医療サービスから盗み出した機密データをダウンロード/アップロードしたサブスクライバーの情報を提供するよう、VirusTotal に命じた。この5月に、アイルランドの公的医療システムである HSE は、Conti ランサムウェア攻撃の標的となり、デバイスが暗号化されたことで、その IT システムに大規模な障害を生じた。

Continue reading “アイルランドの医療機関から盗まれたデータと VirusTotal への情報開示命令”

ドイツの Weidmueller 産業用 WLAN デバイスに深刻な脆弱性

Weidmueller Patches Dozen Vulnerabilities in Industrial WLAN Devices

2021/06/24 SecurityWeek — 水曜日のこと、ドイツに拠点を置く産業用ソリューション・プロバイダーの Weidmueller は、同社の一部の産業用 WLAN デバイスに影響を与える、12の脆弱性に対するパッチを適用したと顧客に通知した。Weidmueller は、機械/エネルギー/デバイス製造/輸送/プロセス/建築インフラなどの分野を対象に、接続製品/電子機器/自動化製品/組立製品/作業場製品などを世界中の企業に提供している。

Continue reading “ドイツの Weidmueller 産業用 WLAN デバイスに深刻な脆弱性”

主要 11 業種の大半のアプリケーションは常に脆弱性を抱えている

Majority of Web Apps in 11 Industries Are Vulnerable All the Time

2021/06/23 DarkReading — 6月22日に WhiteHat Security が発表した 2020年のレポートによると、電力会社が導入しているアプリケーションの3分の2に、また、行政機関が導入しているアプリケーションの63%に、セキュリティを損なう深刻な脆弱性が存在していることが分かった。2020年の全体では、11の業種において、少なくとも半数のアプリケーションに深刻な脆弱性が存在していた。

Continue reading “主要 11 業種の大半のアプリケーションは常に脆弱性を抱えている”

クリティカルなインフラに欠落しているクリティカルな何かとは?

Critical Infrastructure is Missing Something Critical

2021/06/22 SecurityBoulevard — 今回の Colonial Pipeline への攻撃は、重要インフラが強固なセキュリティを必要としていることを、改めて認識させるものだった。この攻撃は、重要インフラへのサイバー攻撃による最近の被害例の一つだが、この現象は新しいものではなく、また米国に限ったものでもない。あらゆる国々の安全を保障する、重要インフラは不可欠なものであり、特に国家が関与する行為者やテロリスト・グループの主たる標的となり得る。

Continue reading “クリティカルなインフラに欠落しているクリティカルな何かとは?”

韓国原子力研究院が VPN の欠陥を悪用した攻撃に遭っている

South Korea’s Nuclear Research agency hacked using VPN flaw

2021/06/19 BleepingComputer — この5月に韓国原子力研究院 (KAERI : Korea Atomic Energy Research Institute) は、VPN の脆弱性を悪用する北朝鮮の脅威アクターにより、内部ネットワークがハッキングされたと明らかにした。韓国原子力研究所(KAERI)は、同国における原子力の研究と応用を目的とした、政府が出資する機関である。

Continue reading “韓国原子力研究院が VPN の欠陥を悪用した攻撃に遭っている”

アラビア語ニュース・チャンネル Al Jazeera がサイバー攻撃を未然に防ぐ

Al Jazeera detected and blocked disruptive cyberattacks

2021/06/11 SecurityAffairs —今週のこと、カタール政府が出資するアラビア語ニュース・チャンネル Al Jazeera は、同社のニュース配信プラットフォームの一部を破壊し、乗っ取ろうとする、一連のサイバー攻撃を阻止したと発表した。

Continue reading “アラビア語ニュース・チャンネル Al Jazeera がサイバー攻撃を未然に防ぐ”

中国からの Pulse Secure を介したサイバー攻撃が重要産業を狙う?

Chinese cyberattack breached dozens of high-value entities using Pulse Secure networking tool

2021/06/15 SCMP — 中国が行ったとされるサイバー・スパイ活動は、これまでに認識されていた以上の範囲に及び、米国の重要産業のコンピュータに侵入するために、インターネット・セキュリティを強化するデバイスを悪用したと推測される。この4月に、Pulse Connect Secure ネットワーク・デバイスへのハッキングが明らかになったが、ようやくその範囲が明らかになった。

Continue reading “中国からの Pulse Secure を介したサイバー攻撃が重要産業を狙う?”

米国最大のプロパンガス事業者が8秒間のデータ侵害に遭った

Largest US propane distributor discloses ‘8-second’ data breach

2021/06/15 BleepingComputer — 米国最大のプロパンガス供給会社である AmeriGas は、一時的なデータ流出が生じたことで、123人の従業員に影響を与えたと公表した。AmeriGas は、米国の 50州で 200万人以上の顧客にサービスを提供しており、2,500以上の販売拠点を持っている。

Continue reading “米国最大のプロパンガス事業者が8秒間のデータ侵害に遭った”

Industrial Control System 狙いのハッカーを止めるには

Why Hackers Attack ICS Products and How to Stop Them

2021/06/07 AutomationCom — Claroty のレポートによると、Industrial Control System (ICS) 製品で確認された 2020年の脆弱性の数は、2019年との比較で 25% 増、2018年との比較で 33% 増となる。 それらの脆弱性の約70%は、ハッカーたちにリモート・アクセスを許すものになる。

Continue reading “Industrial Control System 狙いのハッカーを止めるには”

CODESYS 産業用自動化ソフトウェアで 10件の深刻な脆弱性が見つかる

10 Critical Flaws Found in CODESYS Industrial Automation Software

2021/06/04 TheHackerNews — 木曜日のこと、サイバー・セキュリティの研究者たちが、オートメーション・ソフトウェア CODESYS に存在する 10件もの深刻な脆弱性を公開した。この脆弱性の悪用により、Programmable Logic Controllers (PLC) 上でリモート・コードが実行される可能性が生じる。

Continue reading “CODESYS 産業用自動化ソフトウェアで 10件の深刻な脆弱性が見つかる”

Siemens PLC にリモート攻撃を発生させる脆弱性 CVE-2020-15782

CVE-2020-15782 flaw in Siemens PLCs allows remote hack

2021/05/28 SecurityAffairs — 産業分野におけるサイバー・セキュリティ企業である Claroty の研究者たちは、Siemens PLCs における深刻度の高い脆弱性 CVE-2020-15782 を発見した。この脆弱性を悪用することで、リモートの攻撃者が認証を必要とせずに、メモリ・プロテクションをバイパスする可能性がある。

Continue reading “Siemens PLC にリモート攻撃を発生させる脆弱性 CVE-2020-15782”

カナダ・ポストにデータ流出事件が生じ 95万人が被害に

Canada Post reveals supplier data breach involving shipping information of 950,000 parcel recipients

2021/05/27 DailySwig — Canada Post のサードパーティ・サプライヤーに対するサイバー攻撃により、95万人の小包受取人に影響する、データ流出事件が発生したことを、Canada Post 自身がが発表した。5月26日に発表されたプレス・リリースによると、大口の顧客である 44社に EDI サービスを提供している Commport Communications が、マルウェア攻撃の影響を受けた可能性があると、Canada Post は通知している。

Continue reading “カナダ・ポストにデータ流出事件が生じ 95万人が被害に”

フロリダの水道局で発生したウォータリングホール攻撃とは?

Watering Hole Attack Was Used to Target Florida Water Utilities

2021/05/21 TheHackerNews — 2021年の初めに発生した Oldsmar 水道局のハッキング事件の調査で、いわゆるウォータリングホール攻撃により、フロリダ州のインフラ業者が、悪意のコードを Web サイトにホストしてしまったことが明らかになった。

Continue reading “フロリダの水道局で発生したウォータリングホール攻撃とは?”

OT と IoT のセキュリティ:侵害される前に考え方をリセットしよう

OT and IoT Security: Adopt a Post-Breach Mindset Today

2021/05/21 AutomationCom — 世界中で毎日のように、サイバーセキュリティ侵害や重要インフラへのサイバー攻撃のニュースが報道されているようだ。10年前には、年に1、2回しかなかったことが、今では日常茶飯事のようになっている。これは報道されている事件だけの話であり、目立たないように処理されている攻撃は含まれていない。

Continue reading “OT と IoT のセキュリティ:侵害される前に考え方をリセットしよう”

Colonial Pipeline はランサムウェア攻撃者に $5 million を支払った?

Colonial Pipeline restores operations, $5 million ransom demanded

2021/05/13 BleepingComputer — 先週に発生したランサムウェア攻撃から Colonial Pipeline は迅速に回復し、本日中に全インフラが稼動する見込みだという。同社は、パイプライン・システムの大部分をオンラインに戻し、サービスを提供している大半のマーケットへの供給を回復している。

Continue reading “Colonial Pipeline はランサムウェア攻撃者に $5 million を支払った?”

Colonial Pipeline 攻撃の背景には DarkSide がいると FBI が特定

‘DarkSide’ criminal gang behind cyberattack on major US fuel pipeline, says FBI

2021/05/10 SCMP — サイバー攻撃を受けた米国大手燃料パイプラインが、FBI と行政当局が犯人であるハッカー集団 DarkSide だと特定したことを受けて、週末までに大半のサービスを回復させたいと発表した。東海岸で消費される燃料の約45%を供給する Colonial Pipeline は、ランサムウェア攻撃により、システムの一部が影響を受けたことを明らかにし、操業を停止した。その後、米国政府は燃料供給には支障がないことを強調し、価格の高騰や経済への影響を緩和しようと努めている。

Continue reading “Colonial Pipeline 攻撃の背景には DarkSide がいると FBI が特定”

Colonial Pipeline の事件はインフラ攻撃における氷山の一角に過ぎない

Colonial Pipeline Ransomware: Part of a Growing Trend of Industrial Cyberattacks

2021/05/09 OTORIO — 残念ながら、米国最大級のパイプライン Colonial Pipeline へのランサムウェア攻撃は、私たちにとって驚きではない。この 1月以降、重要インフラサイトの運営に影響を与える攻撃の数が、劇的に増加している。水道・ガス・電気・病院などの公共施設が、ハッカーたちの関心を集めていると実感している。

Continue reading “Colonial Pipeline の事件はインフラ攻撃における氷山の一角に過ぎない”

米国最大の Colonial Pipeline がランサムウェア攻撃により停止

Largest U.S. pipeline shuts down operations after ransomware attack

2021/05/08 BleepingComputer — 米国最大の燃料パイプライン企業である Colonial Pipeline が、ランサムウェアと思われる攻撃を受け、業務を停止している。Colonial Pipeline は、メキシコ湾岸にある製油所と米国の南部/東部の市場を結び、石油精製品を輸送している企業である。

Continue reading “米国最大の Colonial Pipeline がランサムウェア攻撃により停止”

Eversource Energy の個人情報漏えいはクラウド・ストレージが原因

Eversource Energy data breach caused by unsecured cloud storage

2021/04/20 BleepingComputer — ニューイングランド最大のエネルギー供給会社である Eversource Energy は、安全性が確保されていないクラウド・サーバーで、顧客の個人情報が流出するという被害に遭っている。同社は、ニューイングランドで最も新しいエネルギー供給会社であり、コネチカット、マサチューセッツ、ニューハンプシャーなどの全域で、430万人顧客に電力と天然ガスを供給している。

Continue reading “Eversource Energy の個人情報漏えいはクラウド・ストレージが原因”

ホワイトハウスが懸念するサイバー攻撃と物理的な影響

White House Highly Concerned about Critical Control System Cybersecurity – Four Quotes and Recommendations

2021/04/14 OTORIO — 先日に発生したフロリダ州の水処理システムに対する攻撃および、制御システムに物理的な影響を与えるサイバー攻撃の懸念、SolarWinds などを介したサプライ・チェーン攻撃の増加などを受けて、ホワイトハウスが開始した新たな試みは、重要産業をサイバー・セキュリティ侵害から守るためのものである。

Continue reading “ホワイトハウスが懸念するサイバー攻撃と物理的な影響”