YouTube ユーザーが標的:RedLine という自己増殖型のスティーラーは危険だ!

YouTube Users Targeted By RedLine Self-Spreading Stealer

2022/09/15 InfoSecurity — RedLine スティーラーを用いる脅威アクーたちが、YouTube ユーザーをターゲットにしたキャンペーンを実施している。今日の未明に Kaspersky のサイバー・セキュリティ研究者たちが、このキャンペーンに関するアドバイザリを発表した。その一方で Oleg Kupreev は、「2020年3月に発見された RedLine は、ブラウザ/FTP クライアント/デスクトップ・メッセンジャーなどから、パスワードや認証情報を盗むために使われる最も一般的なトロイの木馬の1つだ。

Continue reading “YouTube ユーザーが標的:RedLine という自己増殖型のスティーラーは危険だ!”

LockBit のリークサイトが DDoS 攻撃でダウン:Entrust のデータ漏洩への対抗索か?

LockBit Ransomware Site Hit by DDoS Attack as Hackers Start Leaking Entrust Data

2022/08/23 SecurityWeek — ランサムウェア LockBit のリークサイトが、分散型サービス妨害 (DDoS) 攻撃によりオフラインになった。これは、LockBit が、セキュリティ企業である Entrust から盗んだデータを、公開したことに対抗して行われたと見られている。Entrust の情報漏えいは 6月18日に発見され、同社は 7月6日に顧客への通知を開始した。しかし、この侵害が明るみに出たのは、セキュリティ研究者が Entrust から顧客に送信された通知のコピーを発見した、7月21日のことだった。

Continue reading “LockBit のリークサイトが DDoS 攻撃でダウン:Entrust のデータ漏洩への対抗索か?”

Cisco をハッキングした Yanluowang ランサムウェア:2.8GB のファイルを公開

Cisco hacked by Yanluowang ransomware gang, 2.8GB allegedly stolen

2022/08/10 BleepingComputer — 今日の Cisco の発表によると、5月下旬にランサムウェア・グループ Yanluowang が同社の企業ネットワークを侵害し、盗み出したファイルをオンラインに流出させると、恐喝されているようだ。この攻撃者は、侵害した従業員のアカウントにリンクされた、Boxフォルダから機密性のないデータのみを採取し、盗み出したと、同社は述べている。

Continue reading “Cisco をハッキングした Yanluowang ランサムウェア:2.8GB のファイルを公開”

Dark Utilities という C2-as-a-Service が登場:すでに 3,000人のサブスクライバーを獲得

Thousands of hackers flock to ‘Dark Utilities’ C2-as-a-Service

2022/08/04 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちが、サイバー犯罪者が悪意の作戦で使用する Command and Control (C2) センターを、簡単かつ安価に設置できる Dark Utilities という新たなサービスを発見した。Dark Utilities とは、Windows/Linux/Python ベースのペイロードをサポートするプラットフォームを脅威アクターに提供し、C2 通信路の実装に関連する労力を不要にするサービスである。

Continue reading “Dark Utilities という C2-as-a-Service が登場:すでに 3,000人のサブスクライバーを獲得”

Open Automation Software における深刻な脆弱性が FIX: RCE/API Access などに対応

OAS platform vulnerable to critical RCE and API access flaws

2022/05/26 BleepingComputer — 脅威アナリストたちは、Open Automation Software (OAS) Platform に影響を及ぼした結果として、不正なデバイスアクセス/サービス拒否/リモートコード実行などにつながる脆弱性を公開した。OAS Platform は、データ接続ソリューションとして広く利用されるものであり、産業用デバイス (PLC・OPC・Modbus)/SCADA/IoT/ネットワーク・ポイント/カスタム・アプリケーション/カスタム API/データベースなどを、全体的なシステムの下に統合している。

Continue reading “Open Automation Software における深刻な脆弱性が FIX: RCE/API Access などに対応”

ウクライナの IT Army を標的とするトロイの木馬が蔓延している

Malware disguised as security tool targets Ukraine’s IT Army

2022/03/10 BleepingComputer — 新しいマルウェア・キャンペーンが、ウクライナの対ロシア・サイバー戦争を支援する人々の意欲に乗じて、パスワードを盗み出すトロイの木馬に感染させようとしている。先月にウクライナ政府は、ロシア企業に対するサイバー攻撃や DDoS 攻撃を行うために、世界中のボランティアで構成された新たな IT Army の創設を発表した。この取り組みにより、たとえその活動が違法と見なされたとしても、ロシアの組織やサイトを標的にする活動に対して、世界中の多くの人々による支援の輪が広がっている。

Continue reading “ウクライナの IT Army を標的とするトロイの木馬が蔓延している”

ウクライナを標的とするロシアのハッキング・キャンペーン:Microsoft が詳細を公表

Microsoft Uncovers New Details of Russian Hacking Campaign Targeting Ukraine

2022/02/04 TheHackerNews — Microsoft は、ロシアを拠点とするハッキング・グループ Gamaredon が過去6ヶ月間に、ウクライナの複数の組織を対象に行ったサイバー・スパイ攻撃で採用した、TTPs (Tactics/Techniques/Procedures) の詳細を公開した。これらの攻撃は、政府機関/軍/非政府組織 (NGO)/司法機関/法執行機関/非営利団体などを対象としており、機密情報の流出やアクセス権の維持などにより、関連組織に対する横展開を目的としているとされる。

Continue reading “ウクライナを標的とするロシアのハッキング・キャンペーン:Microsoft が詳細を公表”

サイバー攻撃の最新動向:クラウドからトロイの木馬を振り撒く攻撃者たち

New Cyberattack Campaign Uses Public Cloud Infrastructure to Spread RATs

2022/01/13 DarkReading — 最近の攻撃キャンペーンには、パブリック・クラウドのインフラを利用して、コモディティ RAT である Nanocore/Netwire/AsyncRAT の亜種を配信し、ユーザーのデータを標的にするものが見られると、研究者たちが報告している。この、10月に発見された攻撃キャンペーンは、攻撃者が自身でインフラをホストせずに目的を達成するために、クラウド利用を増やしていることが明示されていると、Cisco Talos の研究者たちが報告している。

Continue reading “サイバー攻撃の最新動向:クラウドからトロイの木馬を振り撒く攻撃者たち”

Log4j の悪用:企業ネットワークの 40% が攻撃者の標的になり得る

40% of Corporate Networks Targeted by Attackers Seeking to Exploit Log4j

2021/12/14 DarkReading — Log4j の脆弱性が、インターネット・セキュリティにとって最大の脅威の1つであるという初期の懸念は、週末に爆発的に増加した脆弱性の悪用と悪用活動により早急に確認されており、企業が行うべき修復作業の膨大さが明らかになっている。

Continue reading “Log4j の悪用:企業ネットワークの 40% が攻撃者の標的になり得る”

Magnat マルウェア:バックドア/パスワード侵害を仕掛ける悪意の Chrome エクステンション

Magnat malvertising campaigns spreads malicious Chrome extensions, backdoors and info stealers

2021/12/06 SecurityAffairs — Talos の研究者たちが発見したのは、新しいバックドアと文書化されていない悪意の Google Chrome エクステンションを、ユーザーを騙してダウンロードさせるために、人気のアプリやゲームの偽インストーラー使用する、一連のマルバタイジング・キャンペーンである。

Continue reading “Magnat マルウェア:バックドア/パスワード侵害を仕掛ける悪意の Chrome エクステンション”

Windows Installer のゼロデイ脆弱性:マルウェアの試験運用が始まっている

Malware now trying to exploit new Windows Installer zero-day

2021/11/23 BleepingComputer — この週末に、セキュリティ研究者の Abdelhamid Naceri が公開した、Microsoft Windows Installer のゼロデイを標的にした PoC エクスプロイトだが、すでにマルウェア作成者たちによりテストが開始されている。Cisco の Talos Security Intelligence & Research Group の Technical Leader であるJaeson Schultz は、「Talos では、この脆弱性を利用しようとするマルウェア・サンプルを、すでに検出している」と述べている。

Continue reading “Windows Installer のゼロデイ脆弱性:マルウェアの試験運用が始まっている”

Wslink マルウェア:サーバーとして機能しインメモリでモジュールを実行

New Wslink Malware Loader Runs as a Server and Executes Modules in Memory

2021/10/28 TheHackerNews — サイバー・セキュリティ研究者たちが、中央ヨーロッパ/北米/中東を標的とした、「シンプルかつ驚くべき」悪意の Windows バイナリ・マルウェア・ローダーを公開した。ESET 社が Wslink というコードネームで発表した、このマルウェアはサーバーとして動作し、受信したモジュールをメモリ上で実行するという点で、他のマルウェアとは一線を画している。

Continue reading “Wslink マルウェア:サーバーとして機能しインメモリでモジュールを実行”

航空業界を狙うトロイの木馬:2018年から活動を続けてきたことが判明

Threat actor has been targeting the aviation industry since at least 2018

2021/09/18 SecurityAffairs — Cisco Talos のセキュリティ研究者たちが発見した、Operation Layover と呼ばれるスピアフィッシング・キャンペーンだが、航空業界をターゲットに2年間にわたって検知されずに行われていたという。専門家たちは、このキャンペーンの背後にいる脅威アクターは、高い確率でナイジェリアを拠点としており、技術的には洗練されていないようだが、このマルウェア・キャンペーンを5年以上前から成功させている疑いがある。

Continue reading “航空業界を狙うトロイの木馬:2018年から活動を続けてきたことが判明”

D-Link DIR-3040 のパスワード・ハードコードなどの脆弱性が FIX

D-Link issues hotfix for hard-coded password router vulnerabilities

2021/07/16 BleepingComputer — D-Link は、AC3000 ベースの WiFi ルーター DIR-3040 に存在する、複数の脆弱性に対処するため、ファームウェアの Hotfix を発行した。これらの脆弱性により、ルーター上での任意のコード実行/機密情報への不正アクセス/サービス拒否状態などを引き起こされ、ルーターがクラッシュする可能性があるため、パッチの適用は必須となる。

Continue reading “D-Link DIR-3040 のパスワード・ハードコードなどの脆弱性が FIX”