ダークウェブへの潜入調査:ランサムウェア・ギャングたちのデータを分析/整理

A Trip to the Dark Site — Leak Sites Analyzed

2022/01/20 TheHackerNews — ランサムウェアのオペレータが、侵入直後にファイルを暗号化し、被害者に復号化キーの代金を請求するという時代は終わった。現在、一般的に見られるのは、暗号化の脅威に加えて、盗んだデータの流出という脅威を伴うものであり、Double-Extortion (Cyber Extortion : Cy-X) と呼ばれている。それは、被害者を貶めるリークサイトを介して、サイバー犯罪の一部を観察/分析を可能にするという点で、価値を見いだせるものとなる。

Continue reading “ダークウェブへの潜入調査:ランサムウェア・ギャングたちのデータを分析/整理”

RaaS (Ransomware-as-a-Service) のエコシステムを解析する

Why RaaS Has Become Easier to Launch

2021/07/30 SecurityBoulevard — Intel 471 の研究者から、組織内のサイバー・セキュリティ・チームに向けたヒントが届いた。サイバー犯罪者が何を学び、どのように行動しているのかを積極的に把握することで、セキュリティ・ニーズに対する解決策を見出すことができる。犯罪者たちが容易に攻撃を仕掛けられるのは、私たちが日常的に目にしているものを、巧妙に組み合わせているからだ。つまり、日常的に見られるような、技術的なノウハウを持った人々が増えていることが前提にあり、そこに緻密なビジネス・モデルが組み合わさっている。

Continue reading “RaaS (Ransomware-as-a-Service) のエコシステムを解析する”

Kaseya はランサム支払いを否定:完全な復号化ツールを提供と言うが?

Kaseya denies ransomware payment as it hails ‘100% effective’ decryption tool

2021/07/27 DailySwig — Kaseya は、一連のランサムウェア攻撃の被害者に対して、復号化ツールを提供し続けているが、サイバー犯罪組織 REvil に身代金を支払ったという噂を否定した。7月2日に始まった、このソフトウェア・サプライチェーン攻撃は、IT マネジメント・プラットフォームである Kaseya VSA のハッキングを介して、最大で 1,500とも言われる組織に影響を与えたと考えられる。7月22日に Kaseya は、サードパーティから復号化ツールを入手し、アンチ・マルウェアの専門家である Emsisoft の協力を得て、影響を受けた組織の環境を復旧していることを明らかにした。

Continue reading “Kaseya はランサム支払いを否定:完全な復号化ツールを提供と言うが?”

Babuk Locker のランサムウェア・ビルダーが他の攻撃で使用されている

Leaked Babuk Locker ransomware builder used in new attacks

2021/06/30 BleepingComputer — Babuk Locker 運用者がカスタム・ランサムウェアの実行ファイルを作成するために使用したツールが、世界をターゲットにした極めて活発なキャンペーンにおいて、他の脅威アクターに使用されるまで広まっている。Babuk Locker は 2021年の初めに登場したランサムウェアであり、企業をターゲットにした Double-Extortion 攻撃を行っている。

Continue reading “Babuk Locker のランサムウェア・ビルダーが他の攻撃で使用されている”

ドミノピザ・インドから盗み出された顧客データが販売されている

Domino’s India discloses data breach after hackers sell data online

2021/05/25 BleepingComputer — ドミノピザ・インドは、脅威アクターが同社のシステムをハッキングし、盗んだデータをハッキング・フォーラムで販売したことを受け、データ侵害があったことを公表した。

Continue reading “ドミノピザ・インドから盗み出された顧客データが販売されている”

ランサムウェア被害に遭った大手保険 CNA のシステムが復旧した

Insurance giant CNA fully restores systems after ransomware attack

2012/05/13 BleepingComputer — 米国の大手保険会社である CNA Financial は、3月下旬に発生した Phoenix CryptoLocker ランサムウェア攻撃により、オンラインサービスや業務を停止していたが、そのシステムが完全に復旧したという。CNA は、サイバー保険を含む幅広い商品を提供しており、Insurance Information Institute の統計によると、米国で6番目の商業保険会社となっている。

Continue reading “ランサムウェア被害に遭った大手保険 CNA のシステムが復旧した”

ランサムウェア・ギャングたちは 2,100 社分のデータをリークしている

Ransomware gangs have leaked the stolen data of 2,100 companies so far

2021/05/08 BleepingComputer — 2019年以降、ランサムウェア・ギャングは 2,103社分のデータを盗み、ダークウェブにリークしてきた。ランサムウェアが始まった2013年当時、攻撃者の目的は、できるだけ多くの企業データを暗号化した後に、復号をネタに身代金を要求することだった。

Continue reading “ランサムウェア・ギャングたちは 2,100 社分のデータをリークしている”