Linux は魅力的な標的:クラウドを含むインフラを狙い始めた攻撃者の意図は?

Defenders Be Prepared: Cyberattacks Surge Against Linux Amid Cloud Migration

2022/09/06 DarkReading — Linux を実行するシステムの数と、それを攻撃する件数は、Windows に遠く及ばないだろうが、Linux ベースのサーバやテクノロジーに対する脅威アクターたちの関心は、このところ著しく高まってきている。今週に Trend Micro が発表したレポートによると、特にクラウドでの Linux インフラにおいて、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータをホストする企業が増加していることが、その背景にあるようだ。Trend Micro は、Linuxシステムを標的とするランサムウェア攻撃が、2022年上半期に 75% 増加 (前年同期比) したことを確認している。

Continue reading “Linux は魅力的な標的:クラウドを含むインフラを狙い始めた攻撃者の意図は?”

Gootkit は AaaS (Access-as-a-Service):ファイルレス技術でマルウェアをドロップ

Gootkit AaaS malware is still active and uses updated tactics

2022/08/02 SecurityAffairs — AaaS (Access-as-a-Service) モデルで動作するマルウェア Gootkit は、侵害されたシステム上に悪意のあるペイロードをドロップする手段として、さまざまな脅威グループに使用されている。Gootkit は、ファイルレス技術を使用して、SunCrypt/REvil (Sodinokibi) /Kronos/Cobalt Strike などの、バンキング・マルウェア/ランサムウェアをドロップすることで知られている。

Continue reading “Gootkit は AaaS (Access-as-a-Service):ファイルレス技術でマルウェアをドロップ”

FileWave MDM における深刻なリモート攻撃の脆弱性 CVE-2022-34906 などが FIX

Critical FileWave MDM Flaws Open Organization-Managed Devices to Remote Hackers

2022/07/26 TheHackerNews — FileWave の Mobile Device Management (MDM) システムに、リモート攻撃を許し、接続されているデバイス群の制御を許してしまう、2つの深刻なセキュリティ脆弱性が発見された。Claroty のセキュリティ研究者である Noam Moshe は、月曜日のレポートで、「これらの脆弱性はリモートから悪用が可能であり、攻撃者は認証メカニズムを回避し、MDM プラットフォームと管理デバイスを完全に制御することができる」と説明している。

Continue reading “FileWave MDM における深刻なリモート攻撃の脆弱性 CVE-2022-34906 などが FIX”

Microsoft 警告:Exchange Server のハッキングにより BlackCat ランサムウェアが広まっている

Microsoft: Exchange servers hacked to deploy BlackCat ransomware

2022/06/13 BleepingComputer — Microsoft によると、BlackCat ランサムウェアのアフィリエイトが、未パッチの脆弱性を狙うエクスプロイトを用いて、Microsoft Exchange サーバーを攻撃しているとのことだ。Microsoft のセキュリティ専門家が観察した1つの事例では、攻撃者は被害者のネットワークをゆっくりと移動し、認証情報を盗んで情報を流出させ、二重の恐喝に利用しているようだ。最初の侵害から2週間後に、この脅威者は、パッチの適用されていない Exchange サーバーを侵入経路とし、PsExec を介してネットワーク全体に BlackCat ランサムウェアのペイロードを展開させた。

Continue reading “Microsoft 警告:Exchange Server のハッキングにより BlackCat ランサムウェアが広まっている”

ランサムウェア 2021年の調査:勝ち続ける帝国のパワーを数々の指標が証明

Ransomware still winning: Average ransom demand jumped by 45%

2022/05/23 HelpNetSecurity — Group-IB は、ナンバーワン脅威の進化を示すガイド Ransomware Uncovered 2021/2022 を発表した。このレポート第2版における調査結果によると、ランサムウェア帝国は連勝を重ね、2021年の身代金の返金要求額は、45% 増の $247,000 に達したとされる。2020年以降のランサムウェア・ギャングは、ずっと貪欲になっている。Hive がMediaMarkt に対して要求した身代金は、$240 million (2020年は $30 million) という記録的なものだった。Hive だけではなく、2021年のもう1人の新参者 Grief は、専用リークサイト (DLS) に投稿された被害者の数で、Top-10 ギャングの仲間入りを果たした。

Continue reading “ランサムウェア 2021年の調査:勝ち続ける帝国のパワーを数々の指標が証明”

米国務省 $15 million の報奨金:Conti ランサムウェアに関する情報を求める

US offers $15 million reward for info on Conti ransomware gang

2022/05/07 BleepingComputer — 米国国務省 (Department of State) は、Conti ランサムウェア・ギャング幹部などの特定と所在確認に有効な情報に対して、最大で $15 million の報奨金を提供している。この報奨金のうち、$10 million はリーダーなどの身元や居場所に関する情報に対して、さらに $5 million はランサムウェア攻撃に関連する、逮捕や有罪につながる情報に対して提供されるという。

Continue reading “米国務省 $15 million の報奨金:Conti ランサムウェアに関する情報を求める”

REvil の復活は本物:新たなマルウェア・サンプルから確認された継承の証拠とは?

REvil ransomware returns: New malware sample confirms gang is back

2022/04/30 BleepingComputer — ロシアと米国の緊張が高まる中、ランサムウェア REvil が、新たなインフラの構築と、暗号化方式の変更により、より標的を絞った攻撃を目論みながら再登場した。2021年10月に法的執行機関は、REvil ランサムウェア・ギャングの Tor サーバーを乗っ取り、その後に、ロシア当局によりメンバーが逮捕され、活動を停止した。しかし、ウクライナ侵攻の後に、米国は REvil ギャングに関する交渉プロセスから撤退し、通信手段を閉じたと、ロシア側は表明している。

Continue reading “REvil の復活は本物:新たなマルウェア・サンプルから確認された継承の証拠とは?”

BlackCat RaaS について FBI が警告:全世界で 60の組織が侵害されている

BlackCat Ransomware gang breached over 60 orgs worldwide

2022/04/22 SecurityAffairs — 米国連邦捜査局 (FBI) は、2021年11月に活動を開始した BlackCat ランサムウェア (別名:ALPHV/Noberus) により、少なくとも全世界で 60 の事業体が侵害されたとする Flash Report を公開した。同組織はアドバイザリで、世界中で少なくとも 60 の事業体に侵入した Ransomware-as-a-Service である、BlackCat/ALPHV などによる攻撃に関連する、主要な Indicators Of Compromise (IOCs) を Flash Report で発表した。ユーザーおよび管理者が、FBI Flash CU-000167-MW の IOC と技術的な詳細を確認し、推奨される緩和策を適用することを推奨していると 、CISA は述べている。

Continue reading “BlackCat RaaS について FBI が警告:全世界で 60の組織が侵害されている”

REvil の TOR サイトが動き出した:新たなランサムウェア運用が始まるのか?

Russia,REvil’s TOR sites come alive to redirect to new ransomware operation

2022/04/20 BleepingComputer — REvil ランサムウェアのサーバーが、数ヶ月ぶりに TOR ネットワーク内で復活し、2021年12月中旬から開始されたと思われる、新しいオペレーションへとリダイレクトされている。REvil に関連する新しいオペレーションの背後にいる人物は不明だが、この新しいリークサイトには、過去の REvil 攻撃での被害者を示す大規模なカタログと、新しい2件の攻撃の被害者がリストアップされている。

Continue reading “REvil の TOR サイトが動き出した:新たなランサムウェア運用が始まるのか?”

Qbot マルウェアの戦術変更:感染ベクターを Macro から Windows Installer へ

Qbot malware switches to new Windows Installer infection vector

2022/04/11 BleepingComputer — 現在 Qbot ボットネットは、パスワード保護された ZIP アーカイブを添付したフィッシング・メールを介して、マルウェアのペイロードを送信しているが、その中に悪意の MSI Windows Installer パッケージも含まれる。これまでの Qbot オペレーターたちは、悪意のマクロを含む Microsoft Office ドキュメントを、フィッシング・メールにより配信し、標的デバイスにマルウェアをドロップするという手法を用いていたが、新しい戦術が使われたことになる。

Continue reading “Qbot マルウェアの戦術変更:感染ベクターを Macro から Windows Installer へ”

2021年の DDoS 攻撃数は 975万件:パンデミック前のレベルを 14% 上回るペース

Cybercriminals launched 9.75 million DDoS attacks in 2021

2022/03/28 HelpNetSecurity — 2021年 2H において、サイバー犯罪者たちは約 440万件の DDoS (分散型サービス拒否) 攻撃を仕掛け、2021年の DDoS 攻撃の総数が 975万件に達したことが、NETSCOUT のレポートで明らかになった。これらの攻撃は、パンデミックの最盛期に記録したレベルからは 3% 減少しているが、パンデミック前のレベルを 14% 上回るペースで続いている。

Continue reading “2021年の DDoS 攻撃数は 975万件:パンデミック前のレベルを 14% 上回るペース”

FBI レポート:2021年のランサムウェアは重要インフラ 649 件を攻撃

FBI: Ransomware hit 649 critical infrastructure orgs in 2021

2022/03/23 BleepingComputer — FBI は、Crime Complaint Center (IC3) の 2021 Internet Crime Report を引用するかたちで、昨年には米国の複数の重要インフラ部門の少なくとも 649 組織が、ランサムウェアによりネットワークを侵害されたと発表した。ただし FBI は、重要インフラ分野で報告されたランサムウェア・インシデントの追跡が、2021年6月に開始されていることから、実際の数字は増大するはずだと述べている。また FBI は、Crime Complaint Center (IC3) に被害者が苦情を申し立てなかった場合も、その攻撃は統計に含まれないとしている。

Continue reading “FBI レポート:2021年のランサムウェアは重要インフラ 649 件を攻撃”

2021年のランサムウェア総被害額は $602 M:トップの Conti は $180 M も稼いだらしい

Organizations paid at least $602 million to ransomware gangs in 2021

2022/02/13 SecurityAffairs — 先週に、英国/米国/オーストラリアのサイバー・セキュリティ機関が、2021年にランサムウェアの脅威がグローバル化したとする共同勧告を発表した。ブロック・チェーン分析企業の Chainalysis が発表したレポートによると、2021年中に組織が支払った暗号通貨は $602 million 相当となる。この数字は、2020年の $692 million と比べて僅かに減少しているが、Chainalysis の専門家は、今後の数週間で他の支払いが追加される可能性があると述べている。

Continue reading “2021年のランサムウェア総被害額は $602 M:トップの Conti は $180 M も稼いだらしい”

台湾の電子機器メーカー Delta を攻撃した Conti が $15 M の身代金を要求

Taiwanese Apple and Tesla contractor hit by Conti ransomware

2022/01/27 BleepingComputer — 台湾の電子機器メーカーであり、Apple/Tesla/HP/Dell などに電源を提供している Delta Electronics は、金曜日の朝に発見されたサイバー攻撃により、被害を被っていることを公表した。Delta は、スイッチング電源の世界最大のプロバイダーであり、2021年の売上高は $9 billion を超えているという。同社は、2022年1月22日の声明において、今回のインシデントで重要システムは影響を受けず、業務に大きな問題は生じていないと述べている。

Continue reading “台湾の電子機器メーカー Delta を攻撃した Conti が $15 M の身代金を要求”

LockBit の Linux バージョンは VMware ESXi サーバーを標的にする

Linux version of LockBit ransomware targets VMware ESXi servers

2022/01/26 BleepingComputer — LockBit は最新のランサムウェアであり、Linux の暗号化機能を用いた、VMware ESXi の仮想マシンの暗号化に特化していることが判明している。その一方で、一般的な企業では、コンピュータ・リソースの節約/サーバーの統合/バックアップの容易さなどの理由から、仮想マシンへの移行が進んでいる。そのような状況を受け、これまでの1年間でランサムウェア・ギャングたちは、人気の高い VMware vSphere/ESXi 仮想化プラットフォームを標的とする、Linux エンクリプターを作成するよう、戦術を進化させてきた。

Continue reading “LockBit の Linux バージョンは VMware ESXi サーバーを標的にする”

ロシア当局の REvil 逮捕を受けて:ハッカーたちはダークウェブで何を囁く?

Dark Web Chatter: What Other Russian Hackers Are Saying About the REvil Arrests

2022/01/21 SecurityWeek — 2022年1月14日に実施された、ロシア連邦保安庁 (FSB) によるランサムウェア REvil の破壊は、世界を驚かせた。それまで、ロシアを攻撃しないハッカーは、ロシアにいても安全だという不文律があった。FSB の発表によると、今回の破壊は米国当局からの要請に応えたものだという。それは、サイバー犯罪者に対する国際協力の新時代の幕開けなのか、それとも、ロシア外交の一例に過ぎないのか。判断を下すのは時間だが、それまでの間、我々は推測するしかない。

Continue reading “ロシア当局の REvil 逮捕を受けて:ハッカーたちはダークウェブで何を囁く?”

Prometheus という Crimeware-as-a-Service (CaaS):フィッシングとリダイレクトを促進

Russian Hackers Heavily Using Malicious Traffic Direction System to Distribute Malware

2022/01/19 TheHackerNews — サブスクリプション・ベースの Crimeware-as-a-Service (CaaS) ソリューションと、クラックされた Cobalt Strike のコピーの連携が確立され、脅威アクターによる侵入後の活動を支えるツールとして提供されていると、研究者たちは疑っている。この種のサービスだと言われる Prometheus の存在は、サイバー・セキュリティ企業である Group-IB が、悪意のソフトウェア配布キャンペーンの詳細を開示した 2021年8月に明らかにされた。

Continue reading “Prometheus という Crimeware-as-a-Service (CaaS):フィッシングとリダイレクトを促進”

ロシア政府による REvil 破壊から読み取るべき5つのシグナルとは?

Five Key Signals From Russia’s REvil Ransomware Bust

2022/01/18 SecurityWeek — 突然にロシアの最高法執行機関が、ランサムウェア REvil を公開捜査したことで、大規模なランサムウェア攻撃を阻止する鍵は、外交が握っているのではないかと話題になっている。この囮捜査は、「米国の要請を受けて」という慎重な発表に続いて行われたが、その背景には、ロシアとウクライナの地政学的な対立がある。そして、すでに、データ消去などを目的とした、ウクライナ政府に対するマルウェア攻撃や標的型 Web サイトの改ざんに結びついている。

Continue reading “ロシア政府による REvil 破壊から読み取るべき5つのシグナルとは?”

ロシア当局が REvil ランサムウェア・ギャングを壊滅させた

Russia Lays the Smackdown on REvil Ransomware Gang

2022/01/14 SecurityWeek — 金曜日にロシア当局は、ソフトウェア・メーカー Kaseya に対するサプライチェーン攻撃や、JBS USA に対するランサムウェア攻撃を行い、世界最大の食肉加工会社の一部を閉鎖に追い込んだハッキング・グループ REvil を取り締まったと発表した。ハッカーグループ Sodinokibi のメンバーは、ロシア国内での罪で起訴され、そのインフラは破壊されたと、モスクワの治安機関 FSB の広報部門が、ロシアの Interfax 通信社に伝えた。

Continue reading “ロシア当局が REvil ランサムウェア・ギャングを壊滅させた”

FBI 警告:米国の防衛産業を標的に悪意の USB デバイスが郵送されている

FBI: Hackers use BadUSB to target defense firms with ransomware

2022/01/07 BleepingComputer — 米連邦捜査局 (FBI) は、最近に更新された Flash Alert の中で、金銭的な動機を持つサイバー犯罪グループ FIN7 が、ランサムウェアを展開する悪意の USB デバイスが入ったパッケージを介して、米国の防衛産業を標的にしていると米国企業に警告した。この攻撃者たちは、LilyGO のロゴの付いた BadUSB/Bad Beetle USB デバイスが入ったパッケージを郵送している。

Continue reading “FBI 警告:米国の防衛産業を標的に悪意の USB デバイスが郵送されている”

米軍 Cyber Command:ランサムウェアに対抗して攻撃的な手段を講じる

Cyber Command boss acknowledges US military actions against ransomware groups

2021/12/06 CyberScoop — この土曜日に、米 Cyber Command Leader General である Paul Nakasone は、ランサムウェアに対抗して攻撃的な手段を、米軍が講じていることを確認した。New York Times のインタビューに応じた Nakasone は、「過去/現在/将来において、我々は政府の多くの組織とともに行動を起こし、コストをかけてきた。それは、我々が常に念頭に置くべき重要な要素である」と述べている。

Continue reading “米軍 Cyber Command:ランサムウェアに対抗して攻撃的な手段を講じる”

BlackMatter から LockBit への継承:アフェリエイトと被害者が移動しているらしい

BlackMatter ransomware moves victims to LockBit after shutdown

2021/11/03 BleepingComputer — ランサムウェア BlackMatter が活動を停止したことで、そのアフィリエイトたちは、競合する LockBit には被害者を移動させ、恐喝を継続している。今朝、BlackMatter のメンバーが行方不明とったが、法執行機関からの圧力が強まっていることもあり、同組織が閉鎖されるというニュースが流れた。

Continue reading “BlackMatter から LockBit への継承:アフェリエイトと被害者が移動しているらしい”

Hive ランサムウェアによる暗号化:Linux と FreeBSD がターゲットに追加

Hive ransomware now encrypts Linux and FreeBSD systems

2021/10/29 BleepingComputer — ランサムウェア Hive は、Linux や FreeBSD をターゲットに開発された新種のマルウェアを用いて、これらのプラットフォームも暗号化してしまう。しかし、スロバキアのインターネット・セキュリティ企業 ESET が発見したように、Hive の新しい暗号化ツールは開発中であり、機能が不足している。

Continue reading “Hive ランサムウェアによる暗号化:Linux と FreeBSD がターゲットに追加”

ドイツの捜査官が REvil ランサムウェアのコアメンバーを特定

German investigators identify REvil ransomware gang core member

2021/10/28 BleepingComputer — ドイツの捜査当局は、最近で最も成功したランサムウェア・グループの1つである、REvil ランサムウェアのコア・メンバーの一人と思われるロシア人男性を特定したと報じている。この男は、暗号通貨の投資家やトレーダーだと自称しているが、ドイツ当局が長年にわたって行って追跡してきた BitCoin 支払いなどを分析した結果、そうではないと考えられている。

Continue reading “ドイツの捜査官が REvil ランサムウェアのコアメンバーを特定”

FBI/CISA/NSA の BlackMatter 対策:防御のための詳細情報を勧告として共有

FBI, CISA, NSA share defense tips for BlackMatter ransomware attacks

2021/10/18 BleepingComputer — 今日、Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) および、Federal Bureau of Investigation (FBI)、National Security Agency (NSA) は、ランサムウェア BlackMatter の活動に関する詳細を記載する勧告を発表した。また、この3組織は、この敵対者のネットワーク上での活動を把握し、防御するのに役立つ情報を提供している。

Continue reading “FBI/CISA/NSA の BlackMatter 対策:防御のための詳細情報を勧告として共有”

REvil ランサムウェアの Tor サイトがハイジャックされた:ついに終焉を迎えるのか?

REvil ransomware shuts down again after Tor sites were hijacked

2021/10/17 BleepingComputer — REvil ランサムウェアは、自身の Tor ペイメント・ポータルとデータリーク・ブログが何者かに乗っ取られた後に、再び活動を停止したようだ。REvil に所属する脅威アクターが、XSS ハッキング・フォーラムに投稿したところ、このギャングのドメインを何者かが乗っ取ったとのことであり、Tor サイトは本日未明にオフラインになった。

Continue reading “REvil ランサムウェアの Tor サイトがハイジャックされた:ついに終焉を迎えるのか?”

VMware ESXi Server を狙うランサムウェア:Python で3時間で仕事を終わらせる

Unnamed Ransomware gang uses a Python script to encrypt VMware ESXi servers

2021/10/05 SecurityAffairs — Sophos の研究者たちがランサムウェア攻撃を調査していたところ、Python スクリプトを使う攻撃者が、VMware ESXi サーバ上の仮想マシンを暗号化していたことが分かった。Sophos の研究者たちが調査した攻撃では、ランサムウェアのオペレーターが、最初の侵入から僅か3時間後に、VMware ESXi サーバの仮想ディスクを暗号化していた。

Continue reading “VMware ESXi Server を狙うランサムウェア:Python で3時間で仕事を終わらせる”

バイデン米国大統領:30カ国が連携してサイバー攻撃を阻止していく

US unites 30 countries to disrupt global ransomware attacks

2021/10/01 BleepingComputer — 今日、バイデン米国大統領は、世界中の組織に影響を与えている一連の攻撃の背後にあるランサムウェア・ギャングを、米国が中心となる 30カ国が共同して取り締まることを発表した。バイデン大統領は、「今月、米国は 30カ国を集め、サイバー犯罪と戦うために、法執行機関の協力体制の強化、暗号通貨の不正使用の阻止、外交的関与における協力を加速さる」と述べている。

Continue reading “バイデン米国大統領:30カ国が連携してサイバー攻撃を阻止していく”

FBI/CISA/NSA 警告:Conti ランサムウェア攻撃が猛威を奮っている

FBI, CISA, and NSA warn of escalating Conti ransomware attacks

2021/09/22 BleepingComputer — 今日、CISA/FBI/NSA は、米国の組織を標的としたランサムウェア Conti の攻撃が増加しているとの警告を発した。米国の3つの連邦機関は、企業の IT 管理者に対し、組織のネットワーク・セキュリティ体制を見直し、Conti ランサムウェアから守るために、共同勧告に記載されている対策を直ちに実施するよう求めている。

Continue reading “FBI/CISA/NSA 警告:Conti ランサムウェア攻撃が猛威を奮っている”

米政府:ランサムウェアを支援する暗号通貨取引所などを制裁か?

U.S. to sanction crypto exchanges, wallets used by ransomware

2021/09/17 BleepingComputer — バイデン政権は、ランサムウェア・ギャングが支払われた身代金を、暗号通貨から法定紙幣に変換する際に使用する、暗号取引所/ウォレット/トレーダーに対して制裁を発動する見込みである。この2年間において、米国の権益やインフラに対するランサムウェア攻撃がエスカレートしていることから、ホワイトハウスはその運用を混乱させるための取り組みを強化している。

Continue reading “米政府:ランサムウェアを支援する暗号通貨取引所などを制裁か?”

REvil ランサムウェアのマスター復号キーには法執行機関が絡んでいる?

Free REvil ransomware master decrypter released for past victims

2021/09/16 BleepingComputer — ランサムウェア REvil 用のマスター復号キーが無料で公開され、このギャングが姿を消す前に暗号化された、すべての被害者のデータが復元できるようになった。REvil マスター復号キーは、サイバーセキュリティ企業の Bitdefender が、信頼できる法執行機関と共同で作成したものだ。

Continue reading “REvil ランサムウェアのマスター復号キーには法執行機関が絡んでいる?”

Olympus がサイバー攻撃に遭っている:BlackMatter ランサムウェアの犯行か?

BlackMatter ransomware hits medical technology giant Olympus

2021/09/13 BleepingComputer — 医療技術のリーディング・カンパニーである Olympus は、先週に EMEA (欧州/中東/アフリカ) の一部で IT システムに影響を与えた、サイバー・セキュリティ・インシデントの可能性を調査している。Olympus は、全世界で 31,000人以上の従業員を擁し、100年以上の歴史を持ち、医療/ライフサイエンス/産業機器業界向けに製品開発を行う企業である。

Continue reading “Olympus がサイバー攻撃に遭っている:BlackMatter ランサムウェアの犯行か?”

REvil ランサムウェア完全復活:フルパワーで攻撃を再開

REvil ransomware is back in full attack mode and leaking data

2021/09/11 BleepingComputer — REvil ランサムウェア・グループがが完全に復活し、新たな被害者を攻撃し、盗んだファイルをデータ漏洩サイトで公開している。2019年以降、Sodinokibi こと REvil ランサムウェア・グループは、世界中の組織に対して攻撃を行い、盗んだファイルの流出を止める複合キーと引き換えに、$1 million の身代金を要求してきた。その活動期間において、JBS/Coop/Travele/GSMLaw/Kenneth Cole/Grupo Fleury などの、有名企業に対して数多くの攻撃を仕掛けてきた。

Continue reading “REvil ランサムウェア完全復活:フルパワーで攻撃を再開”

REvil ランサムウェアの謎:だれがオンラインに戻したのか?

REvil ransomware servers mysteriously come back online

2021/09/07 BleepingComputer — ランサムウェア REvil の、ダークウェブ・サーバーが、約2ヶ月ぶりに突然復活した。これがランサムウェア・ギャングの復帰を意味するのか、それとも法執行機関がサーバーをオンにしたのかは不明だ。7月2日に、Sodinokibi こと REvil ランサムウェア・ギャングは、Kaseya VSA リモート管理ソフトウェアのゼロデイ脆弱性を悪用し、約60社のマネージド・サービス・プロバイダー (MSP) と、1,500社以上のビジネス顧客を暗号化した。

Continue reading “REvil ランサムウェアの謎:だれがオンラインに戻したのか?”

ランサムウェアが好む企業:地域/規模/業種などを分析する

Ransomware gangs target companies using these criteria

2021/09/06 BleepingComputer — 最近のランサムウェア・ギャングは、ダークウェブのマーケット・プレイスや他の脅威アクターから、標的のネットワークへのアクセス権を購入するケースを増やしている。こうした取引を仲介する広告を分析することで、どのような企業をランサムウェアが攻撃対象としているのかを知ることができる。

Continue reading “ランサムウェアが好む企業:地域/規模/業種などを分析する”

Nokia の米子会社に Conti ランサムウェアが侵入した

Nokia subsidiary discloses data breach after Conti ransomware attack

2021/08/23 BleepingComputer — Nokia の米子会社である SAC Wireless は、Conti ランサムウェアによる攻撃を受け、ネットワークへの侵入と、データの窃取、システムを暗号化を許し、また、データが流出したことを公表した。米国イリノイ州シカゴに本社を置く Nokia 子会社である SAC Wireless は、米国内の通信事業者および、基地局、OEM 企業などと取引を行っている。SAC Wireless は、5G および、4G LTE、スモールセル、FirstNet などの、セルラー・ネットワークの設計/構築/アップグレードなどを顧客に提供する企業である。

Continue reading “Nokia の米子会社に Conti ランサムウェアが侵入した”

LockBit ランサムウェアが復活:セキュリティ・ベンダーたちが警鐘を鳴らす

Security Vendors Sound the Alarm on LockBit Ransomware’s Return

2021/08/19 DarkReading — 2019年に登場した Ransomware-as-a-Service (RaaS) である LockBit の運営者が再登場し、マルウェアの改良版を発表するとともに、ダークウェブや標的となる組織内からアフィリエイトを募るという、不吉で積極的なキャンペーンを展開している。

Continue reading “LockBit ランサムウェアが復活:セキュリティ・ベンダーたちが警鐘を鳴らす”

東京海上シンガポール支店がランサムウェアに遭ったが詳細は不明

Japanese insurer Tokio Marine discloses ransomware attack

2021/08/18 BleepingComputer — 今週のこと、日本に本拠を持つ多国籍保険会社 Tokio Marine Holdings は、同社のシンガポール支店である Tokio Marine Insurance Singapore (TMiS) がランサムウェア攻撃に遭ったことを発表した。この発表においては、侵入に対処するために取られた措置を除いて、インシデントに関する情報はほとんど含まれていない。

Continue reading “東京海上シンガポール支店がランサムウェアに遭ったが詳細は不明”

Accenture が LockBit 2.0 ランサムウェアに攻撃される

Accenture has been hit by a LockBit 2.0 ransomware attack

2021/08/11 SecurityAffairs — IT & Consulting 大手の Accenture だが、LockBit 2.0 ランサムウェアからの攻撃に遭っている。そして、LockBit 2.0 グループは、あたかも Accenture の内部からの発言を装うかたちで、「この人たちは、プライバシーやセキュリティを超えている。彼らのサービスが、インサイダーである私が見たものよりも、優れたものであことを願っている。もしデータベースの購入に興味があれば、私たちに連絡してほしい」と、リークサイトでアナウンスしている。

Continue reading “Accenture が LockBit 2.0 ランサムウェアに攻撃される”

BlackMatter ランサムウェアの Linux バージョンは VMware ESXi を標的とする

Linux version of BlackMatter ransomware targets VMware ESXi servers

2021/08/05 BleepingComputer — BlackMatter ランサムウェアが、ギャングたちの仲間入りをして、VMware ESXi 仮想マシン・プラットフォームを標的にした、Linux 用の暗号化ソフトウエアを開発した。エンタープライズでは、リソース管理やディザスタ・リカバリのために、サーバーを仮想マシンに移行する傾向が強まっている。VMware ESXi は最も一般的な仮想マシンプラット・フォームであるため、企業を標的としたランサムウェアの大半が、この仮想マシンを標的とする暗号化ツールをリリースし始めている。

Continue reading “BlackMatter ランサムウェアの Linux バージョンは VMware ESXi を標的とする”

DarkSide / REvil の後継者だと主張する BlackMatter ランサムウェアが登場した

BlackMatter ransomware group claims to be Darkside and REvil succesor

2021/07/28 SecurityAffairs — 今週に活動を開始した BlackMatter は、新しいランサムウェア・ギャングであり、また、Darkside と REvil グループの後継者であると主張している。BlackMatter は、他のランサムウェアと同様に、システムを暗号化する前に被害者から搾取したデータを、公開するリークサイトを開設している。BlackMatter ランサムウェアを最初に発見したのは、Recorded Future の研究者であり、Exploit や XSS といたサイバー犯罪フォーラムに掲載された広告を利用して、このグループがアフィリエイト・ネットワークを構築していると報告している。

Continue reading “DarkSide / REvil の後継者だと主張する BlackMatter ランサムウェアが登場した”

バイデン大統領:容赦のないサイバー攻撃は現実の戦争へとエスカレートしかねない

Biden: Severe cyberattacks could escalate to ‘real shooting war’

2021/07/28 BleepingComputer — バイデン大統領は、サイバー攻撃がもたらす深刻なセキュリティ侵害が、世界の大国間での現実の戦争につながる可能性があると警告した。バイデン大統領は、国家情報長官室の国家テロ対策センターでの講演で、「ランサムウェア攻撃を含むサイバー空間の脅威が、現実の世界に損害や混乱をもたらすことが多くなってきていることは周知の通りだ。何を保証するものではないが、もし大国との本格的な戦争に突入するようなことがあるなら、それは甚大な被害をもたらすサイバー攻撃の結果として、起こり得るものだ」と述べている。

Continue reading “バイデン大統領:容赦のないサイバー攻撃は現実の戦争へとエスカレートしかねない”

Kaseya はランサム支払いを否定:完全な復号化ツールを提供と言うが?

Kaseya denies ransomware payment as it hails ‘100% effective’ decryption tool

2021/07/27 DailySwig — Kaseya は、一連のランサムウェア攻撃の被害者に対して、復号化ツールを提供し続けているが、サイバー犯罪組織 REvil に身代金を支払ったという噂を否定した。7月2日に始まった、このソフトウェア・サプライチェーン攻撃は、IT マネジメント・プラットフォームである Kaseya VSA のハッキングを介して、最大で 1,500とも言われる組織に影響を与えたと考えられる。7月22日に Kaseya は、サードパーティから復号化ツールを入手し、アンチ・マルウェアの専門家である Emsisoft の協力を得て、影響を受けた組織の環境を復旧していることを明らかにした。

Continue reading “Kaseya はランサム支払いを否定:完全な復号化ツールを提供と言うが?”

REvil ランサムウェアが姿をくらましたが理由は不明

REvil ransomware gang sites go dark, for reasons that remain unclear

2021/07/13 CyberScoop — 数千万ドルの被害をもたらした、一連のランサムウェア攻撃の背後にいるギャングたちは、成功しすぎたのかもしれない。複数のセキュリティ研究者によると、数千人の被害者を出した Kaseya ハッキングで犯行声明を出した、ロシアン・ハッカー集団 REvil は、火曜日の朝に姿をくらましたようだ。

Continue reading “REvil ランサムウェアが姿をくらましたが理由は不明”

Kaseya VSA のパッチ 9.5.7a がリリースされた

Kaseya Releases Patches for Flaws Exploited in Widespread Ransomware Attack

2021/07/11 TheHackerNews — フロリダに本拠を置く Kaseya は、この日曜日に、同社の Virtual System Administrator (VSA) ソリューションにおける深刻な脆弱性に対処するための、緊急アップデートを提供した。この VSA ソリューションは、広範囲におよぶサプライチェーン・ランサムウェア攻撃の要素として、世界の 1,500社もの企業を標的にするきっかけとして使用された。このインシデントを受けて、同社はオンプレミス型 VSA の顧客に対して、パッチが提供されるまでサーバーを停止するよう呼びかけていた。それから約10日後に、同社は VSA Ver 9.5.7a (9.5.7.2994) を出荷し、以下の3つの新たなセキュリティ欠陥を修正した。

Continue reading “Kaseya VSA のパッチ 9.5.7a がリリースされた”

バイデンとプーチンの電話会談:さっさとロシアン・ランサム・ギャングを取り締まってよ!

Biden asks Putin to crack down on Russian-based ransomware gangs

2021/07/10 BleepingComputer — バイデン大統領は、7月10日のプーチン大統領との電話会談において、米国をはじめとする世界各国に影響を及ぼすサイバー攻撃の背後にいる、ロシア国内のランサムウェア・グループの活動を阻止するよう要請した。ホワイトハウスは声明で、「バイデン大統領が強調したのは、ロシア国内で活動するランサムウェア・グループを、ロシア政府が阻止するための行動の必要性であり、また、ランサムウェアがもたらす広範な脅威への継続的な対応だ」と述べている。

Continue reading “バイデンとプーチンの電話会談:さっさとロシアン・ランサム・ギャングを取り締まってよ!”

ロシアン・ハッカーに対する具体的なアクションを求める米政府

US warns of action against ransomware gangs if Russia refuses

2021/07/06 BleepingComputer — ホワイトハウスの Press Secretary である Jen Psak は、ロシア政府が拒否した場合、米国はロシアのサイバー犯罪者グループに対して行動を起こすと述べている。Psak は、フロリダ州の IT 企業 Kaseya に対する REvil ランサムウェア攻撃は、誰の仕業だと判明したわけではなく、特にロシア政府との関連性が判明したわけでもない、と付け加えている。

Continue reading “ロシアン・ハッカーに対する具体的なアクションを求める米政府”

Kaseya のゼロデイ脆弱性が FIX の直前に REvil に悪用されてしまった

Kaseya was fixing zero-day just as REvil ransomware sprung their attack

2021/07/04 BleepingComputer — オンプレミスの Kaseya VSA Server に侵入するために使用されたゼロデイ脆弱性は、金曜日に生じた REvil ランサムウェア・ギャングの大規模な攻撃に対応するために、まさに修正されている最中にあった。この脆弱性は、Dutch Institute for Vulnerability Disclosure (DIVD) のセキュリティ研究者により、少し前から Kaseya に開示されており、顧客に提供されるパッチは検証の段階にあった。

Continue reading “Kaseya のゼロデイ脆弱性が FIX の直前に REvil に悪用されてしまった”

スウェーデンのスーパーマーケット Coop が Kaseya 攻撃により 500店舗を閉鎖

Coop supermarket closes 500 stores after Kaseya ransomware attack

2021.07/03 BleepingComputer — スウェーデンのスーパーマーケット Coop は、MSP (managed service providers) を標的とした REvil ランサムウェアのサプライチェーン攻撃の影響を受け、約500店舗を閉鎖しました。7月2日の夜に、MSP と顧客をターゲットにした REvil ランサムウェア・ギャングが、Kaseya VSA (remote patch management and monitoring uite) を介して大規模なサプライチェーン攻撃を行ったことで、このスーパーマーケット・チェーンは店舗を閉じることになった。

Continue reading “スウェーデンのスーパーマーケット Coop が Kaseya 攻撃により 500店舗を閉鎖”

REvil ランサムウェアは MSP サプライチェーン攻撃により 200社に影響を及ぼす

REvil ransomware hits 200 companies in MSP supply-chain attack

2021/07/02 BleepingComputer — Kaseya へのサプライチェーン攻撃により、大規模な REvil ランサムウェア攻撃が報道されたが、複数の MSP (managed service provider) と顧客にも影響が及んでいる。7月2日の午後から REvil は、Kaseya VSA サプライチェーン攻撃と同じ思われる方法で、数千の顧客を持つ 8社の大規模 MSP をターゲットにしている。Kaseya VSA はクラウド・ベースの MSP プラットフォームであり、顧客に対してパッチ・マネジメントやクライアント・モニタリングを提供している。

Continue reading “REvil ランサムウェアは MSP サプライチェーン攻撃により 200社に影響を及ぼす”