安全なスマートシティ:IoT のインフラとリスクの関係を整理する

Securing Smart Cities: What You Need to Know

2022/01/03 StateOfSecurity — 経済/人口/社会/文化/技術/環境などに関連する、さまざまなプロセスが複雑に絡み合う都市化に伴い、各国政府は都市部特有の課題に対処するスマートシティを開発している。この開発は、無線技術とクラウドを利用したデータ転送により行われる。スマートシティには、IoT (Internet of Things)/ICT (Information and Communications Technology)/GIS (Geographic Information Systems) などの技術が使われていく。それぞれの技術が連携して大量のデータを収集し、そのデータを基に都市内のコンポーネントやシステムを改善する。

Continue reading “安全なスマートシティ:IoT のインフラとリスクの関係を整理する”

mySCADA myPRO HMI/SCADA の深刻な脆弱性 CVE-2021-44462:リモートからの乗っ取りも?

Critical flaws in myPRO HMI/SCADA product could allow takeover vulnerable systems

2021/12/27 SecurityAffairs — mySCADA myPRO HMI/SCADA は、マルチプラットフォーム対応の Human-Machine Interface (HMI)/Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA) システムであり、産業プロセスの視覚化および制御に用いられている。セキュリティ研究者の Michael Heinzl は、mySCADA myPRO 製品群に複数の脆弱性を発見し、その中には 深刻度 Critical と評価されるものもある。これらの脆弱性は、myPRO の Version 8.20.0 以前に影響する。

Continue reading “mySCADA myPRO HMI/SCADA の深刻な脆弱性 CVE-2021-44462:リモートからの乗っ取りも?”

IoT ハニーポット実験:脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由は?

Honeypot experiment reveals what hackers want from IoT devices

2021/12/22 BleepingComputer — さまざまな場所に設置された、さまざまなタイプの low-interaction IoT デバイスをシミュレートする3年間のハニーポット実験により、脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由が明確になった。より具体的に言うと、このハニーポットは、十分に多様なエコシステムを作り出し、生成されたデータにより敵対者の目標を決定するために、クラスター化することを目的とした。

Continue reading “IoT ハニーポット実験:脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由は?”

OT への最初の攻撃ベクターとしてエンジニアリング WS が狙われる?

Engineering Workstations Are Concerning Initial Access Vector in OT Attacks

2021/08/26 SecurityWeek — 産業用制御システム (ICS : industrial Control Systems) や、運用技術 (OT : Operational Technology) を用いる組織は、サイバー脅威に対する関心を高めており、リスクに対処するための措置を講じてはいるが、多くの組織において侵害の有無が把握されていないことが、産業用サイバーセキュリティ企業である Nozomi Networks の委託を受けて、SANS Institute が実施した調査で明らかになった。SANS 2021 OT/ICS Cybersecurity Report は、多岐にわたる業界の 480人から提供された情報に基づいて作成されている。

Continue reading “OT への最初の攻撃ベクターとしてエンジニアリング WS が狙われる?”