Twilio/Okta ハッキングの全容:背後にいる脅威アクターの追跡も始まる

Twilio hackers hit over 130 orgs in massive Okta phishing attack

2022/08/25 BleepingComputer — 最近に発生した、Twilio/MailChimp/Klaviyo などへの、一連のサイバー攻撃を実行したハッカーは、同じフィッシング・キャンペーンにより 130以上の組織に侵入した。このフィッシング・キャンペーンでは、コードネーム 0ktapus と呼ばれるフィッシング・キットが使用され、合計で 9,931件のログイン情報が盗み出され、それを基に VPN などのリモートアクセス介して、企業のネットワークやシステムへのアクセスが行われた。

Continue reading “Twilio/Okta ハッキングの全容:背後にいる脅威アクターの追跡も始まる”

Winnti ハッキング・グループの戦略:Cobalt Strike を 154 分割して検出を回避

Winnti hackers split Cobalt Strike into 154 pieces to evade detection

2022/08/18 BleepingComputer — 中国の Winnti は、APT41 または Wicked Spider とも呼ばれるハッキング・グループであり、昨年の成果として、少なくとも 80の組織を標的にし、少なくとも 13の組織のネットワーク侵入に成功した。このハッキング・グループの活動を追跡してきた、Group-IB の研究者たちによると、2021年は Wintti が最も激しく動いた1年であったという。

Continue reading “Winnti ハッキング・グループの戦略:Cobalt Strike を 154 分割して検出を回避”

Classiscam という Scam-as-a-Service:ヨーロッパとシンガポールで稼ぎ続ける

Researchers Uncover Classiscam Scam-as-a-Service Operations in Singapore

2022/08/08 TheHackerNews — Classiscamと呼ばれる巧妙な Scam-as-a-Service が、ヨーロッパでの拡大から1年半以上を経過した後に、シンガポールに潜入している。Group-IB は The Hacker News と共有したレポートの中で、「正当な買い手を装った詐欺師が、出品物から商品を購入するよう売り手に依頼し、支払いデータを盗むことが最終目的である」と述べている。同社は、このオペレーターについて、「上手に組織化された、技術的に高度な詐欺師の犯罪ネットワーク」と呼んでいる。

Continue reading “Classiscam という Scam-as-a-Service:ヨーロッパとシンガポールで稼ぎ続ける”

Elasticsearch データベース 450件が攻撃されている:ランサムウェアなのか? ワイパーなのか?

Hundreds of Elasticsearch databases targeted in ransom attacks

2022/06/01 BleepingComputer — セキュリティが不十分な Elasticsearch データベースを標的とするハッカーたちが、450 のインデックスを置き換え、コンテンツを復元するには $620 が必要だとする身代金メモを送っているが、その合計額が $279,000 に達していることが判明した。脅迫者は、7日間の支払い期限を設定し、それに従わない場合には要求額を2倍にすると脅している。さらに1週間が経過しても支払われない場合に、被害者はインデックスを失うという。

Continue reading “Elasticsearch データベース 450件が攻撃されている:ランサムウェアなのか? ワイパーなのか?”

ランサムウェア 2021年の調査:勝ち続ける帝国のパワーを数々の指標が証明

Ransomware still winning: Average ransom demand jumped by 45%

2022/05/23 HelpNetSecurity — Group-IB は、ナンバーワン脅威の進化を示すガイド Ransomware Uncovered 2021/2022 を発表した。このレポート第2版における調査結果によると、ランサムウェア帝国は連勝を重ね、2021年の身代金の返金要求額は、45% 増の $247,000 に達したとされる。2020年以降のランサムウェア・ギャングは、ずっと貪欲になっている。Hive がMediaMarkt に対して要求した身代金は、$240 million (2020年は $30 million) という記録的なものだった。Hive だけではなく、2021年のもう1人の新参者 Grief は、専用リークサイト (DLS) に投稿された被害者の数で、Top-10 ギャングの仲間入りを果たした。

Continue reading “ランサムウェア 2021年の調査:勝ち続ける帝国のパワーを数々の指標が証明”

2022 Q1 ランサムウェア調査:最も好まれる脆弱性 Top-10 などが明らかに

Ransomware gangs rely more on weaponizing vulnerabilities

2022/05/19 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちの指摘は、ランサムウェア・ギャングが企業ネットワークに侵入する際に、依然として外部リモート・アクセス・サービスが主要な経路であるが、脆弱性を悪用するケースも目立って増えてきているというものだ。フィッシングだけではなく、インターネットに公開されたアプリケーションの脆弱性を悪用は、脅威アクターによるデータの窃取や、システムの暗号化につながる、主要な侵害の方式となっている。

Continue reading “2022 Q1 ランサムウェア調査:最も好まれる脆弱性 Top-10 などが明らかに”

ロシアで継続されるサイバー犯罪の摘発:西側への協力と国内における対策

Russian government continues crackdown on cybercriminals

2022/02/08 CyberScoop — 月曜日にロシア政府は、複数の国内サイバー犯罪フォーラムの Web サイトを差し押さえた。それは、ロシア政府がサイバー犯罪者に対して行う、一連の注目すべき措置の中で最も新しいで出来事だ。盗まれたクレジット・カードのデータを扱うフォーラム Sky Fraud の Web サイトを訪れると、このページはロシア内務省によりブロックされたというメッセージが表示される。他にも、Ferum や Trump’s Dumps、そして、RDP ツールによる不正なリモートアクセスを提供していた U-A-S Shop などの、カーディングやサイバー犯罪に関するフォーラムも差し押さえられた。

Continue reading “ロシアで継続されるサイバー犯罪の摘発:西側への協力と国内における対策”

サイバー犯罪フォーラム Joker’s Stash が閉鎖:金融データの闇市場が大きく変化している

After Joker’s Stash shutdown, the market for stolen financial data looks a lot different

2021/12/20 CyberScoop — サイバー犯罪フォーラム Joker’s Stash が閉鎖されたことで、ダークウェブ上で取引される盗難ペイメントカード情報の市場全体に、持続性のある打撃が与えていると、研究者たちは指摘している。サイバー・セキュリティ企業である Group-IB によると、2020年半ばから2021年半ばにかけて、カーディング市場の規模は前年比で $1.9 billion から $1.4 billion に減少した。

Continue reading “サイバー犯罪フォーラム Joker’s Stash が閉鎖:金融データの闇市場が大きく変化している”

Conti と Log4Shell:大物ランサムウェアは VMware vCenter に狙いを定める

Conti ransomware uses Log4j bug to hack VMware vCenter servers

2021/12/17 BleepingComputer — Conti のランサムウェアは、深刻な脆弱性である Log4Shell を利用して、組織内の VMware vCenter Server インスタンスに素早くアクセスし、仮想マシンを暗号化している。Conti は、この新しい攻撃手法の具体化に時間をかけることなく、Log4j の脆弱性を武器にした、最初の一線級のランサムウェア・ギャングとなった。

Continue reading “Conti と Log4Shell:大物ランサムウェアは VMware vCenter に狙いを定める”

Hive は1ヶ月で7億円も稼いでいる:メジャー・ランサムウェアの仲間入り?

Hive ransomware enters big league with hundreds breached in four months

2021/12/16 BleepingComputer — ランサムウェア Hive は、そのリーク・サイトに記載されている以上に活発で攻撃的な組織であり、この組織の存在が明らかになった6月下旬からは、毎日の平均で3社の企業が攻撃を受けている。セキュリティ研究者たちは、Hive の管理者パネルからダイレクトに情報を収集し、4ヶ月間で 350以上の組織が侵入されてることを確認した。

Continue reading “Hive は1ヶ月で7億円も稼いでいる:メジャー・ランサムウェアの仲間入り?”

ロシア当局によるサイバーセキュリティ企業 CEO の逮捕と家宅捜索

Russia arrests cybersecurity firm CEO after raiding offices

2021/09/29 BleepingComputer — 昨日、ロシアの法執行機関は、サイバーセキュリティ企業 Group-IB の CEO である Ilya Sachkov を、外国の情報機関とデータを共有したことによる背信罪の疑いで逮捕した。告発内容の詳細は明らかにされていないが、モスクワの裁判所は、予防措置として Ilya Sachkov を2ヶ月間拘留することを決定している。また、当局は、昨日の早朝から夕方まで、モスクワ市内の Group-IB社 オフィスを捜索した。

Continue reading “ロシア当局によるサイバーセキュリティ企業 CEO の逮捕と家宅捜索”

Prometheus TDS という MaaS (Malware-as-a-Service) とトラフィック操作攻撃

A Wide Range of Cyber Attacks Leveraging Prometheus TDS Malware Service

2021/08/05 TheHackerNews — 複数のサイバー犯罪グループが、MaaS (Malware-as-a-Service) ソリューションを活用して、Campo Loader / Hancitor / IcedID / QBot / Buer Loader / SocGholish などのペイロードを展開する悪意のソフトウェア配布キャンペーンを、ベルギーの個人や米国の政府機関/企業/法人に対して実施している。この Prometheus というサービスは、2020年8月からアンダーグラウンドなプラットフォームで月額250ドルで販売されている。マルウェアが混入された Word や Excel のドキュメントを配布することで、ユーザーをフィッシング・サイトや悪意のサイトに誘導することを目的とした、TDS (Traffic Direction System) であることが、The Hacker News に共有された Group-IB の報告書で明らかになった。

Continue reading “Prometheus TDS という MaaS (Malware-as-a-Service) とトラフィック操作攻撃”

ロシアの行政機関が中国の Webdav-O ウィルスに攻撃されている

Russian Federal Agencies Were Attacked With Chinese Webdav-O Virus

2021/08/04 TheHackerNews — 2020年に発生した、ロシアの連邦行政機関に対する一連の標的型攻撃の背後には、中国の国家支援型脅威グループが存在していた可能性がある。シンガポールに本社を置く Group-IB が発表した最新の調査結果によると、その時の侵入で検出された Webdav-O と呼ばれるウイルスについて、BlueTraveller トロイの木馬との間に類似点があると指摘されている。

Continue reading “ロシアの行政機関が中国の Webdav-O ウィルスに攻撃されている”

ランサムウェア攻撃への準備:リカバリーのための5つの Step

5 Critical Steps to Recover From a Ransomware Attack

2021/06/21 TheHackerNews — ビジネスを混乱させるハッカーたちが、悪意の活動で資金を得るための効果的なツールとして、ランサムウェアを利用するケースが増えている。サイバー・セキュリティ企業である Group-IB が、最近に実施した分析によると、ランサムウェアによる攻撃は 2020年に倍増しているが、Cybersecurity Ventures の予測によると、2021年には 11秒ごとにランサムウェア攻撃が発生するとのことだ。

Continue reading “ランサムウェア攻撃への準備:リカバリーのための5つの Step”