LockBit 3.0 Builder が流出:不満を持つ開発者の裏切りがもたらす大きな影響とは?

LockBit ransomware builder leaked online by “angry developer”

2022/09/21 BleepingComputer — ランサムウェア LockBit だが、不満を持つ開発者とされる人物から、最新の暗号化ソフトのビルドが流出されるという裏切り行為を受けているようだ。この6月に、LockBit ランサムウェアは、2ヶ月間にわたるテストの後に、コードネーム LockBit Black と呼ばれる暗号化装置の Ver 3.0 をリリースした。この新バージョンは、「ランサムウェアを再び偉大なものにする」ことを約束し、新しいアンチ解析機能や、ランサムウェアのバグバウンティ・プログラム、新たな強奪方法などを追加している。しかし、2人 (あるいは同一人物) の不満分子が、Twitter で LockBit 3.0 Builder を流出させるなど、LockBit の運営者は厄介な情報漏洩に見舞われているようだ。

Continue reading “LockBit 3.0 Builder が流出:不満を持つ開発者の裏切りがもたらす大きな影響とは?”

VMware/Microsoft 警告:アドウェアからランサムローダーへと進化する ChromeLoader

VMware, Microsoft warn of widespread Chromeloader malware attacks

2022/09/19 BleepingComputer — VMware と Microsoft の警告は、現在進行中で蔓延している ChromeLoader マルウェア・キャンペーンにより、悪意のブラウザ・エクステンションや、node-WebKit マルウェアが、場合によってはランサムウェアまでがドロップされるという、かなり危険な脅威が迫っているというものだ。ChromeLoader の感染は 2022 Q1 に急増しており、Red Canary の研究者たちは、マーケティングのアフィリエイトや広告詐欺に利用される、ブラウザ・ハイジャッカーの危険性について警鐘を鳴らしていた。

Continue reading “VMware/Microsoft 警告:アドウェアからランサムローダーへと進化する ChromeLoader”

Emotet 最新情報:RaaS グループ Quantum/BlackCat などが活用し始めている

Emotet Botnet Started Distributing Quantum and BlackCat Ransomware

2022/09/19 TheHackerNews — 2022年の Conti 撤退後の Emotet マルウェアだが、Quantum/BlackCat などのRansomware-as-a-Service  (RaaS) グループにより活用され始めていることが判明した。このマルウェア Emotet は、2014年にバンキング型トロイの木馬として始まった。その後の、度重なるアップデートにより、被害者のマシンに他のペイロードをダウンロードする機能を実装し、攻撃者による遠隔操作に対応するなど、きわめて強力な脅威へと変化している。

Continue reading “Emotet 最新情報:RaaS グループ Quantum/BlackCat などが活用し始めている”

QNAP NAS に大規模 DeadBolt キャンペーン:狙われる脆弱性 CVE-2022-27593

Thousands of QNAP NAS devices hit by DeadBolt ransomware (CVE-2022-27593)

2022/09/12 HelpNetSecurity — QNAP Systems は、同社の NAS デバイスのユーザーを標的とした、最新の DeadBolt ランサムウェア・キャンペーンと、攻撃者に悪用されている脆弱性 CVE-2022-27593 についての詳細情報を提供した。脆弱性 CVE-2022-27593 は、意図した制御範囲外のリソースへ向けて解決される、外部制御の参照に関するものであり、広く使用されている Photo Station アプリケーションに影響を及ぼすものである。

Continue reading “QNAP NAS に大規模 DeadBolt キャンペーン:狙われる脆弱性 CVE-2022-27593”

中規模リテール 422社の調査:2021年には 77% がランサムウェアの被害に遭った

Over Three-Quarters of Retailers Hit by Ransomware in 2021

2022/09/11 InfoSecurity — Sophos によると、世界の小売業の約 77%が、2021年にランサムウェアの被害に遭い、最も大きな被害を受けた業界にもなっている。セキュリティ・ベンダーである Sophos は、31カ国の中規模 (従業員数 100~5000人) である小売業者の回答者 422人を対象に、レポート The State of Ransomware in Retail 2022 を作成した。この数字は、2020年と比較して 75% という大幅な増加を示しており、全セクターの平均値よりも 11% 高く、小売業は2番目に大きな被害を受けた業界となった。

Continue reading “中規模リテール 422社の調査:2021年には 77% がランサムウェアの被害に遭った”

Bumblebee マルウェアはディスクに触れない:高度なスティルス性で侵害し続ける

Bumblebee malware adds post-exploitation tool for stealthy infections

2022/09/08 BleepingComputer — 新たに発見されたマルウェア・ローダー Bumblebee は、PowerSploit フレームワークを用いて、DLL ペイロードをメモリにステルス的に注入するものであり、野放し状態で感染を広げている。Bumblebee は4月に発見され、BazarLoader や TrickBot の背後にいると推測される、Conti シンジケートが組織するフィッシング・キャンペーンに関与している。

Continue reading “Bumblebee マルウェアはディスクに触れない:高度なスティルス性で侵害し続ける”

Cobalt Strike サーバに DDoS 攻撃:ロシアン・ランサムウェアを追撃するのは誰なのか?

Ransomware gang’s Cobalt Strike servers DDoSed with anti-Russia messages

2022/09/07 BleepingComputer — ランサムウェア・ギャングの元メンバーが運営する Cobalt Strike のサーバに、何者かが反ロシアのメッセージを流し込んで活動を妨害している。 最近のランサムウェアに関する動向だが、2022年5月に ContI は、内部インフラのシャットダウンを完了し、そのメンバーたちは Quantum/Hive/BlackCat といった他のランサムウェア・ギャングに分散していった。

Continue reading “Cobalt Strike サーバに DDoS 攻撃:ロシアン・ランサムウェアを追撃するのは誰なのか?”

Google TAG 警告:Conti ランサムウェアの元メンバーがウクライナを攻撃している

Google says former Conti ransomware members now attack Ukraine

2022/09/07 BleepingComputer — Google によると、サイバー犯罪組織 Conti の元メンバーの一部が、現在 UAC-0098 として追跡されている脅威グループに参加し、ウクライナの組織やヨーロッパの非政府組織 (NGO) を標的にしているという。UAC-0098 は、イニシャル・アクセス・ブローカーであり、企業ネットワーク内の侵害済みシステムへの、バンキング型トロイの木馬 IcedID を用いるアクセスを、ランサムウェア・グループに提供することで知られている。

Continue reading “Google TAG 警告:Conti ランサムウェアの元メンバーがウクライナを攻撃している”

InterContinental ホテルの予約システムに障害が発生:ランサムウェア攻撃が原因?

InterContinental Hotels Group cyberattack disrupts booking systems

2022/09/06 BleepingComputer — 大手ホスピタリティ企業の InterContinental Hotels Group PLC (IHG Hotels & Resorts) は、同社のネットワークが侵害され、昨日から IT システムに障害が発生していると発表した。IHG は英国の多国籍企業であり、現在 100ヶ国以上で 6,028軒のホテルを運営しており、1,800を超えるホテルの開発を進めている。そのブランドには、InterContinental/Regent/Six Senses/Crowne Plaza/Holiday Inn などの、ラグジュアリー/プレミアム/エッセンシャルなホテルチェーンが含まれている。

Continue reading “InterContinental ホテルの予約システムに障害が発生:ランサムウェア攻撃が原因?”

Trend Micro 調査:2022年上半期の Linux ランサムウェア攻撃は 75% 増

Ransomware attacks on Linux to surge

2022/09/05 HelpNetSecurity — Trend Micro の予測によると、今後の数年間で、Linux サーバーや組み込みシステムを標的にする、ランサムウェア・グループの攻撃が増えるとのことだ。 これらのシステムに対する攻撃は、2022年上半期において、前年比で2桁の増加を記録している。

Continue reading “Trend Micro 調査:2022年上半期の Linux ランサムウェア攻撃は 75% 増”

QNAP 対 Deadbolt:Photo Station のゼロデイ脆弱性を悪用する新たな攻撃

QNAP patches zero-day used in new Deadbolt ransomware attacks

2022/09/05 BleepingComputer — QNAP Photo Station のゼロデイ脆弱性を悪用する、土曜日から始まった新たな DeadBolt ランサムウェア攻撃について、顧客へ警告が発せられた。同社は、このセキュリティ脆弱性にパッチを適用したが、攻撃は今日も続いている。QNAP はセキュリティ通知において、「今日、QNAP は、セキュリティ脅威として DeadBolt ランサムウェアを検出した。この攻撃は、ダイレクトにインターネット接続されている QNAP NAS を暗号化するために、Photo Station の脆弱性を悪用している」と述べている。

Continue reading “QNAP 対 Deadbolt:Photo Station のゼロデイ脆弱性を悪用する新たな攻撃”

Microsoft Defender の誤検出:Chrome/Edge などを Win32/Hive.ZY と間違える

Microsoft Defender falsely detects Win32/Hive.ZY in Google Chrome, Electron apps

2022/09/04 BleepingComputer — Win32/Hive.ZY 誤検知の修正に必要な、Defender の更新バージョンなどの、記事の追加更新も末尾に追記されている— Microsoft Defender におけるシグネチャー更新の失敗により、Google Chrome/Microsoft Edge/Discord に加えて各種の Electron アプリが、Windows 上でオープンされるたびに、Win32/Hive.ZY として誤検出されている。

Continue reading “Microsoft Defender の誤検出:Chrome/Edge などを Win32/Hive.ZY と間違える”

Cisco をハッキングした Yanluowang:Evil Corp や Conti との関連性が見えてきた

Infra Used in Cisco Hack Also Targeted Workforce Management Solution

2022/09/01 TheHackerNews — 2022年5月に Cisco を標的とした攻撃のインフラは、その1カ月前の 2022年4月にも、無名のワークフォース管理ソリューション保有企業に対して、侵害に採用されたが未遂に終わっていた。この調査結果を公表したサイバーセキュリティ企業 eSentire は、この侵入が、Evil Corp のアフィリエイトで UNC2165 (mx1r) と呼ばれる、犯罪行為者の仕業である可能性を指摘している。

Continue reading “Cisco をハッキングした Yanluowang:Evil Corp や Conti との関連性が見えてきた”

LockBit の DDoS 宣言:防御力を高めて攻撃にも活用する三重恐喝の戦略とは?

LockBit ransomware gang gets aggressive with triple-extortion tactic

2022/08/28 BleepingComputer — ランサムウェア・ギャング LockBit は、分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃に対する防御を強化し、三重恐喝のレベルにまで、攻撃力を高めると発表した。先日に LockBit は、デジタル・セキュリティ大手 Entrust の代理人が行ったと噂される DDoS 攻撃を受け、リークサイトで公開したデータへのアクセスが不能になるという状況に陥った。

Continue reading “LockBit の DDoS 宣言:防御力を高めて攻撃にも活用する三重恐喝の戦略とは?”

Sliver Tookit という最新/最強の攻撃ツール:Cobalt Strike は過去の遺物に?

Hackers adopt Sliver toolkit as a Cobalt Strike alternative

2022/08/25 BleepingComputer — 脅威アクターたちの好みが、正規のペンテスト・スイートである Cobalt Strike から、あまり知られていない類似のフレームワークを使う方向へと変化している。Brute Ratel (Red Teaming Tool) のに続くものとして、Sliver と呼ばれるオープンソースのクロスプラットフォーム・キットが、魅力的な代替品になりつつありる。さらに、Sliver を悪用するアクティビティは、ツールキット/動作/コンポーネントなどの分析から導き出された、ハンティング・クエリから検出されている。

Continue reading “Sliver Tookit という最新/最強の攻撃ツール:Cobalt Strike は過去の遺物に?”

Microsoft が公表した MagicWeb:AD FS 侵害後に機能する APT29 の最新マルウェア

Microsoft Uncovers New Post-Compromise Malware Used by Nobelium Hackers

2022/08/25 TheHackerNews — SolarWinds サプライチェーン攻撃の背後にいる脅威アクターは、侵害した環境への持続的なアクセスを維持に関連し、また、さらに別の高度な標的型ポスト・エクスプロイト・マルウェアに関連していることが判明した。Microsoft の Threat Intelligence Team が MagicWeb と名付けた、この新しいマルウェアは、Nobelium の目的に応じて、機能を開発/維持するための取り組みであることが改めて示された。

Continue reading “Microsoft が公表した MagicWeb:AD FS 侵害後に機能する APT29 の最新マルウェア”

Tox P2P Messenger とクリプトマイナー:IPFS 上の C2 サーバとして重宝される

Crypto Miners Using Tox P2P Messenger as Command and Control Server

2022/08/24 TheHackerNews — 脅威アクターたちは、Tox P2P Messenger を Command and Control Server (C2) の手段として使用し始め、ランサムウェアの交渉のための連絡手段という、以前の役割を拡大しているようだ。Uptycs の調査結果では、ボットとして機能する ELF (Executable and Linkable Format) アーティファクト “72client” を分析し、侵入したホスト上で Tox プロトコルを用いてスクリプトを実行できることを明らかにした。

Continue reading “Tox P2P Messenger とクリプトマイナー:IPFS 上の C2 サーバとして重宝される”

LockBit のリークサイトが DDoS 攻撃でダウン:Entrust のデータ漏洩への対抗索か?

LockBit Ransomware Site Hit by DDoS Attack as Hackers Start Leaking Entrust Data

2022/08/23 SecurityWeek — ランサムウェア LockBit のリークサイトが、分散型サービス妨害 (DDoS) 攻撃によりオフラインになった。これは、LockBit が、セキュリティ企業である Entrust から盗んだデータを、公開したことに対抗して行われたと見られている。Entrust の情報漏えいは 6月18日に発見され、同社は 7月6日に顧客への通知を開始した。しかし、この侵害が明るみに出たのは、セキュリティ研究者が Entrust から顧客に送信された通知のコピーを発見した、7月21日のことだった。

Continue reading “LockBit のリークサイトが DDoS 攻撃でダウン:Entrust のデータ漏洩への対抗索か?”

Entrust 対 LockBit:セキュリティ大手 へのランサムウェア攻撃とリークをめぐる戦い

LockBit claims ransomware attack on security giant Entrust

2022/08/18 BleepingComputer — ランサムウェア・グループ LockBit が、2022年6月にデジタル・セキュリティ大手 Entrust に対して、サイバー攻撃を仕掛けたと主張している。2022年6月18日に Entrust がランサムウェア攻撃を受けたことは、BleepingComputer も7月に報じている。Entrust は、内部システムからデータが窃取されるサイバー攻撃を受けたと、6月上旬から顧客に伝えていた。

Continue reading “Entrust 対 LockBit:セキュリティ大手 へのランサムウェア攻撃とリークをめぐる戦い”

Clop ランサムウェアが英国の水道施設を攻撃:別会社を誤って恐喝して訂正

Hackers attack UK water supplier but extort wrong company

2022/08/16 BleepingComputer — 160万人の消費者に対して、3億3000万リットル/日の飲料水を供給している South Staffordshire Water が、サイバー攻撃と情報の混乱に関する声明を発表した。同社の発表によると、現時点で安全性は確保され、給水システムは稼働しており、子会社である Cambridge Water/South Staffs Water を含めて、安全な水の供給には支障がなく、システムも混乱していないとのことだ。

Continue reading “Clop ランサムウェアが英国の水道施設を攻撃:別会社を誤って恐喝して訂正”

Android バンキング型トロイの木馬 SOVA:新たな機能でターゲットを拡大

SOVA Android Banking Trojan Returns With New Capabilities and Targets

2022/08/15 TheHackerNews — Android バンキング型トロイの木馬 SOVA は、バンキング・アプリ/仮想通貨取引/ウォレットなどの、200以上のモバイルアプリを標的とするために、積極的にアップグレードが続けられている。そして、ターゲットとなるアプリの数は、開発当初の 90から増加している。

Continue reading “Android バンキング型トロイの木馬 SOVA:新たな機能でターゲットを拡大”

BEC を誘発するランサムウェア:恐喝で暴露された機密データが繰り返して悪用される

Cybercriminals Weaponizing Ransomware Data for BEC Attacks

2022/08/13 DarkReading — 攻撃を一度されると、何度でも被害に遭う。ダークウェブのデータ市場で、ランサムウェア攻撃中に流出したデータを驚異アクターたちは容易に見つけ出し、後続の攻撃に利用することができる。Accenture Cyber Threat Intelligence (ACTI) の最新分析によると、サイバー犯罪者や脅威アクターたちは、ランサムウェア攻撃から流出したデータを二次的に悪用し、ビジネスメール侵害 (BEC : Business Email Compromise) 攻撃を仕掛ける傾向が強まっているとのことだ。  

Continue reading “BEC を誘発するランサムウェア:恐喝で暴露された機密データが繰り返して悪用される”

Conti フラッシュバック:BazarCall による巧妙なフィッシング手口を分析する

Conti Cybercrime Cartel Using ‘BazarCall’ Phishing Attacks as Initial Attack Vector

2022/08/11 TheHackerNews — Conti サイバー犯罪カルテルの3つの分派が、標的ネットワークに侵入する際のイニシャル・アクセスの手段として、コールバック・フィッシングの手法を採用している。水曜日に発表したレポートにおいて、サイバー・セキュリティ企業である AdvIntel は、「それらの3つの自律的な脅威グループが、コールバック・フィッシングの手法から派生した、独自の標的型フィッシング戦術を開発/採用している」と述べている。

Continue reading “Conti フラッシュバック:BazarCall による巧妙なフィッシング手口を分析する”

Cisco をハッキングした Yanluowang ランサムウェア:2.8GB のファイルを公開

Cisco hacked by Yanluowang ransomware gang, 2.8GB allegedly stolen

2022/08/10 BleepingComputer — 今日の Cisco の発表によると、5月下旬にランサムウェア・グループ Yanluowang が同社の企業ネットワークを侵害し、盗み出したファイルをオンラインに流出させると、恐喝されているようだ。この攻撃者は、侵害した従業員のアカウントにリンクされた、Boxフォルダから機密性のないデータのみを採取し、盗み出したと、同社は述べている。

Continue reading “Cisco をハッキングした Yanluowang ランサムウェア:2.8GB のファイルを公開”

セブンイレブン@デンマークが全店舗営業停止:サイバー攻撃を受けたのか?

7-Eleven stores in Denmark closed due to a cyberattack

2022/08/08 BleepingComputer — 今日、デンマークのセブンイレブンにおいて、サイバー攻撃による店舗の決済/レジシステムの障害が発生し、全店舗が営業停止となった。同社は、8月8日の早朝に発生したこの障害は、ハッカーの攻撃を受けた可能性が高いと Facebook に投稿している。

Continue reading “セブンイレブン@デンマークが全店舗営業停止:サイバー攻撃を受けたのか?”

英国民保健サービス NHS が機能停止:Managed Service Provider への攻撃が原因

UK NHS suffers outage after cyberattack on managed service provider

2022/08/05 BleepingComputer — 英国の National Health Service (NHS) 111 救急サービスは、英国の Managed Service Provider (MSP) である Advanced のシステムを襲ったサイバー攻撃による、大規模かつ継続的な障害の打撃を受けている。同組織のステータス・ページによると、NHS 111 サービスの 85%で使用されている Advanced のクライアント患者管理ソリューション Adastra が、MSP が提供する他のいくつかのサービスとともに、大規模な障害に見舞われているとのことだ。

Continue reading “英国民保健サービス NHS が機能停止:Managed Service Provider への攻撃が原因”

Dark Utilities という C2-as-a-Service が登場:すでに 3,000人のサブスクライバーを獲得

Thousands of hackers flock to ‘Dark Utilities’ C2-as-a-Service

2022/08/04 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちが、サイバー犯罪者が悪意の作戦で使用する Command and Control (C2) センターを、簡単かつ安価に設置できる Dark Utilities という新たなサービスを発見した。Dark Utilities とは、Windows/Linux/Python ベースのペイロードをサポートするプラットフォームを脅威アクターに提供し、C2 通信路の実装に関連する労力を不要にするサービスである。

Continue reading “Dark Utilities という C2-as-a-Service が登場:すでに 3,000人のサブスクライバーを獲得”

ドイツ商工会議所連合会 (DIHK) で大規模なサイバー攻撃が発生:ランサムウェアの可能性は?

German Chambers of Industry and Commerce hit by ‘massive’ cyberattack

2022/08/04 BleepingComputer — ドイツ商工会議所連合会 (DIHK:Association of German Chambers of Industry and Commerce) に対するサイバー攻撃が発生し、すべての IT システムを停止に追い込まれ、デジタルサービス/電子メールサーバ/電話などが停止する事態に陥った。DIHK は、ドイツ国内の企業を代表する 79の商工会議所の連合体であり、国内の小規模な商店から大企業まで、300万人を超える会員を擁している。

Continue reading “ドイツ商工会議所連合会 (DIHK) で大規模なサイバー攻撃が発生:ランサムウェアの可能性は?”

BlackCat の犯行声明:天然ガスパイプライン Creos から 150GB のデータを奪った

BlackCat ransomware claims attack on European gas pipeline

2022/08/01 BleepingComputer — BlackCat とも呼ばれるランサムウェア・ギャング ALPHV は、先週に、天然ガスパイプラインと電力ネットワークを中央ヨーロッパで運営する、Creos Luxembourg S.A. に対してサイバー攻撃を行ったと主張している。Creos のオーナーであり、EU5カ国でエネルギー供給事業を展開する Encevo は、7月22日〜23日にかけてサイバー攻撃を受けたと、7月25日に発表した。

Continue reading “BlackCat の犯行声明:天然ガスパイプライン Creos から 150GB のデータを奪った”

LockBit の新戦術:Windows Defender を悪用して Cobalt Strike をロードする経路を発見

LockBit operator abuses Windows Defender to load Cobalt Strike

2022/07/29 BleepingComputer — ランサムウェア LockBit 3.0 に関連する脅威アクターたちは、Windows Defender のコマンドライン・ツールを悪用して、感染させたシステムに Cobalt Strike Beacon をロードし、セキュリティ・ソフトウェアによる検出を回避していることが明らかになった。Cobalt Strike は、正規のペンテスト・スイートだが、その広範な機能は脅威アクターたちに好まれ、ネットワークでの偵察と横方向の移動をステルスで実行した後に、データを盗んで暗号化するために使用されている。

Continue reading “LockBit の新戦術:Windows Defender を悪用して Cobalt Strike をロードする経路を発見”

IBM 調査:データ侵害が生み出す1件あたりのコストが史上最高の $4.35 M に達する

The global average cost of a data breach reaches an all-time high of $4.35 million

2022/07/27 HelpNetSecurity — IBM Security がリリースした 2022 Cost of a Data Breach Report より、これまで以上にコストが高く、影響が大きいデータ侵害が発生し、調査対象組織におけるデータ侵害の平均コストは、過去最高の $4.35 million であることが判明した。

Continue reading “IBM 調査:データ侵害が生み出す1件あたりのコストが史上最高の $4.35 M に達する”

LockBit 3.0 と BlackMatter の関係を分析:専門家たちが指摘する類似点とは?

Experts Find Similarities Between New LockBit 3.0 and BlackMatter Ransomware

2022/07/27 TheHackerNews — サイバー・セキュリティ研究者たちは、ランサムウェア LockBit の最新版と、2021年11月に消えたランサムウェア DarkSide のリブランド版 BlackMatter との類似性を、あらためて指摘している。LockBit 3.0(LockBit Black) と呼ばれる新バージョンは、2022年6月にリリースされ、暗号通貨の支払いオプションとして Zcash を追加し、新しいリークサイトとバウンティプログラムを立ち上げた。

Continue reading “LockBit 3.0 と BlackMatter の関係を分析:専門家たちが指摘する類似点とは?”

Windows 11 RDP セキュリティ強化:ブルートフォース攻撃に対するデフォルト保護機能の追加

Microsoft Adds Default Protection Against RDP Brute-Force Attacks in Windows 11

2022/07/25 TheHackerNews — Microsoft は Windows 11 の最新ビルドの一部において、Remote Desktop Protocol (RDP) ブルートフォース攻撃防止の措置を講じることで、進化する脅威に対するセキュリティ水準を高めようとしている。この措置により、Windows 11 ビルド (特に Insider Preview ビルド 22528.1000 以降) のデフォルト・ポリシーでは、無効なサインインを 10 回試行すると、アカウントが自動的に 10 分間ロックされるようになる。

Continue reading “Windows 11 RDP セキュリティ強化:ブルートフォース攻撃に対するデフォルト保護機能の追加”

Entrust にランサムウェア攻撃が発生:ダークウェブでイニシャル・アクセスを取得か?

Digital security giant Entrust breached by ransomware gang

2022/07/22 BleepingComputer — デジタル・セキュリティ大手の Entrust だが、脅威アクターによる同社ネットワークへの侵害が生じ、内部システムからデータを盗み出されるという、サイバー攻撃を受けたことを認めた。Entrust は、オンラインの信頼性と ID 管理に特化したセキュリティ企業であり、暗号化通信/セキュア・デジタル決済/ID 発行ソリューションなどの、幅広いサービスを提供している。

Continue reading “Entrust にランサムウェア攻撃が発生:ダークウェブでイニシャル・アクセスを取得か?”

Luna という Rust ベースのランサムウェアが登場:Windows/Linux/ESXi システムを狙う

New Rust-based Ransomware Family Targets Windows, Linux, and ESXi Systems

2022/07/20 TheHackerNews — Kaspersky のセキュリティ研究者たちは、Rust で書かれた、全く新しいランサムウェアである Luna の詳細を公開した。これは、BlackCat/Hive に続いて、このプログラミング言語を使用する3番目のマルウェアとなる。Luna は、非常にシンプルであり、Windows/Linux/ESXi システム上で動作し、Curve25519/AES を組み合わせて暗号化を行う。

Continue reading “Luna という Rust ベースのランサムウェアが登場:Windows/Linux/ESXi システムを狙う”

Google Play に新たな Data Safety セクションが登場:App Permissions の削除は妥当なのか?

Google Removes “App Permissions” List from Play Store for New “Data Safety” Section

2022/07/15 TheHackerNews — Google は、Play ストアで Android アプリの Data Safety セクションを開始したのに続き、モバイル/Web のアプリの両方から、App Permissions セクションを削除する準備を進めているようだ。これは、今週の初めに、 Esper の Mishaal Rahman により言及されたものだ。

Continue reading “Google Play に新たな Data Safety セクションが登場:App Permissions の削除は妥当なのか?”

Log4j ソフトウェア攻撃はエンデミックへ向かう:ただし完全な消滅には 10年を要する

Log4j Software Flaw ‘Endemic,’ New Cyber Safety Panel Says

2022/07/14 SecurityWeek — ジョー・バイデン大統領が設立した、新しい Cyber Safety Review Board によると、昨年に発見された、どこにでもあるソフトウェアに存在する脆弱性は、潜在的に 10年以上にわたってセキュリティ・リスクをもたらす風土病のようなものになるという。木曜日の報告書で、このサイバー安全審査委員会は、Log4j の脆弱性 CVE-2021-44228 による大規模なサイバー攻撃の兆候はないが、今後の数年間は悪用され続けるだろうと述べている。

Continue reading “Log4j ソフトウェア攻撃はエンデミックへ向かう:ただし完全な消滅には 10年を要する”

ランサムウェアとデータ侵害:2022年 Q2 の減少を分析してみた

Data Breaches Linked to Ransomware Declined in Q2 2022

2022/07/14 DarkReading — Identity Theft Resource Center の新しいデータ分析 First Half 2022 Data Breach Analysis によると、データ侵害につながるランサムウェア攻撃は、2022年 Q1 と Q2 を比較すると 20% 減少している。この ITRC のレポートは、「セキュリティ研究者たちは、ランサムウェア攻撃の減少は、ウクライナで進行中の紛争や。サイバー犯罪者が好む暗号通貨の崩壊といった、複合的な要因によるものと考えられる。このようなトレンドは、大規模な侵害や小規模な侵害が発生すれば、すぐに修正される可能性がある」と指摘している。

Continue reading “ランサムウェアとデータ侵害:2022年 Q2 の減少を分析してみた”

BlackCat ランサムウェアが Bandai Namco を攻撃:顧客情報の漏えいなどを調査中

Bandai Namco confirms hack after ALPHV ransomware data leak threat

2022/07/13 BleepingComputer — ゲーム・パブリッシング大手の Bandai Namco は、顧客の個人情報が盗まれる可能性のある、サイバー攻撃を受けたことを認めた。Bandai Namco は、Elden Ring/Dark Souls/Pac-Man/Tekken/Gundam/Soulcalibur などの、数多くの人気ビデオゲームを手がける日本のパブリッシャーである。この月曜日に、BlackCat ランサムウェア (別名 AlphV) が、 Bandai Namco のネットワークに侵入し、一連の攻撃の最中に、同社の企業データを盗んだと主張している。

Continue reading “BlackCat ランサムウェアが Bandai Namco を攻撃:顧客情報の漏えいなどを調査中”

LockBit ランサムウェアの進化:Ngrok 悪用や Neshta 感染などの新たな手法とは?

Evolution of the LockBit Ransomware operation relies on new techniques

2022/07/09 SecurityAffairs — Cybereason の Global Security Operations Center (GSOC) Team は、脅威の状況を調査し、その攻撃を軽減するための推奨事項を提供する、Cybereason Threat Analysis Reports を発表した。ランサムウェア Lockbit の進化に着目する研究者たちは、全く異なる時期に発生した2つの感染について詳述し、そのオペレーションにおける進化の状況を浮き彫りにしている。

Continue reading “LockBit ランサムウェアの進化:Ngrok 悪用や Neshta 感染などの新たな手法とは?”

Trickbot のシステマチックな活動:ロシアによるウクライナ攻撃で観測

Russian Cybercrime Trickbot Group is systematically attacking Ukraine

2022/07/08 SecurityAffairs — IBM の研究者たちは、ロシアを拠点とするサイバー犯罪者 Trickbot グループ (別名 Wizard Spider/DEV-0193/ITG23) が、ウクライナ侵攻以来、組織的に攻撃を続けてきたことを示す証拠を収集した。また、2022年2月以降においては、Conti ランサムウェア・グループが TrickBot マルウェアの運用を引き継ぎ、さらに BazarBackdoor マルウェアへと置き換えることを計画していた。

Continue reading “Trickbot のシステマチックな活動:ロシアによるウクライナ攻撃で観測”

QNAP 警告:新しいランサムウェア Checkmate が NAS を標的にしている

QNAP warns of new Checkmate ransomware targeting NAS devices

2022/07/07 BleepingComputer — NAS (Network-attached storage) ベンダーである QNAP が、データ暗号化のランサムウェア Checkmate の攻撃からデバイスを保護するよう、顧客に対してアドバイザリを公開した。このアドバイザリによると、Checkmate の攻撃は、SMB サービスが有効なインターネットに露出した QNAP デバイスと、ブルートフォース攻撃で簡単に解読できる、脆弱なパスワードのアカウントに集中しているとのことだ。

Continue reading “QNAP 警告:新しいランサムウェア Checkmate が NAS を標的にしている”

Hive RaaS が Rust にアップグレード:より洗練された暗号化方式が実装されている

Hive Ransomware Upgrades to Rust for More Sophisticated Encryption Method

2022/07/06 TheHackerNews — Ransomware-as-a-Service (RaaS) Hive のオペレーターたちが、Hive の構成を全面的に見直し、記述言語を GoLang から Rust へと移行し、より洗練された暗号化方式を採用し始めた。火曜日のレポートで Microsoft Threat Intelligence Center (MSTIC) は、「Hive は、複数の大規模なアップグレードを伴う最新の亜種で、最も急速に進化するランサムウェア・ファミリーの1つであることも証明しており、絶えず変化するランサムウェアのエコシステムを実証している」と述べている。

Continue reading “Hive RaaS が Rust にアップグレード:より洗練された暗号化方式が実装されている”

AMD から 450GB のデータが盗まれた:RansomHouse というギャングが犯行声明

AMD investigates RansomHouse hack claims, theft of 450GB data

2022/06/28 BleepingComputer — 半導体大手の AMD は、昨年に RansomHouse ギャングが、同社から 450GB のデータを盗んだと主張していることを受けて、このサイバー攻撃を調査していると発表した。RansomHouse は、企業ネットワークに侵入してデータを盗み出し、データを公開すると脅し、他の脅威アクターに販売すると脅すことで、身代金の支払いを要求するデータ強奪グループである。

Continue reading “AMD から 450GB のデータが盗まれた:RansomHouse というギャングが犯行声明”

LockBit 3.0 が導入したバグバウンティ:情報の内容に応じて $1000〜 $1 million が支払われる

LockBit 3.0 introduces the first ransomware bug bounty program

2022/06/27 BleepingComputer — ランサムウェア・オペレーターである LockBit は、新たに LockBit 3.0 をリリースし、ランサムウェアとしては初めてのバグバウンティ・プログラムを導入し、新たな強奪戦術と Zcash 暗号通貨の支払いオプションについてもリークした。このランサムウェアは 2019年に立ち上げられた後に、最も多発するランサムウェアに成長し、2022年5月には全ランサムウェア攻撃の 40% を占めるまでに至った。

Continue reading “LockBit 3.0 が導入したバグバウンティ:情報の内容に応じて $1000〜 $1 million が支払われる”

Conti がデータ漏洩と交渉のサイトを閉鎖:サイバー犯罪シンジケートとして活動を継続?

Conti ransomware finally shuts down data leak, negotiation sites

2022/06/24 BleepingComputer — Conti ランサムウェア・オペレーターは、データを漏洩させ、被害者と交渉するために使用されていた、Tor サーバで構成されるパブリックなインフラをついに閉鎖し、悪名高いサイバ犯罪ブランドとしての幕を閉じた。脅威情報アナリストの Ido Cohen によると、Conti のサーバーは水曜日にシャットダウンされており、現時点においてもオフラインであることを、BleepingComputer も確認している。

Continue reading “Conti がデータ漏洩と交渉のサイトを閉鎖:サイバー犯罪シンジケートとして活動を継続?”

CISA と CGCYBER の Log4Shell 共同勧告:依然として VMware Server はハッキング対象

CISA: Log4Shell exploits still being used to hack VMware servers

2022/06/23 BleepingComputer — 今日の CISA 警告は、Log4Shell のリモート・コード実行の脆弱性  CVE-2021-44228 が、国家を後ろ盾とするハッキング・グループなどの脅威アクターに悪用されており、VMware Horizon/Unified Access Gateway(UAG)サーバーが依然として標的にされているというものだ。攻撃者たちは、ローカルまたはインターネットにアクセスできる脆弱なサーバー上で、 Log4Shell をリモートがら悪用することで、機密データが保存される内部システムへのアクセスを獲得するまで、ネットワーク上の水平移動が可能になる。

Continue reading “CISA と CGCYBER の Log4Shell 共同勧告:依然として VMware Server はハッキング対象”

Conti 解体新書:研究開発部/人事部を有するグローバル RaaS 産業に成長

Conti effectively created an extortion-oriented IT company, says Group-IB

2022/06/23 HelpNetSecurity — Group-IB の最新レポートによると、ランサムウェア・グループ Conti は、わずか1か月ほどで世界中の 40以上の企業を侵害し、最速の攻撃は3日で完了しているという。このレポートは、頻発するランサムウェア攻撃において、最も活発な組織 Conti の仕組みを詳述している。Conti は、この2年間で、企業/政府機関/国全体 (コスタリカ) を含む 850以上の被害者を生み出している。

Continue reading “Conti 解体新書:研究開発部/人事部を有するグローバル RaaS 産業に成長”