YouTube ユーザーが標的:RedLine という自己増殖型のスティーラーは危険だ!

YouTube Users Targeted By RedLine Self-Spreading Stealer

2022/09/15 InfoSecurity — RedLine スティーラーを用いる脅威アクーたちが、YouTube ユーザーをターゲットにしたキャンペーンを実施している。今日の未明に Kaspersky のサイバー・セキュリティ研究者たちが、このキャンペーンに関するアドバイザリを発表した。その一方で Oleg Kupreev は、「2020年3月に発見された RedLine は、ブラウザ/FTP クライアント/デスクトップ・メッセンジャーなどから、パスワードや認証情報を盗むために使われる最も一般的なトロイの木馬の1つだ。

Continue reading “YouTube ユーザーが標的:RedLine という自己増殖型のスティーラーは危険だ!”

ShadowPad ハッカー集団:アジア各国の政府組織をターゲットにしている

ShadowPad-Associated Hackers Targeted Asian Governments

2022/09/13 InfoSecurity — リモートアクセス型トロイの木馬 (RAT) である ShadowPad だが、以前から関連していた脅威グループが新たなツールセットを採用し、アジア各国の政府機関や国営企業に対してキャンペーンを展開している。 このニュースは、9月13日の未明に Symantec の Threat Hunter Team が発表した、脅威に関する新たなアドバイザリがソースとなっている。

Continue reading “ShadowPad ハッカー集団:アジア各国の政府組織をターゲットにしている”

Minecraft に潜む大量のマルウェア:脅威アクターたちがゲーム環境を好む理由とは?

Minecraft is hackers’ favorite game title for hiding malware

2022/09/06 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちが気づいたのは、サイバー犯罪者に最も酷使されているゲームタイトルが Minecraft であり、それを使って無防備なプレイヤーを誘い出し、マルウェアをインストールさせているという実態である。2021年7月〜2022年7月に Kaspersky が収集した統計データによると、ゲームブランドの悪用により拡散する悪質ファイルのうち、Minecraft 関連ファイルが 25%を占め、それ以降に FIFA (11%)/Roblox (9.5%)/Far Cry (9.4%)/Call of Duty (9%) と続いている。

Continue reading “Minecraft に潜む大量のマルウェア:脅威アクターたちがゲーム環境を好む理由とは?”

PyPI のセキュリティ対策:人気パッケージの3分の1を誤検知するスキャナーに苦慮

One-Third of Popular PyPI Packages Mistakenly Flagged as Malicious

2022/08/24 DarkReading — オープンソース・コードのリポジトリ Python Package Index (PyPI) で、悪意のパッケージを検知するスキャナーが、かなりの数の誤報を生成していたことが、研究者たちにより明らかにされた。PyPI とは、Python で記述されたアプリケーションが使用する、ソフトウェア・コンポーネントのメイン・リポジトリのことである。Chainguard の分析によると、そのスキャナーにより、悪意のパッケージの 59% が検出されるが、人気のある正規 Python パッケージの3分の1に対して、また、ランダムに選択されたパッケージの 15% に対して、悪意の判定フラグを立ててしまうことが判明した。

Continue reading “PyPI のセキュリティ対策:人気パッケージの3分の1を誤検知するスキャナーに苦慮”

Kaspersky 調査:Web ブラウザ・エクステンション 700万に潜む悪意のアドウェア

Malicious browser extensions targeted almost 7 million people

2022/08/16 BleepingComputer — 2020年以降において、約700万人のユーザーの Web ブラウザに、悪意のエクステンションがインストールされているが、そのうちの 70% が不正な広告でユーザーを狙うアドウェアとして使用されるものだ。2022年上半期においても、Web ブラウザの悪意のエクステンションが運び込む、一般的なペイロードはアドウェア・ファミリーに属し、ブラウジング・アクティビティを盗聴し、アフィリエイト・リンクを宣伝するものだった。

Continue reading “Kaspersky 調査:Web ブラウザ・エクステンション 700万に潜む悪意のアドウェア”

2022年 Q2 のサイバー攻撃を分析:Microsoft の古い脆弱性が最も多く狙われた

Most Q2 Attacks Targeted Old Microsoft Vulnerabilities

2022/08/16 DarkReading — 2021年9月にパッチが適用された、Microsoft の MSHTML ブラウザエンジンに存在するリモートコード実行の脆弱性だが、それを狙った攻撃が 2022年 Q2 に急増したことが、Kaspersky の分析により判明した。Kaspersky の研究者たちは、この脆弱性 CVE-2021-40444 を狙った攻撃は、少なくとも 4886件を数え、2022年 Q1 に比べて8倍に増加したという。 この脆弱性に対する敵対者の関心が継続しているのは、悪用が容易であるためだと、同社は分析している。

Continue reading “2022年 Q2 のサイバー攻撃を分析:Microsoft の古い脆弱性が最も多く狙われた”

PyPI に仕込まれた悪意の Python ライブラリ 10件:認証情報や個人情報などを窃取

10 Credential Stealing Python Libraries Found on PyPI Repository

2022/08/09 TheHackerNews — Python Package Index (PyPI) から、パスワードや API トークンなどの重要なデータを取得する、10件の悪意のパッケージが削除された。イスラエルのサイバー・セキュリティ企業である Check Point は、月曜日の報告書で、「これらのパッケージは、攻撃者による悪意のツールのインストールを実行し、開発者の個人データや個人情報を盗むことを可能にする情」と述べている。

Continue reading “PyPI に仕込まれた悪意の Python ライブラリ 10件:認証情報や個人情報などを窃取”

Microsoft 警告:IIS エクステンションを悪用する Exchange バックドアが増えている

Microsoft: IIS extensions increasingly used as Exchange backdoors

2022/07/26 BleepingComputer — Microsoft によると、IIS Web サーバーを狙う悪意のエクステンションは、Web シェルと比較して検出率が低いため、パッチの適用されていない Exchange サーバーをバックドアにしようとする攻撃者にとって、格好の標的になりつつあるようだ。これらの悪意のエクステンションは、侵害されたサーバーの奥深くに隠されており、多くの場合において、正規のモジュールと同じ場所にインストールされ、同じ構造を使用している。したがって、検出が非常に難しく、攻撃者に対して完全な永続化メカニズムを提供してしまう。

Continue reading “Microsoft 警告:IIS エクステンションを悪用する Exchange バックドアが増えている”

Luna という Rust ベースのランサムウェアが登場:Windows/Linux/ESXi システムを狙う

New Rust-based Ransomware Family Targets Windows, Linux, and ESXi Systems

2022/07/20 TheHackerNews — Kaspersky のセキュリティ研究者たちは、Rust で書かれた、全く新しいランサムウェアである Luna の詳細を公開した。これは、BlackCat/Hive に続いて、このプログラミング言語を使用する3番目のマルウェアとなる。Luna は、非常にシンプルであり、Windows/Linux/ESXi システム上で動作し、Curve25519/AES を組み合わせて暗号化を行う。

Continue reading “Luna という Rust ベースのランサムウェアが登場:Windows/Linux/ESXi システムを狙う”

サイバー保険を考える:ランサムウェアが引き上げる保険料と予測不能な未来

Ransomware Scourge Drives Price Hikes in Cyber Insurance

2022/07/12 DarkReading — ランサムウェア攻撃がもたらすコスト上昇により、英国/米国でサイバー保険の保険料が大幅に上昇していることが、新しいデータで明らかになった。米国では、過去2年間の平均支払額が $3.5 million を超えており、顧客のセキュリティ指標や対策に直接アクセスしたいと考える、サイバー・セキュリティ保険会社が増えているようだ。サイバー保険業界の現状に関する Panaseer のレポートによると、このような方式の採用により、セキュリティ管理の状況を証明しやすくなるという。

Continue reading “サイバー保険を考える:ランサムウェアが引き上げる保険料と予測不能な未来”

SessionManager バックドアの発見:Microsoft IIS サーバへの攻撃で採用

SessionManager Backdoor employed in attacks on Microsoft IIS servers worldwide

2022/07/01 SecurityAffairs — Kaspersky Lab の研究者たちは、2021年3月以降に発生した Microsoft IIS Servers 標的の攻撃で採用された、新しい SessionManager バックドアを発見した。Kaspersky が公開した分析結果は、「2022年初頭に、私達は IIS バックドアの1つである SessionManager を調査した。そして、2022年4月下旬の時点で、私たちが特定したサンプルの大半に対して、一般的なオンライン・ファイルスキャン・サービスは悪意のフラグを立てていない状況だった。また、SessionManager は、依然として 20以上の組織に展開されていた。IIS モジュールをバックドアとして導入する脅威アクターは、標的組織の IT インフラへの永続的かつ耐更新性のある、スティルス性のあるアクセスを維持できる」と述べている。

Continue reading “SessionManager バックドアの発見:Microsoft IIS サーバへの攻撃で採用”

Exchange の ProxyLogon と中国支援の APT:Building Automation System を攻撃

China-Backed APT Pwns Building-Automation Systems with ProxyLogon

2022/06/29 DarkReading — これまで未知とされてきた中国語圏の高度持続的脅威 (APT) アクターが、Microsoft Exchange の脆弱性 ProxyLogon を悪用してマルウェア ShadowPad を展開している。その最終目標は、ビルオートメーション・システム (BAS:Building Automation System) を乗っ取り、ネットワークに深く侵入することだと、研究者たちは述べている。

Continue reading “Exchange の ProxyLogon と中国支援の APT:Building Automation System を攻撃”

Adobe Acrobat の問題:アンチ・ウィルス製品による PDF ファイル・モニタリングをブロック?

Adobe Acrobat may block antivirus tools from monitoring PDF files

2022/06/21 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちは、Adobe Acrobat がアンチウィルス・ソフトウェアをブロックし、PDF ファイルをオープンする際の、セキュリティ的な可視化を拒否していることを発見し、ユーザーにリスクを生じさせることを明らかにした。Adobe の製品は、30 種類のセキュリティ製品のコンポーネントの、プロセスへのロードの有無をチェックしており、また、それらをブロックすることで、悪意のアクティビティ監視を本質的に拒否している。

Continue reading “Adobe Acrobat の問題:アンチ・ウィルス製品による PDF ファイル・モニタリングをブロック?”

Trend Micro の DLL ハイジャック脆弱性が FIX:中国の APT による悪用が生じていた?

Trend Micro fixes bug Chinese hackers exploited for espionage

2022/05/24 BleepingComputer — Trend Micro が発表した内容は、中国の脅威グループが不正な DLL をサイドロードし、マルウェアを展開するために使用した、Trend Micro Security の DLL ハイジャック脆弱性に対するパッチ適用についてである。5月上旬に Sentinel Labs が明らかにしたように、Windows 上で動作するセキュリティ製品の高権限を悪用する攻撃者は、悪意を持って細工した独自の DLL をメモリ上にロードし、権限昇格とコードの実行を可能にしていたようだ。

Continue reading “Trend Micro の DLL ハイジャック脆弱性が FIX:中国の APT による悪用が生じていた?”

Windows PrintNightmare は生きている:2022年に入ってから 31,000件の攻撃を観測

Windows Print Spooler Vulnerabilities Increasingly Exploited in Attacks

2022/05/11 SecurityWeek — サイバー・セキュリティ企業の Kaspersky によると、Windows Print Spooler の脆弱性を狙う攻撃が増加しているとのことだ。この、PrintNightmare と呼ばれる Windows Print Spooler の脆弱性は、2021年6月末に初めて公開され、約1週間後には Microsoft が緊急パッチを提供している。2021年8月に Microsoft は、Windows Print Spooler ユーティリティに対する新しいパッチセットをリリースしたたが、その数日後には別の PrintNightmare バグの存在を確認することになった。

Continue reading “Windows PrintNightmare は生きている:2022年に入ってから 31,000件の攻撃を観測”

新たなマルウェアを検出:Windows イベントログにシェルコードを隠す高度なスティルス性

Malware campaign hides a shellcode into Windows event logs

2022/05/07 SecurityAffairs — 2022年2月に Kaspersky の研究者たちは、Windows イベント ログにシェルコードを隠すという、新しいテクニックを用いた悪意のキャンペーンを発見した。このテクニックにより、ファイル無しのトロイの木馬を隠すことが可能となる。また、専門家たちは、Event Tracing (ETW) と Anti-Malware Scan Interface (AMSI) に関連する、Windows ネイティブ API 関数にパッチを当てることで、その Dropper モジュールも検出を避けていたことに気づいた。

Continue reading “新たなマルウェアを検出:Windows イベントログにシェルコードを隠す高度なスティルス性”

Cloudflare を襲った史上最大の HTTPS DDoS:1530万 RPS を防ぎ切った

Cloudflare Thwarts Record DDoS Attack Peaking at 15 Million Requests Per Second

2022/04/27 TheHackerNews — 水曜日に Cloudflare は、1530万リクエスト/秒 (RPS) の分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃を緩和するために行動したと明らかにした。この、Web インフラと Web サイト・セキュリティの企業は、この攻撃を “史上最大の HTTPS DDoS 攻撃 ” の1つだと呼んでいる。Cloudflare の Omer Yoachimik と Julien Desgats は、「HTTPS DDoS 攻撃では、安全な TLS 暗号化接続の確立コストが高いため、必要な計算機リソースの面で高価になる。そのため、攻撃を仕掛ける側も、攻撃を軽減する側も、より多くのコストが掛かる」と述べている。

Continue reading “Cloudflare を襲った史上最大の HTTPS DDoS:1530万 RPS を防ぎ切った”

Emotet の 64 Bit 版が登場:悪意のメールは 10倍増:AV ソフトの検出は 32 Bit のみ?

Emotet botnet switches to 64-bit modules, increases activity

2022/04/19 BleepingComputer — Emotet マルウェアの配布が急増しているが、現時点のアンチウイルス・エンジンでは少量のみが検出されている、新しいペイロードに間もなく切り替わる可能性もある。2022年3月のことだが、このボットネットを追跡するセキュリティ研究者が、悪意のペイロードを含む電子メールの量が、10倍に増加したことを観察している。Emotet は、ホスト上で持続性をキープし自己増殖する、モジュール型トロイの木馬である。

Continue reading “Emotet の 64 Bit 版が登場:悪意のメールは 10倍増:AV ソフトの検出は 32 Bit のみ?”

BlackCat ランサムウェアが石油/ガス/鉱山/建設をターゲットにしている証拠とは?

BlackCat Ransomware Targets Industrial Companies

2022/04/07 SecurityWeek — BlackCat/ALPHV/Noberus として追跡されているランサムウェア・グループが使用するデータ窃取ツールを分析すると、このサイバー犯罪者が製造業ををターゲットにすることに、強い関心を持っていることが示唆される。2021年11月に BlackCat は 出現し、Ransomware-as-a-Service (RaaS) モデルを利用することで、米国などの組織を標的にしてきた。

Continue reading “BlackCat ランサムウェアが石油/ガス/鉱山/建設をターゲットにしている証拠とは?”

ロシアのインターネットにサービス停止の危機:深刻な機材と人材の不足

Russia facing internet outages due to equipment shortage

2022/03/28 BleepingComputer — ロシア最大の企業家組合である RSPP Commission for Communications and IT は、通信機器の不足を原因とする、大規模なインターネット・サービス停止が間近に迫っていると警告している。同委員会は、ロシアの通信業界が直面している、現実的な課題を反映した文書を作成し、それを軽減するための具体的な提案も行っている。この文書を見たロシアのメディアは、同委員会は、通信事業者の機器の備蓄があと半年しか持たないことを強調しており、その警告は悲惨なものであると述べている。

Continue reading “ロシアのインターネットにサービス停止の危機:深刻な機材と人材の不足”

Kaspersky が FCC の禁止リストに追加:Huawei や ZTE と同じクラスに分類

Kaspersky added to FCC list that bans Huawei, ZTE from US networks

2022/03/25 CyberScoop — 金曜日に連邦通信委員会 (FCC) は、ロシアに本拠を置くサイバー・セキュリティ大手 Kaspersky を、米国の国家安全保障にとって受け入れがたいリスクをもたらす企業の、対象リストに追加した。この決定により、実質的に Kaspersky は、このリストが始まった 2021年に最初にリストに追加された、中国の通信ハードウェア・メーカーである Huawei や ZTE と同じクラスに入ることになる。

Continue reading “Kaspersky が FCC の禁止リストに追加:Huawei や ZTE と同じクラスに分類”

Phishing Kit を解説:検出を回避する手口と延命のための悪知恵とは?

Phishing kits constantly evolve to evade security software

2022/03/24 BleepingComputer — サイバー犯罪フォーラムで販売されている最新の Phishing Kit は、インターネット・セキュリティ・ソリューションが脅威として認識しないように、複数の高度な検知回避システムとトラフィック・フィルタリング・システムを備えている。有名ブランドを模倣した偽 Web サイトは、インターネット上に数多く存在し、被害者を誘い出し、支払詳細やアカウント情報を盗み出す。これらの偽 Web サイトの多くは、ブランドのロゴやリアルなログ・インページを提供するが、基本的な要素から組み立てられた動的な Web ページなどを特徴とする、高度な Phishing Kit も存在する。

Continue reading “Phishing Kit を解説:検出を回避する手口と延命のための悪知恵とは?”

SolarWinds 攻撃と新たなマルウェア:長期間の潜伏を可能にする手法とは?

New Malware Used by SolarWinds Attackers Went Undetected for Years

2022/02/02 TheHackerNews — SolarWinds サプライチェーン侵害の背後にいる脅威アクターは、この攻撃に新しいツールやテクニックを投入し、2019年からマルウェアを強化し続けることで、とらえどころのない性質を持つキャンペーンに成長し、何年もアクセスを維持する敵対者の能力を示してきた。

Nobelium ハッキング・グループの斬新な戦術を解説する、サイバー・セキュリティ企業である CrowdStrike によると、攻撃の規模が拡大する以前から、2つの洗練されたマルウェア・ファミリーが被害者のシステムに潜入していたという。それらは、GoldMax の Linux 版と、TrailBlazer という新たなインプラントである。

Continue reading “SolarWinds 攻撃と新たなマルウェア:長期間の潜伏を可能にする手法とは?”

ファームウェア・ベース Rootkit の危険性:MoonBounce を含む3つのマルウェアとは?

Researchers Discover Dangerous Firmware-Level Rootkit

2022/01/21 DarkReading — ファームウェア・ベースの Rootkit は、現時点では珍しいものであるが、標的となるネットワーク上で検出困難なかたちで持続性を維持する手段として、脅威アクターたちの間で注目を集めている。Kaspersky の研究者たちは、顧客のコンピュータの UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) ファームウェアの深層で、このような脅威の最新サンプルを発見した。

Continue reading “ファームウェア・ベース Rootkit の危険性:MoonBounce を含む3つのマルウェアとは?”

奇妙な SMTP スパイウェアにより産業界の ICS から認証情報が盗まれている

‘Anomalous’ spyware stealing credentials in industrial firms

2022/01/20 BleepingComputer — 研究者たちにより、産業界をターゲットにした、いくつかのスパイウェア・キャンペーンが発見された。電子メールアカウントの認証情報が盗みだされたが、その目的は、金融詐欺や認証情報の転売だと考えられる。攻撃者は、既製のスパイウェア・ツールを使用しているが、検出を逃れるために、それぞれの亜種を、きわめて限られた時間において展開している。攻撃に使用される汎用マルウェアの例としては、AgentTesla/Origin Logger/HawkEye/Noon/Formbook/Masslogger/Snake Keylogger/Azorult/Lokibot などがある。

Continue reading “奇妙な SMTP スパイウェアにより産業界の ICS から認証情報が盗まれている”

Mac マルウェア調査:Windows に比べて安全という考え方は過去のものに

New Mac Malware Samples Underscore Growing Threat

2022/01/07 DarkReading — 2021年に出現した一握りのマルウェア・サンプルは、Windows システムに比べて Apple のテクノロジーが、攻撃や侵害を受けにくいとはいえ、決して無敵ではないことを改めて示した。セキュリティ研究者である Patrick Wardle は、その年に出現した全ての新しい Mac マルウェアの脅威リスト The Mac Malware of 2021 [pdf] を、6年連続で発表している。彼は、それぞれのマルウェアのサンプルについて、感染経路/インストールと持続のメカニズム/マルウェアの目的などの特徴を特定している。2021年に出現した新しい Mac マルウェアの各サンプルは、彼の Web サイトで公開されている。

Continue reading “Mac マルウェア調査:Windows に比べて安全という考え方は過去のものに”

Office 365 フィッシングで使用される Kaspersky から盗まれた Amazon SES トークン

Kaspersky’s stolen Amazon SES token used in Office 365 phishing

2021/11/01 BleepingComputer — Kaspersky は、第三者に発行された正規の Amazon Simple Email Service (SES)トークンが、Office 365 ユーザーを標的としたスピアフィッシング・キャンペーンを仕掛ける、脅威アクターにより悪用されたと発表した。Amazon SES は、任意のアプリからメールを送信できるように設計された、スケーラブルなメールサービスであり、マーケティングや大量のメール・コミュニケーションなど、さまざまなユースケースに対応している。

Continue reading “Office 365 フィッシングで使用される Kaspersky から盗まれた Amazon SES トークン”

中国ハッキング・グループの Rootkit は Windows 10 をターゲットにスパイ活動を行う

Chinese Hackers Used a New Rootkit to Spy on Targeted Windows 10 Users

2021/10/01 TheHackerNews — これまで詳細が不明だった、中国語を話す脅威アクターだが、東南アジアのターゲットを狙い、侵害された Windows システムにカーネルモード Rootkit をデプロイするために、2020年7月の時点から回避操作を行っていたようだ。Kaspersky が GhostEmperor と名付けた、このハッキング・グループによる攻撃は、標的となったホストに対する持続性と遠隔操作を可能にする、洗練されたマルチステージのマルウェア・フレームワークを使用していたとも言われている。

Continue reading “中国ハッキング・グループの Rootkit は Windows 10 をターゲットにスパイ活動を行う”

Tomiris バックドアが発見:SolarWinds 攻撃との関連性を調べてみた

New Tomiris Backdoor Found Linked to Hackers Behind SolarWinds Cyberattack

2021/09/30 TheHackerNews — サイバーセキュリティ研究者たちが、これまで文書化されていなかったバックドアを公開した。このバックドアは、昨年の SolarWinds サプライチェーン攻撃を仕掛けた Nobelium APT (Advanced Persistent Threat) により設計/開発された可能性が高く、この脅威アクターは保有するハッキング・ツールの数を増やしているようだ。

Continue reading “Tomiris バックドアが発見:SolarWinds 攻撃との関連性を調べてみた”

ブルートフォースと脆弱性が人気の突破口:セキュリティ対策にズレは無いか?

Brute-Force Attacks, Vulnerability Exploits Top Initial Attack Vectors

2021/09/14 DarkReading — 物事が変われば変わるほど、同じことが繰り返されているように見える。少なくとも、一部の企業のサイバー・セキュリティ対策に関しては、それが言える。2020年に Kaspersky が対応した、セキュリティ・インシデントのデータを分析したところ、原因の 63% がパッチやパスワード管理の不備によるものだった。

Continue reading “ブルートフォースと脆弱性が人気の突破口:セキュリティ対策にズレは無いか?”

Schneider Modicon PLC に存在する ModiPwn という名の深刻な脆弱性

ModiPwn flaw in Modicon PLCs bypasses security mechanisms

2021/07/13 SecurityAffairs — IoT セキュリティ企業である Armis の研究者たちが、Schneider Electric のModicon PLC の一部に影響を及ぼす、認証バイパスの脆弱性 CVE-2021-22779 (ModiPwnと呼ばれる) を発見した。この脆弱性が、対象となる PLC へのネットワーク・アクセス権を持つ、認証されていない攻撃者により悪用されされることで、その PLC を完全に制御することが可能だ。

Continue reading “Schneider Modicon PLC に存在する ModiPwn という名の深刻な脆弱性”

欧州と南米の 70 の銀行が Bizarro というマルウェアに攻撃されている

70 European and South American Banks Under Attack By Bizarro Banking Malware

2021/05/18 TheHackerNews — 金銭を目当てとするサイバー犯罪組織が、これまで文書化されていなかった、バンキングを対象とするトロイの木馬を公開した。このトロイの木馬は、ヨーロッパや南米にある 70の銀行から、顧客の認証情報を盗むことができるという。Kaspersky の研究者が Bizarro と名付けた、この Windows マルウェアは、アフィリエイトやマネーミュールを介した攻撃により、不正な現金化や送金を引き起こすものだ。

Continue reading “欧州と南米の 70 の銀行が Bizarro というマルウェアに攻撃されている”