米国政府機関の警告:ICS/SCADA を標的とする危険なマルウェアが活動し始めた

U.S. Warns of APT Hackers Targeting ICS/SCADA Systems with Specialized Malware

2022/04/13 TheHackerNews — 4月22日に米国政府は、Industrial Control Systems (ICS) や Supervisory Control And Data Acquisition (SCADA) への不正なアクセスを維持するために、国家的な驚異アクターたちが特殊なマルウェアを展開していると警告を発した。複数の米国機関はアドバイザリで「APT 行為者たちは、ICS/SCADA デバイス標的とするカスタムメイドのツールを開発している。このツールにより、彼らは OT ネットワークへのイニシャル・アクセスを確立した後に、影響を受けるデバイスをスキャン/侵害/制御できるようになる」と述べている。

Continue reading “米国政府機関の警告:ICS/SCADA を標的とする危険なマルウェアが活動し始めた”

Rockwell の PLC に深刻な脆弱性:検知されずに物理的に影響をおよぼす Stuxnet タイプか?

Vulnerabilities in Rockwell Automation PLCs Could Enable Stuxnet-Like Attacks

2022/04/01 DarkReading — Rockwell Automation の Programmable Logic Controller (PLC) を、研究者たちが分析したところ、オートメーション・プロセスを変更する方法を攻撃者に提供することで、産業工程を中断し、工場に物理的損害を与えるなどの、悪意の行動を許す可能性のある、2つの深刻な脆弱性が発見された。

今週に、それらの脆弱性を発見した Claroty Team82 の研究者たちによると、攻撃者は異常な動作を検知されることなく、PLC 上で悪意のコードを実行できることから、Stuxnet 的な性質があるとされる。Rockwell Automation は、この2つの欠陥に関するアドバイザリを発表し、顧客に提供している。一連のアドバイザリには here と here からアクセスできるが、アカウントが必要となる。

Continue reading “Rockwell の PLC に深刻な脆弱性:検知されずに物理的に影響をおよぼす Stuxnet タイプか?”

Delta Electronics 電力管理システムに深刻な脆弱性:ICS などにも影響が生じる?

Many Critical Flaws Patched in Delta Electronics Energy Management System

2022/03/24 SecurityWeek — 2021年8月に米国の CISA が、DIAEnergie 製品を使用している組織に通知した8件の脆弱性は、研究者である Michael Heinzl 発見したものであり、その中には Critical と評価されるものも含まれる。その当時に Heinzl は SecurityWeek に対して、これらの脆弱性が悪用されると、悲惨な結果を招く恐れがあり、また、ベンダーからパッチが出されていないと述べていた。

Continue reading “Delta Electronics 電力管理システムに深刻な脆弱性:ICS などにも影響が生じる?”

GE SCADA 製品の脆弱性が FIX:特権昇格とリモートコード実行の可能性

GE SCADA Product Vulnerabilities Show Importance of Secure Configurations

2022/02/25 SecurityWeek — 今週に、産業用サイバー・セキュリティ企業である OTORIO が、ある欠陥を発見し、その問題を説明する簡単なブログ記事を公開した。そして GE と CISA は、それぞれの脆弱性に対して、個別のアドバイザリーを発表している。脆弱性 CVE-2022-23921 は、特権昇格とリモートコード実行のために悪用される可能性がある。

Continue reading “GE SCADA 製品の脆弱性が FIX:特権昇格とリモートコード実行の可能性”

Siemens の PLC をリモートからクラッシュさせる新たな脆弱性とは?

New Vulnerabilities Can Allow Hackers to Remotely Crash Siemens PLCs

2022/02/10 SecurityWeek — 今週に Siemens は、同社の SIMATIC 製品の一部をリモート操作でクラッシュさせる、一連の深刻な脆弱性に対するパッチと緩和策の提供を発表した。ドイツの大手工業企業である Siemens は、火曜日に9つのアドバイザリを公開し、合計 27件の脆弱性に対処した。これらの勧告の1つとして、Siemens の一部の Programmable Logic Controllers (PLCs) および関連製品に対して、リモートの認証されていない攻撃者がサービス拒否 (DoS) 攻撃を仕掛けることができる、3つの深刻度の高い欠陥が記載されている。

Continue reading “Siemens の PLC をリモートからクラッシュさせる新たな脆弱性とは?”

2022年の攻撃ベクターを予測:Top-5 に対処するためには?

Top 5 Attack Vectors to Look Out For in 2022

2021/10/21 SecurityAffairs — 悪質なサイバー犯罪者たちは、サイバー攻撃を成功させるための、より狡猾な方法を常に探し出そうとしている。サイバー犯罪者は、給料日の到来を予測や、機密情報へのアクセス経路の探索など、目的を達成するために最も効果的な方式を熟知している。この記事では、組織が警戒し防御すべき、2022年の Top-5 攻撃ベクターに焦点を当てる。

Continue reading “2022年の攻撃ベクターを予測:Top-5 に対処するためには?”

Moxa の鉄道用デバイスに影響をおよぼす 60件の脆弱性

Flaws in Moxa Railway Devices Could Allow Hackers to Cause Disruptions

2021/09/02 SecurityWeek — 台湾の産業用ネットワーク/オートメーション企業である Moxa が製造する、鉄道向けの無線通信デバイスには、60件近くの脆弱性が存在する。今週に、Atos 傘下のサイバーセキュリティ・コンサルティング会社である SEC Consult は、同社の研究者が Moxa デバイスに、新たに2つの脆弱性を発見したほか、数十の欠陥をもたらす古いサードパーティ製ソフトウェア・コンポーネント群を発見した。

Continue reading “Moxa の鉄道用デバイスに影響をおよぼす 60件の脆弱性”

産業制御システム (ICS) に 637件の脆弱性:2021年上半期のレポート

Over 600 ICS Vulnerabilities Disclosed in First Half of 2021: Report

2021/08/19 SecurityWeek — 2021年の上半期において、ベンダー 76社の製品に影響をおよぼす、637件の ICS (Industrial Control System) 脆弱性が明らかになり、そのうち 70%以上が Critical または High の評価を受けている。それに対して、2020年下半期に公開された脆弱性は、449件に過ぎなかった。Claroty の分析によると、2021年上半期に開示されたセキュリティ・ホールにおいて、大部分は特別な条件を必要とせず、4分の3は特権を必要とせず、3分の2はユーザー操作を必要せずに悪用できるという。また、脆弱性の 61% はリモートで悪用でき、65% はサービス妨害 (DoS) 攻撃に利用できるとしており、IT システムに比べて大きな影響を与える可能性があるとしている。

Continue reading “産業制御システム (ICS) に 637件の脆弱性:2021年上半期のレポート”

中国拠点のサイバー・スパイが東南アジアの ICS や SCADA を狙っている

China-Linked Cyberespionage Operation Suggests Interest in SCADA Systems

2021/08/05 SecurityWeek — 中国を拠点とするサイバースパイ集団が、東南アジア諸国の重要インフラ組織を標的にしていることが確認されて、攻撃者たちが産業用制御システム (ICS : Industrial Control Systems) に関心を示している可能性が生じた。中国の脅威アクターたちが、東南アジアを標的にすることは珍しいことではない。ここ数年、この地域の軍事/通信/技術/政府の組織を標的にしていることが確認されている。木曜日に Broadcom の一部門である Symantec は、同社の脅威ハンター・グループが、東南アジアの4つの重要インフラ組織に対して、ある脅威アクターが攻撃を仕掛けたことを確認したと報告している。

Continue reading “中国拠点のサイバー・スパイが東南アジアの ICS や SCADA を狙っている”

Mitsubishi Safety PLC に生じたリモート攻撃にいたる脆弱性とは?

Unpatched Security Flaws Expose Mitsubishi Safety PLCs to Remote Attacks

2021/08/05 TheHackerNews — Mitsubishi の Safety PLC (programmable logic controllers) において、未パッチの複数の脆弱性が公開されている。これらの脆弱性を悪用されると、ブルートフォース攻撃により、モジュールに登録されている正当なユーザー名を取得され、CPU モジュールへの不正ログインやサービス拒否 (DoS) が生じる可能性がある。今回、Nozomi Networks が公開したセキュリティ上の欠陥は、CPU モジュールとのデータの読書きと、ターゲット機器との通信で使用される、MELSEC 通信プロトコルにおける認証メカニズム実装に関連している。

Continue reading “Mitsubishi Safety PLC に生じたリモート攻撃にいたる脆弱性とは?”

産業用制御デバイスで用いられる Embedded TCP/IP スタックに深刻な脆弱性

Critical Flaws Affect Embedded TCP/IP Stack Widely Used in Industrial Control Devices

2021/08/03 TheHackerNews — サイバー・セキュリティ研究者たちが公開した 14件の脆弱性は、TCP/IP スタックに影響を与えるものであり、製造工場および、発電所、水処理施設、重要インフラなどで使用されているものであり、また、200社以上のベンダーが製造した、数百万台の OT 機器に影響を与えるものである。

Continue reading “産業用制御デバイスで用いられる Embedded TCP/IP スタックに深刻な脆弱性”

産業用自動化ソフトウェア CODESYS に深刻な脆弱性が見つかる

Several New Critical Flaws Affect CODESYS Industrial Automation Software

2021/07/21 TheHackerNews — サイバー・セキュリティ研究者たちが、自動化ソフトウェア CODESYS および PLC (programmable logic controller) プラットフォーム WAGO に存在する、複数のセキュリティ脆弱性を公表しました。これらの脆弱性により、企業のクラウド OT (operational technology) インフラが悪用され、リモートからの操作を許す可能性がある。

Continue reading “産業用自動化ソフトウェア CODESYS に深刻な脆弱性が見つかる”

Rockwell MicroLogix PLC にはリモート DoS の脆弱性が存在する

Vulnerability Exposes MicroLogix PLCs to Remote DoS Attacks

2021/07/20 SecurityWeek — Rockwell Automation の MicroLogix 1100 PLC (programmable logic controllers) に存在する深刻度の高い脆弱性を悪用すると、対象となるデバイスが永続的な障害状態に陥る可能性がある。今月に Rockwell と CISA (Cybersecurity and Infrastructure Security Agency) が発表した勧告によると、リモートの認証されていない攻撃者が CVE-2021-33012 を悪用し、特別に細工したコマンドを送信することで、標的とするコントローラでサービス拒否 (DoS) 状態を引き起こすことが可能なる。

Continue reading “Rockwell MicroLogix PLC にはリモート DoS の脆弱性が存在する”

Schneider Modicon PLC に存在する ModiPwn という名の深刻な脆弱性

ModiPwn flaw in Modicon PLCs bypasses security mechanisms

2021/07/13 SecurityAffairs — IoT セキュリティ企業である Armis の研究者たちが、Schneider Electric のModicon PLC の一部に影響を及ぼす、認証バイパスの脆弱性 CVE-2021-22779 (ModiPwnと呼ばれる) を発見した。この脆弱性が、対象となる PLC へのネットワーク・アクセス権を持つ、認証されていない攻撃者により悪用されされることで、その PLC を完全に制御することが可能だ。

Continue reading “Schneider Modicon PLC に存在する ModiPwn という名の深刻な脆弱性”

WAGO の PLC/HMI にはリモート攻撃を許す脆弱性が存在する

Vulnerabilities in WAGO Devices Expose Industrial Firms to Remote Attacks

2021/07/02 SecurityWeek — 電気接続および自動化のソリューションを提供する、ドイツの WAGO 製 PLC と HMI に、重要かつ深刻度の高い脆弱性が確認された。ドイツの CERT@VDE が発表した勧告によると、同社の PLC PFC100/PFC200、Edge Controller、HMI Touch Panel 600 には、4種類のメモリー関連の脆弱性が存在し、iocheckd サービスの I/O-Check に影響を与える可能性がある。

Continue reading “WAGO の PLC/HMI にはリモート攻撃を許す脆弱性が存在する”

ドイツの Weidmueller 産業用 WLAN デバイスに深刻な脆弱性

Weidmueller Patches Dozen Vulnerabilities in Industrial WLAN Devices

2021/06/24 SecurityWeek — 水曜日のこと、ドイツに拠点を置く産業用ソリューション・プロバイダーの Weidmueller は、同社の一部の産業用 WLAN デバイスに影響を与える、12の脆弱性に対するパッチを適用したと顧客に通知した。Weidmueller は、機械/エネルギー/デバイス製造/輸送/プロセス/建築インフラなどの分野を対象に、接続製品/電子機器/自動化製品/組立製品/作業場製品などを世界中の企業に提供している。

Continue reading “ドイツの Weidmueller 産業用 WLAN デバイスに深刻な脆弱性”

CODESYS 産業用自動化ソフトウェアで 10件の深刻な脆弱性が見つかる

10 Critical Flaws Found in CODESYS Industrial Automation Software

2021/06/04 TheHackerNews — 木曜日のこと、サイバー・セキュリティの研究者たちが、オートメーション・ソフトウェア CODESYS に存在する 10件もの深刻な脆弱性を公開した。この脆弱性の悪用により、Programmable Logic Controllers (PLC) 上でリモート・コードが実行される可能性が生じる。

Continue reading “CODESYS 産業用自動化ソフトウェアで 10件の深刻な脆弱性が見つかる”

Siemens PLC にリモート攻撃を発生させる脆弱性 CVE-2020-15782

CVE-2020-15782 flaw in Siemens PLCs allows remote hack

2021/05/28 SecurityAffairs — 産業分野におけるサイバー・セキュリティ企業である Claroty の研究者たちは、Siemens PLCs における深刻度の高い脆弱性 CVE-2020-15782 を発見した。この脆弱性を悪用することで、リモートの攻撃者が認証を必要とせずに、メモリ・プロテクションをバイパスする可能性がある。

Continue reading “Siemens PLC にリモート攻撃を発生させる脆弱性 CVE-2020-15782”

産業用システムに影響をおよぼす EtherNet/IP Stack のバグ

Severe Bugs Reported in EtherNet/IP Stack for Industrial Systems

2021/04/16 TheHackerNews — 4月15日に、米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、OpENer EtherNet/IP スタックに複数の脆弱性があり、産業用システムに DoS攻撃や、データ漏えい、リモートコード実行が生じる可能性があると警告した。

Continue reading “産業用システムに影響をおよぼす EtherNet/IP Stack のバグ”

NAME:WRECK という名の DNS 脆弱性は1億台のデバイスに影響をおよぼす

NAME:WRECK DNS vulnerabilities affect over 100 million devices

2021/04/13 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちが、少なくとも1億台以上の機器に搭載されている一般的な TCP/IP ネットワーク通信スタックの、Domain Name System プロトコルの実装に影響を与える、9つの脆弱性を公開した。これらを総称して、NAME:WRECK と呼ぶ。

Continue reading “NAME:WRECK という名の DNS 脆弱性は1億台のデバイスに影響をおよぼす”