Microsoft Azure の障害で Ubuntu VM がオフラインに:バグ更新後に発生

Microsoft Azure outage knocks Ubuntu VMs offline after buggy update

2022/08/30 BleepingComputer — Microsoft Azure ユーザーの仮想マシン (VM) が、systemd のアップデートに起因する継続的な障害を起こし、そこで実行される Ubuntu 18.04 がオフラインになっている。この障害は、2022年8月30日 午前6時 (UTC) 頃から始まった。影響を受けたユーザーが systemd バージョン 237-3ubuntu10.54 にアップグレードされた直後から、ユーザーの VM で DNS エラーが発生し始め、DNS リゾルバー・アドレスが使用不可能な状態になっている。

Continue reading “Microsoft Azure の障害で Ubuntu VM がオフラインに:バグ更新後に発生”

uClibc の DNS に深刻な脆弱性:IoT/Router デバイスへの影響が懸念される

Unpatched DNS bug affects millions of routers and IoT devices

2022/05/03 BleepingComputer — 広範な IoT 製品に利用される、一般的な  C standard library の DNS コンポーネントに存在する脆弱性により、数百万台のデバイスが DNS ポイズニング攻撃のリスクにさらされる可能性が生じている。この脆弱性の悪用に成功した脅威アクターは、DNS ポイズニングや DNS スプーフィングにより、彼らが管理するサーバー上の IP アドレスでホストされる、悪意の Web サイトへと被害者たちをリダイレクトすることが可能となる。

Continue reading “uClibc の DNS に深刻な脆弱性:IoT/Router デバイスへの影響が懸念される”

ロシアの人々に情報を届ける:Cloudflare が説明するブロック回避の状況

Russians bypass website blocks to access Western news sources

2022/04/04 BleepingComputer — Cloudflare は、ウクライナ情勢に関する正確な情報を得るために、ロシアの人々が欧米のニュースソースを利用するという傾向が強まっている兆候を捉えている。今日、Cloudflare が発表した新しいブログ記事では、ロシアのネット・ユーザーが英国/米国/フランスのニュースサイトにアクセスするために、ブロッキング回避ツールを積極的に採用していることを示す、統計的な証拠が提示されている。

Continue reading “ロシアの人々に情報を届ける:Cloudflare が説明するブロック回避の状況”

サブドメインの乗っ取りが増加:クラウド台頭によりエスカレートしている

Subdomain takeover attacks on the rise and harder to monitor

2022/03/29 HelpNetSecurity — Detectify の調査によると、サブドメインの乗っ取りが増加傾向にあるが、現時点において、それらのドメインには多くの脆弱性があり、また、監視が難しくなっていることが判明した。Detectify は、2021年と 2020年の比較において、顧客の Web 資産の脆弱性が 25% 増となり、ドメインあたりの脆弱性数の中央値は2倍になったとしている。そして、組織のサイバー・セキュリティ・プログラムに対して、EASM (External Attack Surface Monitoring) ツールが提供する有用性が実証されたと述べている。

Continue reading “サブドメインの乗っ取りが増加:クラウド台頭によりエスカレートしている”

BIND Ver 9.18 の深刻な脆弱性 CVE-2022-0635 などにパッチが適用

High-Severity Vulnerabilities Patched in BIND Server

2022/03/18 SecurityWeek — ISC のアドバイザリーによると、今回のアップデートで合計4件のセキュリティ問題が解決されたが、そのうち2件は BIND Ver 9.18 に影響を与え、深刻度を示す CVSS 値は 7.0 である。1つ目の脆弱性 CVE-2022-0635 は、DNAME insist with synth-from-dnssec enabled だと説明されている。BIND 9.18 は、synth-from-dnssec (RFC 8198 – DNSSEC 検証済みキャッシュの積極的な使用) をリファクタリングし、dnssec-validating resolvers に対して自動的に有効にする。

Continue reading “BIND Ver 9.18 の深刻な脆弱性 CVE-2022-0635 などにパッチが適用”

Mitel PBX-to-Internet ゲートウェイの脆弱性:増幅率 40億倍の DDoS の原因

Hackers Abuse Mitel Devices to Amplify DDoS Attacks by 4 Billion Times

2022/03/09 TheHackerNews — 脅威アクターたちは、インパクトの強い反射/増幅の方式を悪用し、4,294,967,296 対 1 という記録的な増幅率で、最大 14時間にわたる持続的な分散サービス妨害 (DDoS) 攻撃を行うことが確認されている。この、TP240PhoneHome (CVE-2022-26143) と名付けられた攻撃ベクターは、ブロードバンド接続 ISP/金融機関/物流会社/ゲーム会社などの組織を標的とした、大規模な DDoS 攻撃を行う武器として利用されてきた。

Continue reading “Mitel PBX-to-Internet ゲートウェイの脆弱性:増幅率 40億倍の DDoS の原因”

サイバー攻撃の最新動向:クラウドからトロイの木馬を振り撒く攻撃者たち

New Cyberattack Campaign Uses Public Cloud Infrastructure to Spread RATs

2022/01/13 DarkReading — 最近の攻撃キャンペーンには、パブリック・クラウドのインフラを利用して、コモディティ RAT である Nanocore/Netwire/AsyncRAT の亜種を配信し、ユーザーのデータを標的にするものが見られると、研究者たちが報告している。この、10月に発見された攻撃キャンペーンは、攻撃者が自身でインフラをホストせずに目的を達成するために、クラウド利用を増やしていることが明示されていると、Cisco Talos の研究者たちが報告している。

Continue reading “サイバー攻撃の最新動向:クラウドからトロイの木馬を振り撒く攻撃者たち”

Log4j の新たな攻撃ベクター WebSocket と3つの脆弱性に関する整理

New Log4j Attack Vector Discovered

2021/12/21 DarkReading — 12月9日に公開された Log4j のリモートコード実行 (RCE) の脆弱性だが、それを狙う攻撃への対応を進めている企業は、いくつかの新たな検討事項を念頭に置いている。Blumira のセキュリティ研究者たちは、内部およびローカルに公開された Log4j アプリケーションに対して、JavaScript による WebSocket 接続を介した、RCE の脆弱性がトリガーされる可能性があることを発見した。

Continue reading “Log4j の新たな攻撃ベクター WebSocket と3つの脆弱性に関する整理”

Slack API の悪用:国家支援ハッカーが航空会社にバックドアを仕掛ける

State-sponsored hackers abuse Slack API to steal airline data

2021/12/15 BleepingComputer — イランが国家支援すると疑われている脅威アクターが、新たに発見された Aclip というバックドアを展開し、Slack API を悪用して秘密の通信を行っている。この脅威アクターの活動は 2019年に始まり、無名のアジアの航空会社を標的にしてフライト予約データを盗み出している。IBM Security X-Force のレポートによると、この脅威アクターは、世界中の組織を標的にして非常に活発に動き続けるハッキンググループ MuddyWater こと、ITG17 である可能性が高いとのことだ。

Continue reading “Slack API の悪用:国家支援ハッカーが航空会社にバックドアを仕掛ける”

Log4Shell 攻撃を予測:不正スキャン/クリプトマイナー/Mirai/Cobalt Strike

Hackers start pushing malware in worldwide Log4Shell attacks

2021/12/12 BleepingComputer — 脅威アクターたちは、Log4j Log4Shell CVE-2021-44228 の脆弱性をスキャン/悪用し、脆弱なサーバを見つけ出しマルウェアの展開などを行っている。この記事では、Log4j の脆弱性を悪用する既知のペイロード/スキャン/攻撃をまとめている。周知の通り、金曜日の早朝に、Web サーバーやアプリケーションのログ・アクセスに使用される、Java ベースのログ・プラットフォーム Apache Log4j に存在する、「Log4Shell」と呼ばれる深刻なゼロデイ脆弱性のエクスプロイトが公開された。

Continue reading “Log4Shell 攻撃を予測:不正スキャン/クリプトマイナー/Mirai/Cobalt Strike”

DNS 攻撃がもたらす深刻な被害:その理由と対策について

Costly DNS Attacks on the Rise

2021/09/12 SecurityBoulevard — DNS セキュリティに対する意識は、高まりを維持しているが、攻撃が生じるコストや、その頻度は依然として高く、パンデミックやハイブリッドな労働環境により、組織は大きな混乱に陥っている。調査会社の IDC が実施した 2021 DNS Security Survey では、ほぼすべての企業 (調査対象の87%) が、DNS 攻撃によりアプリやサービスに支障をきたしたことが確認されている。

Continue reading “DNS 攻撃がもたらす深刻な被害:その理由と対策について”

6万以上のパークドメインに危機:レジストラだけではなく AWS にも問題が

Over 60,000 parked domains were vulnerable to AWS hijacking

2021/09/03 BleepingComputer — ドメイン・レジストラの MarkMonitor は、60,000件以上のパークドメインをハイジャックに対して脆弱な状態にしていた。Clarivate 傘下となった MarkMonitor は、世界のトップ・ブランドと、それを利用する何十億もの人々の、オンライン・プレゼンスの確立/保護を支援するドメイン管理会社である。そこにパークされたドメインは、存在しない Amazon S3 バケットのアドレスを指していることが確認されており、ドメイン乗っ取りの弱点が存在することを示唆している。

Continue reading “6万以上のパークドメインに危機:レジストラだけではなく AWS にも問題が”

ファイアウォールやミドルボックスは DDoS の最終ウェポン?

Attackers Can Weaponize Firewalls and Middleboxes for Amplified DDoS Attacks

2021/08/16 TheHackerNews — ミドルボックスや検閲インフラにおける TCP プロトコルの実装上の弱点は、反射型サービス拒否 (DoS) 攻撃を行うベクトルとして武器になることであり、しかも、これまでの UDP ベースの増幅要因を上回る可能性をもたらすことだ。メリーランド大学とコロラド大学ボルダー校の研究者グループが、USENIX Security Symposium で発表した Volumetric 攻撃は、ファイアウォールや、侵入防止システム、DPI (Deep Packet Inspection) ボックスなどの、TCP 非準拠ネットワーク・ミドルボックスを用いてトラフィックを増幅するものであり、数十万の IP アドレスで DNS / NTP / Memcached を上回る増幅率を実現する。

Continue reading “ファイアウォールやミドルボックスは DDoS の最終ウェポン?”

Web アプリのパスワード・リセットと DNS スプーフィングの組合せは最悪の結果を招く

Dozens of web apps vulnerable to DNS cache poisoning via ‘forgot password’ feature

2021/07/23 DailySwig — Web サイトにおいて、電子メールのドメイン解決に脆弱性が存在するため、多くのサイトが DNS 攻撃を受ける可能性があり、また、アカウントの乗っ取りにつながる可能性があることが、新たな調査で明らかになった。SEC Consult のセキュリティ研究者である Timo Longin が、146種類の Web アプリケーションを調査した結果、パスワード・リセットのためのメールを、悪意の行為者たちのサーバーにリダイレクトするために、悪用が可能なコンフィグレーション・ミスを発見した。

Continue reading “Web アプリのパスワード・リセットと DNS スプーフィングの組合せは最悪の結果を招く”

TsuNAME 脆弱性は権威 DNS サーバーをダウンさせ DoS 攻撃を生み出す

New TsuNAME Flaw Could Let Attackers Take Down Authoritative DNS Servers

2021/05/07 TheHackerNews — この新顔でクリティカルな脆弱性を悪用すると、Domain Name System (DNS) リゾルバに対して reflection-based DoS 攻撃を行うことが可能となる。この TsuNAME と呼ばれる新たな脆弱性は、オランダとニュージーランドの国別ドメイン .nl と .nz を管理している、SIDN Labs と InternetNZ の研究者たちにより発見されている。

Continue reading “TsuNAME 脆弱性は権威 DNS サーバーをダウンさせ DoS 攻撃を生み出す”

NAME:WRECK という名の DNS 脆弱性は1億台のデバイスに影響をおよぼす

NAME:WRECK DNS vulnerabilities affect over 100 million devices

2021/04/13 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちが、少なくとも1億台以上の機器に搭載されている一般的な TCP/IP ネットワーク通信スタックの、Domain Name System プロトコルの実装に影響を与える、9つの脆弱性を公開した。これらを総称して、NAME:WRECK と呼ぶ。

Continue reading “NAME:WRECK という名の DNS 脆弱性は1億台のデバイスに影響をおよぼす”

Azure DNS の過負荷で止まってしまった Microsoft のサービスたち

Microsoft outage caused by overloaded Azure DNS servers

2021/04/03 BleepingComputer — 前日に Azure で発生した障害について Microsoft は、Azure DNS サービスが過負荷状態になったとき、DNS クエリに応答しなくなるというコードの欠陥であることを明らかにした。

Continue reading “Azure DNS の過負荷で止まってしまった Microsoft のサービスたち”