ロシアの人々に情報を届ける:Cloudflare が説明するブロック回避の状況

Russians bypass website blocks to access Western news sources

2022/04/04 BleepingComputer — Cloudflare は、ウクライナ情勢に関する正確な情報を得るために、ロシアの人々が欧米のニュースソースを利用するという傾向が強まっている兆候を捉えている。今日、Cloudflare が発表した新しいブログ記事では、ロシアのネット・ユーザーが英国/米国/フランスのニュースサイトにアクセスするために、ブロッキング回避ツールを積極的に採用していることを示す、統計的な証拠が提示されている。

多くの人々が示唆しているように、ロシア政府はグローバル・インターネットから孤立させる気はないようであり、また、同国のインターネット品質の問題から、リソース・アクセスの遮断を強化することはできないようだ。しかし、ロシアはウクライナ侵攻に関するシナリオをコントロールするために、欧米のメディアやソーシャル・サイトへのアクセスをブロックし続けている。

信頼できるニュースソースに目を向ける

ウクライナでの戦争が終わらない中、ロシア・メディアは特別軍事作戦の成功の証拠や、説得力のある正当性さえ提供できないため、ロシアの人々はブロックを回避し、西側のニュースから詳細を知ろうと試みている。

3月のロシアで、最も多くダウンロードされたモバイル・アプリは、各種 VPN ツール/Telegram/Cloudflare WARP / 1.1.1.1 だった。この Cloudflare のサービスは、ユーザー・リクエストを同社のサーバーを経由して転送する、プライバシー重視の再帰的 DNS リゾルバである。

WARP が提供する機能は、ISP による監視から DNS リクエストの保護/DNS ポイズニングからの保護/マルウェア・フィルタリングなどである。WARP の利用状況を分析したところ、3月上旬からロシアでの利用が増加していることが分かった。ロシア市場からの DNS ルックアップの大半は、フランス/英国/米国を拠点とする、大手新聞社に関するものだ。

Russian DNS lookups for a US news outlet
Russian DNS lookups for a US news outlet
Source: Cloudflare


Cloudflare は新しい調査に関するブログで、「このチャートから、見えることは明らかだ。ロシア人はロシア以外のニュースソースにアクセスすることを望んでおり、また、プライベートなインターネット・アクセスのためのツールや VPN を望み、それを得るために努力している」と説明している。

ロシアを発信源とする DDoS 攻撃

また、Cloudflare は、3月の第2週ころに、ロシア国内を発生源とする DDoS 活動が急増したことも報告している。

DDoS activity detected and mitigated by Cloudflare
DDoS activity detected and mitigated by Cloudflare


ブログ記事によると、これらの攻撃はロシア国外のサイトを標的にしていたが、より簡単で効果的な方法により、ソース側で緩和された。しかし、Cloudflare は、侵害された IoT デバイスに依存する、DDoS ボットネットからの攻撃の場合、発信元が必ずしも帰属と一致しないことを明確にしている。

Cloudflare の正当性

1ヶ月ほど前に Cloudflare は、この戦争に対応するために、大規模なインターネット遮断や停電が生じた場合に、ロシア/ウクライナ/ベラルーシに存在するサーバーを消去するなどの、データ保護特別措置について発表している。

それと同時に、ロシア市場からの撤退は自由を損ない、同国内からの信頼できる情報へのアクセスを困難にするため、撤退しないことを決定したと発表している。ロシア人にサポートすることで、ウクライナで起こっていることへの認識が高められたことが、Cloudflare の最新 DNS 統計により証明された。その当時は批判を浴びた、同社の姿勢を正当化するものである。

3月8日の「Cloudflare の決断:ウクライナへの auto-brick サーバー提供とロシアでのビジネス継続」には、「Cloudflare は、同市場から撤退することで、同国に住む大半の人々が、ロシア政府による徹底した検閲法の影響を受けやすくなると考えている。実際のところ、そのような展開はロシア政府を喜ばすだけだ」と記されていました。Cloudflare の判断は正しく、また、それが証明されたように思えます。その一方で、3月28日に「Anonymous が Nestlé を脅迫:ロシアから撤退しないとデータをリークする」という記事をポストしましたが、Cloudflare と Nestlé を、Anonymous が同列に扱うことはないと信じています。 → Ukraine まとめページ

%d bloggers like this: