GitHub の難しい判断:ロシア企業に対する制裁により個人のアカウントを停止?

GitHub suspends accounts of Russian devs at sanctioned companies

2022/04/15 BleepingComputer — ロシアのソフトウェア開発者が、米国の制裁下にある企業で働いている場合、あるいは、過去に働いていた場合に、警告なしに GitHub のアカウントが停止されるという報告がある。ロシアのメディアによると、この禁止の波は 4月13日に始まり、企業や個人を区別することなく押し寄せている。たとえば、Sberbank Technology/Sberbank AI Lab/Alfa Bank Laboratory などの GitHubアカウントは、当初コード・リポジトリが無効化され、現在はプラットフォームから削除されている。

Continue reading “GitHub の難しい判断:ロシア企業に対する制裁により個人のアカウントを停止?”

T-Mobile 顧客への警告:ブロックできない SMS フィッシング攻撃とは?

T-Mobile customers warned of unblockable SMS phishing attacks

2022/04/15 BleepingComputer — 現在進行中のフィッシング・キャンペーンでは、SMS のグループ・メッセージで送信されるブロック不能なテキストを介して、T-Mobile の顧客対して悪意のリンクが送りつけられている。New Jersey Cybersecurity & Communications Integration Cell (NJCCIC) は、この新しい SMS フィッシング・キャンペーンにおいて、複数の顧客が標的にされたとの報告を受け警告を発した。NJCCIC は、ニュージャージー州における国土安全保障の組織であり、インシデント報告/サイバー脅威の分析/情報共有などに注力している。

Continue reading “T-Mobile 顧客への警告:ブロックできない SMS フィッシング攻撃とは?”

CISA 警告 4/15:VMware や Chrome の脆弱性が悪用リストに追加

CISA orders agencies to fix actively exploited VMware, Chrome bugs

2022/04/15 BleepingComputer — Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、活発に悪用されているバグのリストに、VMware の特権昇格の脆弱性および、Google Chrome のリモートコード実行のゼロデイ脆弱性などの、9件のセキュリティ欠陥を追加したことを発表した。4月6日にパッチが適用された VMwareの脆弱性 CVE-2022-22960 は、サポートスクリプトの不適切なパーミッションにより、脆弱なサーバー上での root への特権昇格を攻撃者に許してしまうものである。

Continue reading “CISA 警告 4/15:VMware や Chrome の脆弱性が悪用リストに追加”

GitHub でプライベート・リポジトリ侵害:盗み出された OAuth Access Token が原因

GitHub Says Hackers Breached Dozens of Organizations Using Stolen OAuth Access Tokens

2022/04/15 TheHackerNews — 金曜日に GitHub は、未知の敵対者が盗み出した OAuth ユーザー・トークンの悪用により、複数の組織から個人データが不正にダウンロードされた証拠を発見したと表明した。GitHub の Mike Hanley は、「この攻撃者は、Heroku と Travis-CI という2つのサードパーティ OAuth インテグレータから発行された、OAuth ユーザー・トークンを悪用し、NPM を含む数十の組織からデータをダウンロードした」とレポートで明らかにしている

Continue reading “GitHub でプライベート・リポジトリ侵害:盗み出された OAuth Access Token が原因”

Microsoft の RPC 脆弱性 CVE-2022-26809 は危険:PoC エクスプロイトの前にパッチを!

Critical Microsoft RPC runtime bug: No PoC exploit yet, but patch ASAP! (CVE-2022-26809)

2022/04/15 HelpNetSecurity — Microsoft の最新 Patch Tuesday から3日が経過し、最も悪用される可能性が高い脆弱性として、CVE-2022-26809 が浮上してきた。その理由は明白で、未認証のリモート攻撃者によるシステムへの侵入や、その後の、同じネットワーク上の他システムへの侵入に悪用される可能性があるためである。また、脆弱なシステム上のユーザーが何もしなくても (ゼロクリック)、悪用される可能性もある。

Continue reading “Microsoft の RPC 脆弱性 CVE-2022-26809 は危険:PoC エクスプロイトの前にパッチを!”

Juniper が 30件以上の脆弱性に対応:Contrail Networking/Junos OS などが対象

Juniper Networks Patches Vulnerabilities in Contrail Networking, Junos OS

2022/04/15 SecurityWeek — 今週に Juniper Networks は、同社のポートフォリオ全体で 30件以上の脆弱性に対するパッチをリリースしたが、その中には Contrail Networking や Junos OS の深刻な欠陥も含まれる。また、Contrail Networking Software-Defined Networking (SDN) ソリューションにおける、合計で 13件のセキュリティホールを説明する、2つのアドバイザリが発表されたが、その中の 7件の脆弱性は CVSS 値は 9.0 以上であった。

Continue reading “Juniper が 30件以上の脆弱性に対応:Contrail Networking/Junos OS などが対象”