OSS サプライチェーンの深刻な問題:3年間で 742% 急増した悪意のパッケージ

Software Supply Chain Attacks Soar 742% in Three Years

2022/10/19 InfoSecurity — 専門家たちが、2022年に発見した悪意のオープンソース・パッケージは 8万8000件にのぼり、2019年のデータと比べて 742% の増加となった。それにより示唆されるのは、企業への攻撃における標的面積の急速な拡大である。この数字は、Maven Central のダウンロード数 1310億件/オープンソース・プロジェクト数千件を含む、公開データ/独自データを分析した、Sonatype のレポート 2021 State of the Software Supply Chain で発表されたものである。

Continue reading “OSS サプライチェーンの深刻な問題:3年間で 742% 急増した悪意のパッケージ”

CISA 警告:積極的に悪用されている Spring4Shell などを脆弱性リストに追加

CISA Warns of Active Exploitation of Critical Spring4Shell Vulnerability

2022/04/05 TheHackerNews — 月曜日に米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、先日に公開された Spring Framework に影響を及ぼすリモートコード実行 (RCE) の脆弱性が、活発に悪用されているという証拠に基づき、Known Exploited Vulnerabilities Catalog に追加した。この深刻な脆弱性 CVE-2022-22965 (CVSS : 9.8) は、Java Development Kit 9 以降で動作する Spring Model-view-Controller (MVC) および、 Spring WebFlux アプリケーションに影響を与える。

Continue reading “CISA 警告:積極的に悪用されている Spring4Shell などを脆弱性リストに追加”

Log4j とプロジェクトの関係:ダウンロードの 40% 以上が脆弱なバージョンという現実

Over 40% of Log4j Downloads Are Vulnerable Versions of the Software

2022/03/11 DarkReading — Apache Foundation が、問題となっている Lo4j の脆弱性 CVE-2021-44228 を公表し、その修正プログラムを発行してから3カ月が経過したが、Java パッケージ・リポジトリ Maven Central からダウンロードされる、このロギング・ツールの 10件中4件以上が、依然として既知の脆弱なバージョンのままとなっている。Maven Central の administrator である Sonatype が、いわゆる Log4Shell の欠陥が表面化した直後に立ち上げたダッシュボードによると、2022年2月4日〜3月10日にダウンロードされた Log4j パッケージの 41% が、Log4j 2.15.0 以前のバージョンであることが判明している。つまり、Log4Shell の欠陥が公開された 2021年12月10日に、Apache Foundation がリリースしたパッチ適用バージョンである。

Continue reading “Log4j とプロジェクトの関係:ダウンロードの 40% 以上が脆弱なバージョンという現実”

Log4j の新たな攻撃ベクター WebSocket と3つの脆弱性に関する整理

New Log4j Attack Vector Discovered

2021/12/21 DarkReading — 12月9日に公開された Log4j のリモートコード実行 (RCE) の脆弱性だが、それを狙う攻撃への対応を進めている企業は、いくつかの新たな検討事項を念頭に置いている。Blumira のセキュリティ研究者たちは、内部およびローカルに公開された Log4j アプリケーションに対して、JavaScript による WebSocket 接続を介した、RCE の脆弱性がトリガーされる可能性があることを発見した。

Continue reading “Log4j の新たな攻撃ベクター WebSocket と3つの脆弱性に関する整理”

Google 調査:Log4j の影響を受ける Java Packages は 35,863 種類

Google Finds 35,863 Java Packages Using Defective Log4j

2021/12/20 SecurityWeek — コンピュータ・セキュリティ業界は、Log4j のセキュリティ問題が散見される、長くて険しい道のりに気を引き締めている。専門家たちは、ソフトウェアの依存関係にパッチを当てる作業が上手くいかないと、世界的な緩和策が遅れてしまうと警告している。今週に、Google のオープンソース・チームが、Maven Central にある 35,863個のJava パッケージが、欠陥のある Log4j ライブラリ。バージョンを使用していると報告したことで、この危機の規模と影響が明らかになった。(編集部注:Maven Centralは最大かつ最重要な Java パッケージ・リポジトリ)

Continue reading “Google 調査:Log4j の影響を受ける Java Packages は 35,863 種類”

Log4j 脆弱性:WebSocket を介した新たな攻撃ベクターと参入ランサムウェア

New Local Attack Vector Expands the Attack Surface of Log4j Vulnerability

2021/12/18 TheHackerNews — サイバー・セキュリティ研究者たちが、JavaScript による WebSocket 接続を介して、ローカル・サーバー上の Log4Shell 脆弱性を悪用するという、まったく新しい攻撃ベクターを発見した。

Continue reading “Log4j 脆弱性:WebSocket を介した新たな攻撃ベクターと参入ランサムウェア”