Oracle の July 2022 Critical Patch Update:349 件のセキュリティ・パッチをリリース

Oracle Releases 349 New Security Patches With July 2022 CPU

2022/07/20 SecurityWeek — 7月19日に Oracle は、July 2022 Critical Patch Update (CPU) を発表し、合計で 349件の新しいセキュリティ・パッチをリリースしたが、そこには、リモートの未認証の攻撃者が悪用できる脆弱性 230件も含まれる。今月の Critical Patch Update (CPU) には、CVSS 値が 10 である4件を含む、64件の Critical な脆弱性に対するセキュリティ・パッチが提供され、CVSS 値が 8〜9 である 20件をの脆弱性にも対処されている。

Continue reading “Oracle の July 2022 Critical Patch Update:349 件のセキュリティ・パッチをリリース”

EnemyBot の狙う脆弱性がエグイ:即座に VMware/Spring/F5 BIG-IP に対応

EnemyBot malware adds exploits for critical VMware, F5 BIG-IP flaws

2022/05/29 BleepingComputer — 複数のマルウェア・コードをベースにしたボットネット EnemyBot は、Webサーバー/CMS/IoT/Android 端末などで公開されたばかりの、深刻な脆弱性の悪用に迅速に対応し、その範囲を拡大している。このボットネットは、Securonix の研究者により 3月に初めて発見され、Fortinet から新しいサンプルの分析結果が提供された 4月には、すでに 12種類以上のプロセッサ・アーキテクチャの不具合を統合していた。このマルウェアは、分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃を主目的としており、新しいターゲット・デバイスをスキャンして感染させるモジュールも備えている。

Continue reading “EnemyBot の狙う脆弱性がエグイ:即座に VMware/Spring/F5 BIG-IP に対応”

Oracle の April 2022 Critical Patch Update:520 件の脆弱性に対応

Oracle Releases 520 New Security Patches With April 2022 CPU

2022/04/20 SecurityWeek — 2022年4月19日に Oracle は、April 2022 Critical Patch Update (CPU) をリリースし、認証なしでリモートから悪用できる脆弱性である約 300件を含む、合計で 520件のセキュリティ修正に対処した。一連のパッチのうち約 75件は Critical と評価され、その中の 3件は CVSS 値が 10 であり、また、40件以上は CVSS 値 8〜9 となっている。

Continue reading “Oracle の April 2022 Critical Patch Update:520 件の脆弱性に対応”

Cisco Wireless LAN Controller の深刻な脆弱性 CVE-2022-20695 が FIX

Cisco Patches Critical Vulnerability in Wireless LAN Controller

2022/04/14 SecurityWeek — この水曜日に Cisco は、同社の Wireless LAN Controller (WLC) ソフトウェアのアップデートを公開し、攻撃者に認証回避を許してしまう、深刻な脆弱性に対処したと発表した。この脆弱性 CVE-2022-20695 (CVSS:10) は、パスワード検証アルゴリズムが適切に実装されていないという欠陥に起因するものだ。それにより攻撃者は、細工した認証情報を用いて認証を回避し、脆弱なデバイスに管理者としてログインすることが可能になる。

Continue reading “Cisco Wireless LAN Controller の深刻な脆弱性 CVE-2022-20695 が FIX”

SAP の Spring4Shell 情報が公開:全体で 30件以上のアドバイザリを提供

SAP Releases Patches for Spring4Shell Vulnerability

2022/04/13 SecurityWeek — 4月13日にドイツのソフトウェア・メーカー SAP は、April 2022 Security Patch Day で Spring4Shell 脆弱性に対処を含む、30以上の新規/更新のセキュリティ・アドバイザリを公開した。この Spring4Shellと呼ばれる脆弱性 CVE-2022-22965 は、世界で最も人気の Java アプリ開発フレームワークである Spring に存在し、リモートでコード実行を許す可能性がある。セキュリティ研究者たちは、すでにこの脆弱性を悪用しようとする動きを観測している。

Continue reading “SAP の Spring4Shell 情報が公開:全体で 30件以上のアドバイザリを提供”

Mirai と Spring4Shell:シンガポールに集中する攻撃はグローバル展開への予兆か?

Mirai malware now delivered using Spring4Shell exploits

2022/04/08 BleepingComputer — 現在、マルウェア Mirai は、Spring4Shell エクスプロイトを悪用して脆弱な Web サーバーを感染させ、DDoS 攻撃 (分散型サービス拒否攻撃) へと導こうとしている。Spring4Shell とは、CVE-2022-22965 として追跡されているリモートコード実行 (RCE) の深刻な脆弱性であり、エンタープライズ・レベルの Java アプリ開発プラットフォームとして広く利用されている、Spring Framework に影響を及ぼすものだ。

Continue reading “Mirai と Spring4Shell:シンガポールに集中する攻撃はグローバル展開への予兆か?”

SpringShell 問題を抱える組織と脅威アクターたち:すでに6社に1社がターゲットに

SpringShell attacks target about one in six vulnerable orgs

2022/04/05 BleepingComputer — あるサイバー・セキュリティ企業の統計によると、ゼロデイ脆弱性 Spring4Shell の影響を受ける世界中の組織の約6社に1社は、すでに脅威者に狙われていることが判明した。この、深刻なリモートコード実行 (RCE) の脆弱性 CVE-2022-22965 の、エクスプロイト・コードが公開されてから4日間で、悪用の試みが行われているようだ。テレメトリ・データを基にレポートをまとめた Check Point によると、この週末だけで 37,000件の Spring4Shell 攻撃が検出されたとのことだ。

Continue reading “SpringShell 問題を抱える組織と脅威アクターたち:すでに6社に1社がターゲットに”

CISA 警告:積極的に悪用されている Spring4Shell などを脆弱性リストに追加

CISA Warns of Active Exploitation of Critical Spring4Shell Vulnerability

2022/04/05 TheHackerNews — 月曜日に米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、先日に公開された Spring Framework に影響を及ぼすリモートコード実行 (RCE) の脆弱性が、活発に悪用されているという証拠に基づき、Known Exploited Vulnerabilities Catalog に追加した。この深刻な脆弱性 CVE-2022-22965 (CVSS : 9.8) は、Java Development Kit 9 以降で動作する Spring Model-view-Controller (MVC) および、 Spring WebFlux アプリケーションに影響を与える。

Continue reading “CISA 警告:積極的に悪用されている Spring4Shell などを脆弱性リストに追加”

Microsoft が Spring4Shell 攻撃を検出:広範囲のクラウドで少量の悪用の施行

Microsoft detects Spring4Shell attacks across its cloud services

2022/04/05 BleepingComputer — Microsoft は、深刻なリモートコード実行 (RCE) 脆弱性 (Spring4Shell/SpringShell) を標的とした少量の悪用の試みを、同社のクラウド・サービスにおいて追跡していると発表した。この Spring4Shell の脆弱性 CVE-2022-22965 は、最も広く使用されているライトウェイト Java オープンソース・フレームワークとされる、Spring Framework に影響を与える。

Continue reading “Microsoft が Spring4Shell 攻撃を検出:広範囲のクラウドで少量の悪用の施行”

VMware と Spring4Shell:RCE に対する複数のパッチが提供された

VMware patches Spring4Shell RCE flaw in multiple products

2022/04/04 Bleeping Computer — VMware は、同社のクラウドおよび仮想化の製品のいくつかに影響を及ぼす、深刻なリモートコード実行の脆弱性 (Spring4Shell) に対するセキュリティ・アップデートを公開した。Spring4Shell の影響を受ける VMware 製品の一覧は、同社のアドバイザリで確認できる。修正プログラムが提供されていないケースのために、VMware は一時的な解決策としてワークアラウンドをリリースしている。現時点において、Spring4Shell は活発に悪用される脆弱性でり、セキュリティ速報に記載されているアドバイスに従うことが極めて重要となる。

Continue reading “VMware と Spring4Shell:RCE に対する複数のパッチが提供された”

Spring Java Framework のゼロデイ脆弱性 CVE-2022-22963:RCE 防御のための緩和策

New Spring Java framework zero-day allows remote code execution

2022/03/30 BleepingComputer — Framework Spring Core の新たなゼロデイ脆弱性 Spring4Shell が公開され、それを利用するアプリケーション上で、未認証のリモートコード実行が可能になることが明らかにされた。Spring は、エンタープライズ・レベルの機能を持つ Java アプリケーションを、迅速かつ容易に開発できるようにするため、ソフトウェア開発者にとって極めて人気の高いアプリケーション・フレームワークである。それらのアプリケーションは、必要な依存関係をすべて備えたスタンドアロン・パッケージとして、Apache Tomcat などのサーバーにディプロイできる。

Continue reading “Spring Java Framework のゼロデイ脆弱性 CVE-2022-22963:RCE 防御のための緩和策”