Algolia 検索 API キーが漏洩:Slack/Zendesk などのユーザーにデータ流出の恐れ

Thousands of Algolia API Keys Could Expose Users’ Data

2022/11/21 InfoSecurity — Algolia の API キー/アプリ ID が漏洩している、1,500 以上のアプリが発見され、それらのユーザー・データが流出する可能性があることが判明した。CloudSEK のセキュリティ研究者たちは、公開前のデータを InfoSecurity と共有した。上記のアプリのうちの 32個が、重要な Admin の秘密をハードコードしていることが判明している。そして、このチームは、57個のユニークな Admin キーを特定したと付け加えている。

Continue reading “Algolia 検索 API キーが漏洩:Slack/Zendesk などのユーザーにデータ流出の恐れ”

フィッシング対策のコスト:IT/セキュリティ担当者の3割以上の時間が費やされる

Phishing Mitigation Can Cost Businesses More Than $1M Annually

2022/10/18 DarkReading — 依然として、フィッシングは主要な脅威であるだけではなく、企業にとって大きなコストとなっている。したがって、IT/セキュリティ担当者が充実している一部の大企業では、フィッシング攻撃を阻止するために、年間で $1.1 million を費やしていることが、新しいデータで明らかになった。

Continue reading “フィッシング対策のコスト:IT/セキュリティ担当者の3割以上の時間が費やされる”

Uber で生じたデータ侵害:Lapsus$ によるソーシャル・エンジニアリングが侵入経路?

Uber links breach to Lapsus$ group, blames contractor for hack

2022/09/19 BleepingComputer — 先週にサイバー攻撃に遭った Uber だか、その背後にいるハッカーについて、Microsoft/Cisco/NVIDIA/Samsung/Okta などの著名ハイテク企業を侵害したとされる、Lapsus$ グループに関連すると考えているようだ。この攻撃者は、盗み出した Uber EXT 契約者の認証情報を用いて、その契約者たちに 2FA ログインを要求し、誰かが受け入れるまで、MFA 疲れ攻撃を行ったと、同社は述べている。

Continue reading “Uber で生じたデータ侵害:Lapsus$ によるソーシャル・エンジニアリングが侵入経路?”

Uber が主張する機密情報へのアクセスの証拠は無い:しかし無事だという証拠も無い

Uber Claims No Sensitive Data Exposed in Latest Breach… But There’s More to This

2022/09/17 TheHackerNews — Uber が更新した情報だが、木曜日の遅くに発覚した社内コンピューター・システムの侵害により、ユーザーの個人情報が漏えいしたという証拠は無いと述べている。同社は、「我々は、このインシデントが、機密性の高いユーザーデータへのアクセスに関連しているという証拠はないと捉えている。Uber/Uber Eats/Uber Freight/Uber Driver アプリを含む、当社の全サービスは稼働している」と説明している。

Continue reading “Uber が主張する機密情報へのアクセスの証拠は無い:しかし無事だという証拠も無い”

Electron ベース・アプリ 18種類に深刻な脆弱性: Teams/WhatsApp/Slack などに影響

Security Analysis Leads to Discovery of Vulnerabilities in 18 Electron Applications

2022/08/17 SecurityWeek — 各社の研究者チームが、Electron ベースのデスクトップ・アプリケーションを解析した結果、広く利用されている複数のソフトウェアに脆弱性が存在していることが判明した。Electron は、クロスプラットフォームのデスクトップ・アプリケーションを開発するための、無償で提供されるオープンソース・フレームワークである。たとえば、Microsoft Teams/WhatsApp/Slack といった、非常に人気の高いアプリケーションの構築にも利用されている。

Continue reading “Electron ベース・アプリ 18種類に深刻な脆弱性: Teams/WhatsApp/Slack などに影響”

Cookie セッション・ハイジャックの脅威:ZTNA/MFA ツールの大半は無力化される

Many ZTNA, MFA Tools Offer Little Protection Against Cookie Session Hijacking Attacks

2022/09/11 DarkReading — 組織において、内部ネットワークからインターネット・トラフィックを分離するためにディプロイされるツールの多く (多要素認証/ZTNA/SSO/ID プロバイダー・サービスなど) は、Cookie の盗難/再利用および、セッション ハイジャック攻撃からの保護にはほとんど効果がない。 今週にイスラエルの新興企業 Mesh Security の研究者たちが発表したところによると、これらの技術やサービスには、適切な Cookie セッション検証メカニズムがないことが多いという、したがって、これらの技術やサービスを、攻撃者は比較的容易に迂回できるという現実がある。

Continue reading “Cookie セッション・ハイジャックの脅威:ZTNA/MFA ツールの大半は無力化される”

Slack パスワードがリセットされたユーザーへ:ハッシュ露出が生じた結果です

Slack Resets Passwords After a Bug Exposed Hashed Passwords for Some Users

2022/08/06 TheHackerNews — Slack は、ワークスペースの共有招待リンクの作成/取消の際に、塩漬けのパスワード・ハッシュが露出するという欠陥が発見されたことで、全体の 0.5% 相当のユーザーのパスワードをリセットするという措置を取ったと発表した。8月4日に Slack は、「ユーザーが、これらのアクションのいずれかを実行すると、Slack 上の他のワークスペースのメンバーに対して、自分のパスワードのハッシュ化されたバージョンが送信されていた」と警告で述べている。

Continue reading “Slack パスワードがリセットされたユーザーへ:ハッシュ露出が生じた結果です”

Microsoft が Lapsus$ ハッキングを認める:Bing などのソースコードにアクセス

Microsoft confirms they were hacked by Lapsus$ extortion group

2022/03/22 BleepingComputer — Microsoft は、同社の従業員1名のアカウントが Lapsus$ にハッキングされ、この脅威アクターによる、同社のソースコードの一部へのアクセス/窃取が生じたことを認めた。昨夜、Lapsus$ ランサムウェアは、Microsoft の Azure DevOps サーバーから盗み出した 37GB のソースコードを公開した。このソースコードは、Bing/Cortana/Bing Maps などの、同社の様々なプロジェクトに関わるものである。

Continue reading “Microsoft が Lapsus$ ハッキングを認める:Bing などのソースコードにアクセス”

Microsoft Teams チャットを介したマルウェアの展開:過大な信頼は危険

Hackers slip into Microsoft Teams chats to distribute malware

2022/02/17 BleepingComputer — Microsoft Teams のアカウントを侵害してチャットに潜入し、会話の参加者に悪意の実行ファイルを拡散させる攻撃者がいると、セキュリティ研究者たちが警告している。毎月 2億7千万人以上のユーザーが Microsoft Teams を利用しているが、悪意のファイルに対する保護機能がないにもかかわらず、このプラットフォームは暗黙のうちに信頼されている。

Continue reading “Microsoft Teams チャットを介したマルウェアの展開:過大な信頼は危険”

Slack API の悪用:国家支援ハッカーが航空会社にバックドアを仕掛ける

State-sponsored hackers abuse Slack API to steal airline data

2021/12/15 BleepingComputer — イランが国家支援すると疑われている脅威アクターが、新たに発見された Aclip というバックドアを展開し、Slack API を悪用して秘密の通信を行っている。この脅威アクターの活動は 2019年に始まり、無名のアジアの航空会社を標的にしてフライト予約データを盗み出している。IBM Security X-Force のレポートによると、この脅威アクターは、世界中の組織を標的にして非常に活発に動き続けるハッキンググループ MuddyWater こと、ITG17 である可能性が高いとのことだ。

Continue reading “Slack API の悪用:国家支援ハッカーが航空会社にバックドアを仕掛ける”

Slack/Teams/Zoom などによる攻撃面積の拡大を理解する

Understanding the Human Communications Attack Surface

2021/11/01 DarkReading — 最近の話だが、Slack/Microsoft Teams/Zoom などのチャネルで、人と人のコミュニケーションを悪用した脆弱性の公開や、PoC エクスプロイトの悪用などのインシデントが増えている。これらのクラウド・ベースのチャネルは、具体的な攻撃手段であるだけではなく、内部の人間にアクセスできるという点で、ヒューマン・コミュニケーションを悪用する犯罪者にとって、魅力的な手段となっている。

Continue reading “Slack/Teams/Zoom などによる攻撃面積の拡大を理解する”

Apache Airflow のミス・コンフィグレーションにより膨大な機密情報が流出

Misconfigured Apache Airflow servers leak thousands of credentials

2021/10/05 SecurityAffairs — Apache Airflow は、オープンソースのワークフロー管理プラットフォームであり、ビジネスや IT のタスクを自動化するために、世界中の多くの組織で利用されている。セキュリティ企業である Intezer の研究者たちが、Apache Airflow のミス・コンフィグレーションにより、複数のハイテク企業における認証情報などの機密情報が、流出していることが発見された。

Continue reading “Apache Airflow のミス・コンフィグレーションにより膨大な機密情報が流出”

SaaS 運用の管理が甘いとサプライチェーン・リスクが生じる

Unmanaged SaaS Data Brings Supply Chain Risks

2021/08/30 SecurityBoulevard — SaaS (Software-as-a-Service) のデータに対するアクセスが管理されていなと、内部および外部からの脅威が発生する可能性が高まる。その理由を、DoControl Inc の新しいレポートが示している。この SaaS セキュリティ企業は、平均 1,000人の従業員を抱える企業と、50万件〜1,000万件の資産を持つデータストアを評価した結果として、SaaS データ・アクセスの40%が管理されていないことを発見した。つまり、膨大な資産が、パブリックに共有される可能性があるのだ。

Continue reading “SaaS 運用の管理が甘いとサプライチェーン・リスクが生じる”