SOC 2 (Service and Organization Controls) について:SaaS の評価と脆弱性への対応

Why Vulnerability Scanning is Critical for SOC 2

2022/09/12 TheHackerNews — SOC 2 (Service and Organization Controls) は自発的な基準かもしれないが、今日のセキュリティに対して敏感なビジネスにとって、SaaS プロバイダを検討する際の最小要件でもある。コンプライアンスには長く複雑なプロセスが必要だがが、Intruder のようなスキャナーを使用すれば、脆弱性管理の項目にチェックを入れることが簡単になる。

Continue reading “SOC 2 (Service and Organization Controls) について:SaaS の評価と脆弱性への対応”

SaaS プラットフォームを悪用するフィッシング攻撃:前年比 1,100% の大幅増

Phishing attacks abusing SaaS platforms see a massive 1,100% growth

2022/08/23 BleepingComputer — 脅威アクターたちが、Web サイト・ビルダーやパーソナル・ブランディング・スペースなどの、正規の SaaS (Software-as-a-Service) プラットフォームを悪用して、ログイン情報を盗むための悪質なフィッシング・サイトを作成する手口が増加している。Palo Alto Networks Unit 42 の最新レポートによると、研究者たちは SaaS 悪用の急増を確認しており、同社が収集したデータは、2021年6月〜2022年6月で 1,100% という大幅な増加を示しているという。

Continue reading “SaaS プラットフォームを悪用するフィッシング攻撃:前年比 1,100% の大幅増”

SaaS ユーザー 340社を調査:ミス・コンフィグレーションを無くす7つのポイントとは?

7 Key Findings from the 2022 SaaS Security Survey Report

2022/05/19 TheHackerNews — Adaptive Shield は CSAと共同で、今日の企業における CISO やセキュリティ担当者から見た SaaS セキュリティの状況を調査し、2022 SaaS Security Survey Report として提供している。このレポートでは、CSA 会員 340社から匿名の回答を集めることで、SaaS セキュリティ・リスクの高まりと、各組織もおけるセキュリティ対策の現状を調査している。

Continue reading “SaaS ユーザー 340社を調査:ミス・コンフィグレーションを無くす7つのポイントとは?”

SaaS-to-SaaS サプライチェーンの時代:保護すべき対象がズレ始める時代

The SaaS-to-SaaS supply chain is a wild, wild mess

2022/05/12 HelpNetSecurity — クラウドへの移行と IT の民主化により、ビジネス・ワークフローのデジタル化と自動化のための統合が進み、相互に接続されたビジネス・アプリのネットワークが拡大し続けている。デジタル・トランスフォーメーション時代の従業員たちは、生産性を高めるために、SaaS アプリや、Workato/Zapier などの no/low code プラットフォーム、サードパーティ・アプリを独自に採用/接続している。

Continue reading “SaaS-to-SaaS サプライチェーンの時代:保護すべき対象がズレ始める時代”

Zoom/Box/Google の URL スプーフィング問題:公認 SaaS のサブドメインなどが悪用される

Researchers uncover URL spoofing flaws on Zoom, Box, Google Docs

2022/05/11 HelpNetSecurity — フィッシング犯人が生成した悪意のコンテンツへのリンクが、組織の SaaS アカウントによるホストされているように見せかける、いくつかの URL スプーフィング・バグを、研究者たちが Box/Zoom/Google Docs で発見された。

Continue reading “Zoom/Box/Google の URL スプーフィング問題:公認 SaaS のサブドメインなどが悪用される”

サイバー脅威の可視化:XDR (Extended Detection and Response) ソリューションとは?

Cyber Threat Protection — It All Starts with Visibility

2022/01/19 TheHackerNews — 動物が五感を使って危険を察知するように、サイバー・セキュリティは、コンピュータ環境における危険を知らせる信号を識別するセンサーに依存している。この感覚が高度に調整され、多様で協調的であればあるほど、危険を示す重要な信号を検出できる可能性が高くなる。しかし、これは諸刃の剣でもある。信号が多すぎても、高度な信号処理がなければ、ただのノイズになってしまう。しかし、高度に進化した信号処理による適切で多様な信号の存在は、生存へとつながる。

Continue reading “サイバー脅威の可視化:XDR (Extended Detection and Response) ソリューションとは?”

NIST の CSF フレームワーク:SaaS セキュリティへの適用は合理的

NIST Cybersecurity Framework: A Quick Guide for SaaS Security Compliance

2022/01/06 TheHackerNews — サイバー・セキュリティにおける最新のベストプラクティスを知りたいとき、私は米国の National Institute of Standards and Technology (NIST) を訪れる。最新のパスワード要件 (NIST 800-63) から、製造業者向けの IoT セキュリティ (NISTIR 8259) にいたるまで、NIST は常に出発点である。NIST は、組織の専門性と、NIST 文書の作成に協力する外部の専門家により、米国の標準制定者として重要な役割を果たしている。

Continue reading “NIST の CSF フレームワーク:SaaS セキュリティへの適用は合理的”

マルチ・クラウドへの移行が止まらない:追いつかないセキュリティ関連の予算

Underinvestment in Multi-Cloud Security a Pressing Concern

2021/11/24 SecurityBoulevard — 大多数の企業は 2022年において、マルチクラウドを戦略的に優先させ、セキュリティを最重要視する計画を立てているが、それ実行するために必要なツールやスキルが不足しているとも感じている。実際のところ、成長するビジネスに伴い、いずれはマルチクラウドが必要になると、大多数の企業は考えているが、セキュリティ上の複雑さが原因となり、IT リーダーたちはマルチクラウドへの移行を躊躇している。

Continue reading “マルチ・クラウドへの移行が止まらない:追いつかないセキュリティ関連の予算”

クラウドにおけるデータの暗号化と保護:大半の企業が未達成という状況

Companies Fail to Encrypt, Protect Data in the Cloud

2021/11/02 SecurityBoulevard — 昨年において、40% の組織が、クラウド・ベース侵害の被害に遭っていることを考えると、クラウド上のデータを保護することに重きが置かれていると思えてくる。しかし、2021 Thales Global Cloud Security を観ると、そうでも無さそうだ。なんと 83% もの企業が、クラウド上に保管している機密データを、半分も暗号化できていないのだ。さらに、3分の1にあたる 34% は、暗号化キーを完全に管理していない。

Continue reading “クラウドにおけるデータの暗号化と保護:大半の企業が未達成という状況”

Slack/Teams/Zoom などによる攻撃面積の拡大を理解する

Understanding the Human Communications Attack Surface

2021/11/01 DarkReading — 最近の話だが、Slack/Microsoft Teams/Zoom などのチャネルで、人と人のコミュニケーションを悪用した脆弱性の公開や、PoC エクスプロイトの悪用などのインシデントが増えている。これらのクラウド・ベースのチャネルは、具体的な攻撃手段であるだけではなく、内部の人間にアクセスできるという点で、ヒューマン・コミュニケーションを悪用する犯罪者にとって、魅力的な手段となっている。

Continue reading “Slack/Teams/Zoom などによる攻撃面積の拡大を理解する”

SaaS を安全に運用するためのソリューション:CASB と SSPM の違いはどこに?

Securing SaaS Apps — CASB vs. SSPM

2021/11/01 TheHackerNews — Cloud Access Security Brokers (CASB) と SaaS Security Posture Management (SSPM) は、SaaS アプリケーションのセキュリティに対処するために設計されたソリューションであるため、しばしば混同される。CASBは、重要なデータを保護するために、複数のセキュリティ・ポリシーを実施することで、機密データを保護する。

Continue reading “SaaS を安全に運用するためのソリューション:CASB と SSPM の違いはどこに?”

SaaS セキュリティ統合:SSPM ツールを選ぶ際のチェックリスト

The Ultimate SaaS Security Posture Management (SSPM) Checklist

2021/10/14 TheHackerNews — クラウド・セキュリティとは、その中に IaaS/PaaS/SaaS を抱く傘である。Gartner は、セキュリティ・リスクを継続的に評価し、SaaS アプリケーションのセキュリティ体制を管理するソリューションとして、SaaS Security Posture Management (SSPM) カテゴリーを設けた。

Continue reading “SaaS セキュリティ統合:SSPM ツールを選ぶ際のチェックリスト”

SaaS のセキュリティ:リスクを分析して対策を講じる

[eBook] The Guide for Reducing SaaS Applications Risk for Lean IT Security Teams

2021/10/13 TheHackerNews — SaaS (Software-as-a-Service) 業界は、わずか数年の間に、目新しいものから、ビジネス界に欠かせないものへと変化した。多くの企業にとってのメリットとして、効率性や生産性の向上と、容易なアクセスなどが明らかになっているが、SaaS モデルがもたらすリスクも目立ち始めている。現在、大半の企業が SaaS を利用していると言っても過言ではない。それにより、セキュリティ・チームにとって、大きな課題が生じている。

Continue reading “SaaS のセキュリティ:リスクを分析して対策を講じる”

SaaS 運用の管理が甘いとサプライチェーン・リスクが生じる

Unmanaged SaaS Data Brings Supply Chain Risks

2021/08/30 SecurityBoulevard — SaaS (Software-as-a-Service) のデータに対するアクセスが管理されていなと、内部および外部からの脅威が発生する可能性が高まる。その理由を、DoControl Inc の新しいレポートが示している。この SaaS セキュリティ企業は、平均 1,000人の従業員を抱える企業と、50万件〜1,000万件の資産を持つデータストアを評価した結果として、SaaS データ・アクセスの40%が管理されていないことを発見した。つまり、膨大な資産が、パブリックに共有される可能性があるのだ。

Continue reading “SaaS 運用の管理が甘いとサプライチェーン・リスクが生じる”

Salesforce Communities の設定ミスが顧客やパートナーにリスクをもたらす

Salesforce Communities Misconfig Puts Clients, Partners at Risk

2021/08/17 SecurityBoulevard — Varonis の研究者たちが発見した、Salesforce Communities のミス・コンフィグレーションとは、大切なデータをインターネットに公開してしまう可能性を持つものだ。Varonis のブログには、「匿名のユーザにより、顧客リストや、サポート・ケース、従業員の電子メール・アドレスなどの、機密情報を含むオブジェクトの照会が可能になる」と述べている。

Continue reading “Salesforce Communities の設定ミスが顧客やパートナーにリスクをもたらす”

Adobe Magento の深刻なリモート脆弱性などが FIX された

Adobe fixes critical preauth vulnerabilities in Magento

2021/08/10 BleepingComputer — Adobe は Patch Tuesday において、Magento の Critical な脆弱性と、Adobe Connect の important バグを修正する、セキュリティ・アップデートを公開した。今日のセキュリティ・アップデートが提供された Adobe 製品は以下の通りだ。

APSB21-64 Security updates available for Magento
APSB21-66 Security update available for Adobe Connect

Continue reading “Adobe Magento の深刻なリモート脆弱性などが FIX された”

クラウドや仮想環境をターゲットにする脅威のトレンドとは?

Rising Threats Target Cloud Providers, Virtual Infrastructure

2021/07/20 SecurityBoulevard — Positive Technologies のレポートによると、仮想化環境を攻撃するためのマルウェア開発が増加しており、その中には仮想インフラをディプロイするためのソフトウェア内で既に見つかっている脆弱性を、積極的に利用しようとするサイバー犯罪者もいるという。2021年におけるサイバー攻撃の全体的な件数は、2020年の第1四半期との比較では 17% 増加となっており、また、77% が標的型攻撃であったとのことだ。

Continue reading “クラウドや仮想環境をターゲットにする脅威のトレンドとは?”

オンプレミスとクラウドの ID を効果的にブリッジするには

How to Bridge On-Premises and Cloud Identity

2021/07/15 DarkReading — 組織が管理すべき ID の数は膨大であり、気が遠くなるほどだ。場合によっては、何十万/何百万もの人々/デバイスが存在することもある。歴史的にみるとは、これらの ID は、ビジネスアプリケーションや、レガシーの ID インフラストラクチャ、そして特定のデータセンターにハードコードされた、いくつかの内部 ID サイロに分散していた。

Continue reading “オンプレミスとクラウドの ID を効果的にブリッジするには”