Instagram に €405M の罰金:アイルランド規制当局が不適切なアカウント保護を摘発

Irish Watchdog Fines Instagram 405M Euros in Teen Data Case

2022/09/06 SecurityWeek — 欧州連合の厳格なデータプライバシー規則に違反して、Instagram が 10代の若者の個人情報を誤って扱っていたことが判明した後に、このソーシャルメディア・プラットフォームは、アイルランドの規制当局により多額の罰金を科されることになった。 この月曜日のメールで、アイルランドのデータ保護委員会は、Instagram に €405 million ($402 million) の罰金を科す最終決定を、先週に下したことを明らかにした。

Continue reading “Instagram に €405M の罰金:アイルランド規制当局が不適切なアカウント保護を摘発”

Amazon Ring for Android の脆弱性が FIX:画像の不正アクセスから機械学習への連鎖

Amazon fixes Ring Android app flaw exposing camera recordings

2022/08/18 BleepingComputer — Amazon は、Amazon Ring for Android において、侵害に成功したハッカーが、ユーザーの保存したカメラ録画をダウンロードできるという、深刻度の高い脆弱性を修正した。この脆弱性は、アプリケーション。セキュリティテスト会社である Checkmarx のセキュリティ研究者が発見し、2022年5月1日にアマゾンに開示し、5月27日に修正されたものである。

Continue reading “Amazon Ring for Android の脆弱性が FIX:画像の不正アクセスから機械学習への連鎖”

Android バンキング型トロイの木馬 SOVA:新たな機能でターゲットを拡大

SOVA Android Banking Trojan Returns With New Capabilities and Targets

2022/08/15 TheHackerNews — Android バンキング型トロイの木馬 SOVA は、バンキング・アプリ/仮想通貨取引/ウォレットなどの、200以上のモバイルアプリを標的とするために、積極的にアップグレードが続けられている。そして、ターゲットとなるアプリの数は、開発当初の 90から増加している。

Continue reading “Android バンキング型トロイの木馬 SOVA:新たな機能でターゲットを拡大”

OCFS でセキュリティ・アラートを正規化:AWS と Splunk が Black Hat で発表

New Cross-Industry Group Launches Open Cybersecurity Framework

2022/08/12 DarkReading — BLACK HAT USA – LAS VEGAS — Amazon Web Services (AWS) と Splunk は、各種の監視システムにおけるセキュリティ・アラートの標準化を推進するために、18種類のシステムおよびセキュリティ・ベンダーによる、業界としての取り組みを主導していく。その目的は、セキュリティ・チームのためにあり、セキュリティ・データを迅速に取り込み分析するための、ベンダーにとらわれない簡素化された分類法を提供することにある。

Continue reading “OCFS でセキュリティ・アラートを正規化:AWS と Splunk が Black Hat で発表”

AWS における Security/Privacy/Compliance 対応:クラウド・ユーザーを強力に支援

AWS Announces Enhancements to Cloud Security, Privacy, Compliance

2022/07/27 SecurityWeek — AWS が新たに立ち上げた Customer Incident Response Team (CIRT) は、顧客が責任を負うシステムやデータに影響を与える、アクティブなセキュリティ・イベント時に、ユーザーを支援することを目的とする。AWS CIRT との連携は、サポートケースを開設することで実施される。また、AWSのアカウントとワークロード向けの脅威検知サービス である Amazon GuardDuty に、マルウェア検知機能が追加されることも発表された。この Malware Protection 機能を有効にすると、EC2 インスタンスやコンテナ・ワークロードで不審なアクティビティが検出されたたときに、マルウェアスキャンが開始される。

Continue reading “AWS における Security/Privacy/Compliance 対応:クラウド・ユーザーを強力に支援”

Linux 上の Docker API 狙う暗号マイナー・マルウェア Lemon_Duck とは?

Docker servers hacked in ongoing cryptomining malware campaign

2022/04/21 BleepingComputer — Linux サーバ上の Docker API が、Lemon_Duck ボットネット・オペレーターによる、大規模な Monero 暗号キャンペーンの標的になっている。このクリプトマイニング・マイニング集団は、セキュリティが不十分な Docker システムや、ミス・コンフィグレーションのある Docker システムにとって常に脅威であり、近年では複数の大規模なエクスプロイト・キャンペーンが報告されている。

Continue reading “Linux 上の Docker API 狙う暗号マイナー・マルウェア Lemon_Duck とは?”

Amazon の Log4Shell ホットパッチに問題:コンテナ・エスケープと権限昇格が生じる?

Amazon’s Hotpatch for Log4j Flaw Found Vulnerable to Privilege Escalation Bug

2022/04/21 TheHackerNews — Amazon Web Services (AWS) がリリースした Log4Shell 脆弱性に対する ホットパッチだが、コンテナ・エスケープや権限昇格に悪用され、基盤となるホスト制御の乗っ取りを許してしまう問題があるようだ。Palo Alto Networks Unit 42 の研究者である Yuval Avrahami は、今週に発表したレポートにおいて、「コンテナの問題以外にも、このパッチを悪用することで非特権プロセスを特権昇格させ、root コードを実行させることが可能だ」と述べている。

Continue reading “Amazon の Log4Shell ホットパッチに問題:コンテナ・エスケープと権限昇格が生じる?”

Amazon RDS の脆弱性:PostgreSQL エクステンションの情報漏えいの問題が FIX

Amazon RDS Vulnerability Led to Exposure of Credentials

2022/04/12 SecurityWeek — 月曜日に Amazon Web Services (AWS) は、Amazon Relational Database Service (RDS) の脆弱性に対応したことについて、そして、内部認証情報の漏洩につながる可能性があることについて発表した。Amazon RDS は、MySQL や PostgreSQL をサポートする、AWS 独自のデータベースエンジン Amazon Aurora などの、複数のデータベース・エンジンをサポートするマネージド・データベース・サービスである。

Continue reading “Amazon RDS の脆弱性:PostgreSQL エクステンションの情報漏えいの問題が FIX”

Qihoo 360 の主張:中国からデータを盗み出すハッカーの背後に米 NSA がいる

Qihoo 360 says US NSA is behind hacking group that has stolen Chinese data

2022/03/23 SCMP — 米国の制裁対象となっている、中国のサイバー・セキュリティ企業の主張は、米国政府の支援を受けたハッカー集団が、10年以上にわたって中国を攻撃しているというものだ。中国の起業家 Zhou Hongyi が設立した Qihoo 360 は、APT-C-40 と呼ばれるハッキンググループが米国政府と提携しており、過去10年にわたり中国の大手企業/政府/研究機関/インフラをひそかに攻撃していると、最近の報告書で述べている。

Continue reading “Qihoo 360 の主張:中国からデータを盗み出すハッカーの背後に米 NSA がいる”

Google が追跡:Conti/Diavol と連携するアクセス・ブローカー Exotic Lily

Google Uncovers ‘Initial Access Broker’ Working with Conti Ransomware Gang

2022/03/18 TheHackerNews — Google の Threat Analysis Group (TAG) は、ロシアのサイバー犯罪組織である Conti や Diavol などと密接に関係しているとされる、新たなイニシャル・アクセス・ブローカーの情報を公表した。この Exotic Lily と名付けられた脅威アクターは、Microsoft Windows の MSHTML プラットフォームに存在する、修正済みの深刻な脆弱性 CVE-2021-40444 を悪用し、世界 の 650 の標的組織に対して、1日に 5000通以上のビジネス提案をテーマにした電子メールを送信する、フィッシング・キャンペーンを広く展開していると確認されている。

Continue reading “Google が追跡:Conti/Diavol と連携するアクセス・ブローカー Exotic Lily”

TrickBot の進化:難読化された 20本以上のモジュールを自在に操る

TrickBot developers continue to refine the malware’s sneakiness and power

2022/02/16 CyberScoop — Check Point Research によると、汎用性の高いマルウェア TrickBot の開発者は、サイバーセキュリティ・アナリストの一歩先を進み、金融機関やテクノロジー企業の顧客に対して大きな危険をもたらし続けているとのことだ。水曜日に発表した調査結果で同社は、「TrickBot の開発者は、アンチ分析と難読化の機能を幾重にも備えており、専門家がマルウェアのコードを解析しようとする際に、Command and Control との通信を遮断し、動作を完全に停止することがある。

Continue reading “TrickBot の進化:難読化された 20本以上のモジュールを自在に操る”

OpenSSF の新プロジェクト Alpha – Omega:セキュリティのために Microsoft/Google が出資

OpenSSF Launches Project to Secure Open Source Software

2022/02/01 SecurityBoulevard — 今日、Open Source Security Foundation (OpenSSF) は、Microsoft と Google から提供された $5 million の初期投資を用いて、オープンソース・ソフトウェアのセキュリティを向上させるための Alpha-Omega プロジェクトを立ち上げた。

OpenSSF の General Manager である Brian Behlendorf は、このプロジェクトの目的について、セキュリティに関する専門知識を広範なオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトに提供し、オープンソース・ソフトウェア構築で用いられる DevSecOps ワークフローに組み込むことが可能な、自動セキュリティ・テスト・ツールへのアクセスを提供することだと述べている。

Continue reading “OpenSSF の新プロジェクト Alpha – Omega:セキュリティのために Microsoft/Google が出資”

ホワイトハウス OSS セキュリティ・サミット:各ベンダーの声明を集めてみた

U.S. Government, Tech Giants Discuss Open Source Software Security

2022/01/14 SecurityWeek — 2020年1月13日にホワイトハウス・サミットが開催され、米国の政府と大手ハイテク企業の代表者がオープンソース・ソフトウェアのセキュリティについて話し合った。広く利用されている Log4j ロギング・ユーティリティーに影響を与える脆弱性が、公開/悪用されたことで、オープンソースとソフトウェア・サプライチェーンのセキュリティの重要性が、あらためて浮き彫りになっている。ホワイトハウス・サミットの目的は、オープンソース・ソフトウェアのセキュリティを向上させ、オープンソース・コミュニティを効果的にサポートする方法を特定することだった。

Continue reading “ホワイトハウス OSS セキュリティ・サミット:各ベンダーの声明を集めてみた”

ホワイトハウスの念押し:ハイテク大手のオープンソースが国家安全保障の問題

White House reminds tech giants open source is a national security issue

2022/01/14 BleepingComputer — Log4J の脆弱性による重要インフラへの脅威を受けて、ホワイトハウスは政府機関や民間企業に対して、オープンソース・ソフトウェアとサプライチェーンの安全確保に向けて、リソースを結集し努力するよう養成した。そのためのサミットが開催され、「オープンソース・ソフトウェアのセキュリティ上の欠陥や脆弱性の防止」「セキュリティ上の欠陥の発見と修正のプロセスの改善」「修正プログラムの提供と展開に要する時間の短縮」という、3つのテーマが取り上げられた。

Continue reading “ホワイトハウスの念押し:ハイテク大手のオープンソースが国家安全保障の問題”

サイバー攻撃の最新動向:クラウドからトロイの木馬を振り撒く攻撃者たち

New Cyberattack Campaign Uses Public Cloud Infrastructure to Spread RATs

2022/01/13 DarkReading — 最近の攻撃キャンペーンには、パブリック・クラウドのインフラを利用して、コモディティ RAT である Nanocore/Netwire/AsyncRAT の亜種を配信し、ユーザーのデータを標的にするものが見られると、研究者たちが報告している。この、10月に発見された攻撃キャンペーンは、攻撃者が自身でインフラをホストせずに目的を達成するために、クラウド利用を増やしていることが明示されていると、Cisco Talos の研究者たちが報告している。

Continue reading “サイバー攻撃の最新動向:クラウドからトロイの木馬を振り撒く攻撃者たち”

AWS 顧客データ流出のバグが FIX:発見した Orca と AWS の間で評価にズレが

AWS fixes security flaws that exposed AWS customer data

2022/01/13 BleepingComputer — Amazon Web Services (AWS) は、他の AWS 顧客アカウントにリンクされたデータへのアクセス/変更を許す、AWS Glue のセキュリティ問題に対処した。AWS Glue は、サーバーレスのクラウド・データ統合サービスであり、アプリ開発/機械学習/分析のための、データの発見/準備/結合を支援するものだ。

Continue reading “AWS 顧客データ流出のバグが FIX:発見した Orca と AWS の間で評価にズレが”

FlexBooker から 370万人分以上のユーザー・アカウント情報が盗まれた

Over 3.7 million accounts were compromised in the FlexBooker data breach

2022/01/07 SecurityAffairs — FlexBooker が脅威アクターにより攻撃され、370万人以上のユーザー・アカウントが侵害された。この攻撃はクリスマス休暇前に行われ、盗まれたデータは複数のサイバー犯罪フォーラムで販売されている。FlexBooker は、オンラインのアポイントメント・スケジューリング・プラットフォームであり、予約のスケジュール化や、従業員のカレンダー同期などを提供している。

Continue reading “FlexBooker から 370万人分以上のユーザー・アカウント情報が盗まれた”

SEGA Europe が AWS S3 バケットを誤って公開:データとインフラが危険に

SEGA Europe left AWS S3 bucket unsecured exposing data and infrastructure to attack

2022/01/03 SecurityAffairs — サイバー・セキュリティ企業の VPN Overview の報告によると、年末にゲーム大手の SEGA Europe が、Amazon Web Services (AWS) の S3 バケットにユーザーの個人情報を誤って公開し、放置していたことが分かった。この S3 バケットには、複数の AWS キーが含まれており、これらのキーを使用することで、SEGA Europe の複数のクラウド・サービスにアクセスすることが可能だった。また、MailChimp や Steam のキーも含まれており、これらのサービスに SEGA の名前でアクセスすることもできた。

Continue reading “SEGA Europe が AWS S3 バケットを誤って公開:データとインフラが危険に”

Log4j Java library の深刻なゼロデイ脆弱性 CVE-2021-44228 に対処するには?

New zero-day exploit for Log4j Java library is an enterprise nightmare

2021/12/10 BleepingComputer — ユビキタスな Java ベースのロギング・ライブラリである Apache Log4j の、深刻なゼロデイ脆弱性の PoC エクスプロイトがオンラインで共有されたことで、ホーム/エンタープライズ・ユーザーが、リモートコード実行の攻撃にさらされる可能性が生じている。

Continue reading “Log4j Java library の深刻なゼロデイ脆弱性 CVE-2021-44228 に対処するには?”

Eltima SDK の複数の脆弱性:Amazon WorkSpaces などのクラウドに影響をおよぼす

Eltima SDK Contain Multiple Vulnerabilities Affecting Several Cloud Service Provides

2021/12/08 TheHackerNews — この脆弱性は、Amazon Workspaces/Accops/NoMachine などのクラウド・デスクトップ・ソリューションに、知らず知らずのうちに引き継がれており、攻撃者による各種の悪意のアクティビティを行う経路となり得ると、サイバー・セキュリティ研究者たちが明らかにした。

Continue reading “Eltima SDK の複数の脆弱性:Amazon WorkSpaces などのクラウドに影響をおよぼす”

AWS と顧客の責任分担モデル:14項目の Shared Responsibility を表にしてみた

SBN What is the AWS Shared Responsibility Model?

2021/12/02 SecurityBoulevard — 多くのクラウド・プロバイダーと同様に、AWS は 責任共有モデル (Shared Responsibility Model) を基に運営されている。AWS は ‘of’ the cloud のセキュリティに責任を持ち、AWSの顧客は ‘in’ the cloud のセキュリティに責任を持つ。AWS は、顧客の重要な情報やアプリケーションを保護するために、プラットフォームのセキュリティを優先しており、インフラのセキュリティに責任を持つ。

Continue reading “AWS と顧客の責任分担モデル:14項目の Shared Responsibility を表にしてみた”

Dell と Amazon がデータ保護で連携:PowerProtect Cyber Recovery for AWS が登場

Dell Allies with AWS to Protect Data

2021/12/01 SecurityBoulevard — Dell Technologies と Amazon Web Services (AWS) は、AWS re:Invent カンファレンスにおいて、Dell EMC PowerProtect Cyber Recovery for AWS を発表した。これにより、サイバー攻撃を受けた企業がアクセスするための、データの完全なコピーを作成することが可能になる。Dell EMC PowerProtect Cyber Recovery for AWS は、これまで VMware のハイパーバイザーで提供されてきたが、AWS の Amazon Machine Image (AMI) 仮想マシン・アプライアンスにも提供されることになった。

Continue reading “Dell と Amazon がデータ保護で連携:PowerProtect Cyber Recovery for AWS が登場”

AWS S3 Buckets の管理:大多数のユーザーが潜在的に抱える問題とは?

New Research: The Urgent Threat of Ransomware to S3 Buckets

2021/10/07 SecurityBoulevard — AWS S3 Buckets は信頼性が高いと評価されており、安心して利用できる。しかし、多くのクラウド・セキュリティ関係者は、S3 Buckets が予期せぬソースからの、大きなセキュリティ・リスクに直面していることを認識していない。それは ID である。漏洩した ID は、資格の組み合わせにより、組織のデータに対するランサムウェア攻撃を容易に許してしまう。

Continue reading “AWS S3 Buckets の管理:大多数のユーザーが潜在的に抱える問題とは?”

Amazon 傘下の Twitch ストリーミングサイト:ハッキングの背景にある憎悪とは?

Streaming Site Twitch Confirms Hack

2021/10/06 SecurityWeek — Amazon 傘下の人気ライブ・ビデオ・ストリーミング・プラットフォーム Twitch は、同社の機密データが流出したとの報告がネット上に掲載された後に、ハッカーたちがネットワークに侵入してきたと発表した。Twitch は、ゲームのライブ配信などを行っているサービスだが、この侵入は Twitter を介して確認されている。

Continue reading “Amazon 傘下の Twitch ストリーミングサイト:ハッキングの背景にある憎悪とは?”

ImmuniWeb の無料の Cloud Security Test:保護されていないストレージを検出

ImmuniWeb Launches Free Cloud Security Test to Detect Unprotected Storage

2021/09/30 TheHackerNews — IDC Cloud Security Survey 2021 では、過去18ヶ月以内に 98% もの企業が、クラウド上でデータ侵害の被害に遭っているとしている。パンデミックに煽られて、世界中の中小企業や大企業のデータやインフラが、パブリック・クラウドに移行しているが、その一方では、クラウドの新規性やセキュリティ/プライバシー問題を過小評価していることが多いようだ。

Continue reading “ImmuniWeb の無料の Cloud Security Test:保護されていないストレージを検出”

Amazon AWS Cloud でのインシデント対応:どこから考え始めれば良いのか?

Incident Response In The AWS Cloud

2021/09/30 CyberSecurityIntelligence — Amazon Web Services (AWS) のクラウドは、他の主要クラウド。ベンダーと同様に、責任共有モデルで機能している。つまり、AWS 側は基盤となるインフラを保護し、クラウドの顧客側は、アカウントと権限、ネットワークとデータ、クラウドに配置されたアプリケーション・コードなどの、クラウド上のリソースとデータを保護することが求められている。

Continue reading “Amazon AWS Cloud でのインシデント対応:どこから考え始めれば良いのか?”

6万以上のパークドメインに危機:レジストラだけではなく AWS にも問題が

Over 60,000 parked domains were vulnerable to AWS hijacking

2021/09/03 BleepingComputer — ドメイン・レジストラの MarkMonitor は、60,000件以上のパークドメインをハイジャックに対して脆弱な状態にしていた。Clarivate 傘下となった MarkMonitor は、世界のトップ・ブランドと、それを利用する何十億もの人々の、オンライン・プレゼンスの確立/保護を支援するドメイン管理会社である。そこにパークされたドメインは、存在しない Amazon S3 バケットのアドレスを指していることが確認されており、ドメイン乗っ取りの弱点が存在することを示唆している。

Continue reading “6万以上のパークドメインに危機:レジストラだけではなく AWS にも問題が”

Microsoft / Google / Amazon / Apple が セキュリティの未来を議論 @ White House

Microsoft and Google to invest billions to bolster US cybersecurity

2021/08/26 BleepingComputer — 昨日に、ホワイトハウスで開催された Cybersecurity Summit において、ビッグテック/教育/金融/インフラなどの、各分野におけるエグゼクティブおよびリーダーが、米国の利益の安全性を強化することに約束した。

Continue reading “Microsoft / Google / Amazon / Apple が セキュリティの未来を議論 @ White House”

Black Hat 2021:クラウドの脆弱性にも CVE アプローチが必要なのか?

Researchers Call for ‘CVE’ Approach for Cloud Vulnerabilities

2021/08/07 DarkReading — Black Hat USA 2021 – Las Vegas – これまでの1年間において、クラウド・サービスのセキュリティ上の欠陥や弱点を、徹底的に調査してきた2人の研究者が、Amazon Web Services (AWS) アカウント間の隔離が破られるという、新たな問題を明らかにした。クラウド・セキュリティ企業である Wiz.io の Ami Luttwak と Shir Tamari によると、このようなアカウントをまたぐクラウド・サービスの脆弱性は、AWS 以外にも広く存在する可能性があるという。今回の調査では、クラウド・サービスの利用者にとって、自分が利用しているクラウドのインスタンスが、他の利用者のインスタンスから、必ずしも隔離されているわけではないという、厳しい現実が示唆された。

Continue reading “Black Hat 2021:クラウドの脆弱性にも CVE アプローチが必要なのか?”

Amazon に科された GDPR 罰金 970億円の意味と反論

Amazon gets $888 million GDPR fine for behavioral advertising

2021/07/30 BleepingComputer — Amazon だが、ターゲット行動広告の実施方法に関する GDPR 違反の疑いで、€746 million ($887 million : 970億円)という記録的な罰金を科せられた。この罰金は、個人情報の収集と使用の合法性を監視するために設立された、独立公的機関であるルクセンブルグの CNPD (Commission nationale pour la protection des données) から要求されたものだ。本日に提出された SEC Form 10-Q において、この巨額の罰金は、2021年7月16日に CNPD から科されたものであり、個人データの不適切な処理に対するものとされると、Amazon は述べている。

Continue reading “Amazon に科された GDPR 罰金 970億円の意味と反論”

Amazon の Ring がビデオの End-to-End 暗号化を開始

Amazon starts rolling out Ring end-to-end encryption globally

2021/07/14 BleepingComputer — Amazon 傘下の Ring は、ビデオの End-to-End Encryption (E2EE) のグローバルを、限定したデバイスを持つ顧客に向けて開始すると発表した。それに先立ち、2021年1月13日に Ring は、米国の顧客向けに E2EE テクニカル・プレビューをリリースすると発表している。Ring の説明によると「本日、テクニカル・プレビューから移行し、この機能の提供をグローバルに拡大できることを、喜んで発表する。Ring はデフォルトで、顧客の動画がクラウドにアップロードされた時(転送時)と、Ring のサーバーに保存された時(静止時)に、動画を暗号化している。

Continue reading “Amazon の Ring がビデオの End-to-End 暗号化を開始”

Fastly CDN の障害により数多くの Web サイトがダウン

StackOverflow, Twitch, Reddit, others down in Fastly CDN outage

2021/06/08 BleepingComputer — グローバル・ネットワークの停止により、世界中の主要な Web サイトが完全にダウンし、また、正しくコンテンツを読み込めないという状況に陥った。BleepingComputerによると、この記事を執筆された 6月8日の時点で、影響を受けているサイトは以下の通りとなる。

Continue reading “Fastly CDN の障害により数多くの Web サイトがダウン”

AWS データセンターを爆破しようとした男を FBI が逮捕

FBI arrests man for plan to kill “70% of Internet” in AWS bomb attack

2021/04/09 BleepingComputer — FBI はテキサス州在住の Seth Aaron Pendley (28歳) を、バージニア州アッシュバーンの Smith Switch Road にある Amazon Web Services (AWS) のデータセンターを標的とした、インターネットの約70%を消滅させる爆弾攻撃を計画した容疑で逮捕した。

Continue reading “AWS データセンターを爆破しようとした男を FBI が逮捕”

Ubiquiti へのサイバー攻撃は当初の発表より深刻かも?

Ubiquiti cyberattack may be far worse than originally disclosed

2021/04/01 BleepingComputer — Ubiquiti による1月のデータ侵害レポートは、企業や家庭のネットワークにディプロイされた、顧客のデータやデバイスを危険にさらす大掛かりなインシデントを、隠蔽する工作だと言われている。サードパーティであるクラウド・プロバイダーがホストするITシステムの一部に、攻撃者がアクセスしてユーザー・アカウントに影響を与えるという、

Continue reading “Ubiquiti へのサイバー攻撃は当初の発表より深刻かも?”