Synopsys 調査:OSS コードベースの 80% には脆弱性が必ず存在する

80% of Software Codebases Contain at Least One Vulnerability

2022/04/13 DarkReading — 一般的なコードベースにおけるオープンソース・ソフトウェアの比率は、2021年に 78% にまで拡大したが、古くなりメンテナンスされなくなったコンポーネントを、つまり、潜在的に脆弱なソフトウェアを使い続ける企業が多いことが、新しい調査で明らかになった。今週に発表された Synopsys の年次レポート Open Source Software Risk Analysis (OSSRA) によると、ソフトウェア・コードベースの 81% は、少なくとも1つの脆弱性を含んでいる。また、85% は4年以上前のオープンソース・コンポーネントを使用し、88% は過去2年間に開発が行われていないコンポーネントを含むという。

Continue reading “Synopsys 調査:OSS コードベースの 80% には脆弱性が必ず存在する”

ゼロデイという状況に陥ったとき:準備がなければ何もできない?

What Does it Mean to Be Zero-Day?

2022/03/29 SecurityBoulevard — ゼロデイ脆弱性とは、コンピュータ・ソフトウェアの未知の脆弱性のことであり、その存在にセキュリティ・チームが気付く前に、ステルス・モードでの攻撃を可能にするものである。 ゼロデイとは、ソフトウェアの欠陥が発生してから、修正プログラムが提供されるまでの期間を指す、不定形な概念である。それにより、リスクに満ちたユニークなセキュリティ態勢の状況が生み出される。

Continue reading “ゼロデイという状況に陥ったとき:準備がなければ何もできない?”

Secure Software Summit:OSS サプライチェーン・セキュリティの現状について

Secure Software Summit: The State of OSS Supply Chain Security

2022/03/17 SecurityBoulevard — Open Source Software (OSS) サプライチェーンが、サイバー攻撃にさらされている。最近の Log4Shell 脆弱性に見られるように、OSS のサプライチェーンは、セキュリティの弱点を突こうとする、攻撃者の焦点となりつつある。数多くの調査レポートにおいて、いわゆる次世代ソフトウェア・サプライチェーン攻撃の、過去 10年間での大幅な増加が示されている。これらの攻撃は、ソースコード/ビルドシステム/CI/CDツール/コードテスト・ツールといった、ソフトウェア・サプライチェーンの重要なリンクの侵害を狙ったものである。

Continue reading “Secure Software Summit:OSS サプライチェーン・セキュリティの現状について”