CVE ナンバリング機関が拡大:2022年に追加された 50 の組織とは?

Over 50 New CVE Numbering Authorities Announced in 2022

2022/12/22 SecurityWeek — 2022年には 50以上の組織が、CVE Numbering Authority (CNA) として追加され、35カ国で合計 260 の CNA が存在することになった。大半の CNA は、自社製品で見つかった脆弱性に対して、CVE 識別子を付与するものだが、一部の CNA はサードパーティ製ソフトウェアに関して、自社の研究者が見つけた不具合に対しても CVE を付与することが可能となる。

Continue reading “CVE ナンバリング機関が拡大:2022年に追加された 50 の組織とは?”

Philips Tasy EMR ヘルスケアに深刻な SQL インジェクションの脆弱性

Philips healthcare infomatics solution vulnerable to SQL injection

2021/11/05 BleepingComputer — 医療記録ソリューションおよび医療管理システムとして、数百の病院で使用されている Philips Tasy EMR に、2つの深刻な SQL インジェクションの脆弱性が存在している。これらの脆弱性は、CVE-2021-39375 および CVE-2021-39376 として追跡されており、CVSS v3 の深刻度スコアはともに 8.8 となっている。

Continue reading “Philips Tasy EMR ヘルスケアに深刻な SQL インジェクションの脆弱性”

産業制御システム (ICS) に 637件の脆弱性:2021年上半期のレポート

Over 600 ICS Vulnerabilities Disclosed in First Half of 2021: Report

2021/08/19 SecurityWeek — 2021年の上半期において、ベンダー 76社の製品に影響をおよぼす、637件の ICS (Industrial Control System) 脆弱性が明らかになり、そのうち 70%以上が Critical または High の評価を受けている。それに対して、2020年下半期に公開された脆弱性は、449件に過ぎなかった。Claroty の分析によると、2021年上半期に開示されたセキュリティ・ホールにおいて、大部分は特別な条件を必要とせず、4分の3は特権を必要とせず、3分の2はユーザー操作を必要せずに悪用できるという。また、脆弱性の 61% はリモートで悪用でき、65% はサービス妨害 (DoS) 攻撃に利用できるとしており、IT システムに比べて大きな影響を与える可能性があるとしている。

Continue reading “産業制御システム (ICS) に 637件の脆弱性:2021年上半期のレポート”

CISA 勧告:Philips Vue ヘルスケア製品に 15 の脆弱性

CISA Says Philips Vue Healthcare Products Affected by 15 Vulnerabilities

2021/07/07 SecurityWeek — 昨日、米国 Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、Philips のヘルスケア製品 Vue に影響を及ぼす 15件の脆弱性について、各組織に周知するための勧告を発表した。CISA によると、欠陥の多くはサードパーティのコンポーネントに存在し、MyVue / Vue Speech / Vue Motion を含む、複数の Philips Clinical Collaboration Platform Portal (Vue PACS) に影響を及ぼす。これらのセキュリティホールは、不適切な入力検証/メモリ操作/認証処理/リソース処理/保護メカニズム/暗号処理/データ整合性や、クロスサイト・スクリプティングなどに関連するものである。

Continue reading “CISA 勧告:Philips Vue ヘルスケア製品に 15 の脆弱性”