GE Historian の脆弱性: ICS を標的とするスパイ活動や破壊活動にいたる恐れ

Hackers Can Exploit GE Historian Vulnerabilities for ICS Espionage, Disruption

2023/01/18 SecurityWeek — GE の Proficy Historian 製品で発見された脆弱性は、諜報活動のために悪用するハッカーにより、産業環境に被害や混乱を生じる可能性があるという。2023年1月17日に、米国の Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA) は、これらの脆弱性について連邦政府組織に通知し、この欠陥を発見した産業用サイバー・セキュリティ企業である Claroty も、詳細な内容をブログで発表した。

Continue reading “GE Historian の脆弱性: ICS を標的とするスパイ活動や破壊活動にいたる恐れ”

産業制御システム (ICS) に 637件の脆弱性:2021年上半期のレポート

Over 600 ICS Vulnerabilities Disclosed in First Half of 2021: Report

2021/08/19 SecurityWeek — 2021年の上半期において、ベンダー 76社の製品に影響をおよぼす、637件の ICS (Industrial Control System) 脆弱性が明らかになり、そのうち 70%以上が Critical または High の評価を受けている。それに対して、2020年下半期に公開された脆弱性は、449件に過ぎなかった。Claroty の分析によると、2021年上半期に開示されたセキュリティ・ホールにおいて、大部分は特別な条件を必要とせず、4分の3は特権を必要とせず、3分の2はユーザー操作を必要せずに悪用できるという。また、脆弱性の 61% はリモートで悪用でき、65% はサービス妨害 (DoS) 攻撃に利用できるとしており、IT システムに比べて大きな影響を与える可能性があるとしている。

Continue reading “産業制御システム (ICS) に 637件の脆弱性:2021年上半期のレポート”