ランサムウェアとサイバー保険の関係:カバー率は 30% に過ぎないという調査結果

Only 30% of Cyber-Insurance Holders Say Ransomware is Covered

2022/11/11 InfoSecurity — Delinea の最新調査によると、保険金請求者への支払額が急増しているため、サイバー保険プロバイダーたちは、保険の適用範囲を限定しているとのことだ。セキュリティ・ベンダーである Delinea は、最新レポート Cyber-insurance: if you get it be ready to use it を作成するために、米国に拠点を置く IT 意思決定者 300人を対象に調査を実施した。

Continue reading “ランサムウェアとサイバー保険の関係:カバー率は 30% に過ぎないという調査結果”

Lloyd’s 保険にサーバー攻撃:ロシア制裁の推進者に対する報復か?

Russian Sanctions Instigator Lloyd’s Possibly Hit by Cyber-Attack

2022/10/07 InfoSecurity — 対ロシア制裁の実施をリードするロンドンの保険市場 Lloyd’s of London が、サイバー攻撃を受けた可能性があることが判明した。2022年10月5日 (水) に、Lloyd’s of London は、同社のシステム上で “異常なアクティビティ”を検知し、予防措置として全ての外部接続をオフにしたと公表した。

Continue reading “Lloyd’s 保険にサーバー攻撃:ロシア制裁の推進者に対する報復か?”

サイバー保険を考える:ランサムウェアが引き上げる保険料と予測不能な未来

Ransomware Scourge Drives Price Hikes in Cyber Insurance

2022/07/12 DarkReading — ランサムウェア攻撃がもたらすコスト上昇により、英国/米国でサイバー保険の保険料が大幅に上昇していることが、新しいデータで明らかになった。米国では、過去2年間の平均支払額が $3.5 million を超えており、顧客のセキュリティ指標や対策に直接アクセスしたいと考える、サイバー・セキュリティ保険会社が増えているようだ。サイバー保険業界の現状に関する Panaseer のレポートによると、このような方式の採用により、セキュリティ管理の状況を証明しやすくなるという。

Continue reading “サイバー保険を考える:ランサムウェアが引き上げる保険料と予測不能な未来”

保険会社とランサムウェア:上位 99社のうち 18% が影響を受けやすい状況にある

18% of the top 99 insurance carriers have a high susceptibility to ransomware

2022/04/08 HelpNetSecurity — Black Kite が発表したレポートは、保険分野におけるサイバー・リスクの高まりと、ランサムウェアの影響に対する懸念を示している。最も注目すべき点は、上位 99社の保険会社のうち、20% 近くがランサムウェアの影響を受けやすい状況にあることだ。Black Kite の CSO である Bob Maley は、「サイバー保険の状況は、かつてないほど不安定になっている。デジタル・サプライチェーンは急速に拡大しており、サードパーティにおけるデータ漏洩やランサムウェア攻撃のリスクにさらされている。ビジネスを保護するためには、デジタル・ネットワークのサイバー健全性を徹底的に評価し、継続的に監視する必要がある」と述べている。

Continue reading “保険会社とランサムウェア:上位 99社のうち 18% が影響を受けやすい状況にある”

サイバー保険は API により進化していく

Improving Cyberinsurance with APIs

2021/08/31 SecurityBoulevard — サイバー保険に加入することは、あらゆる組織のセキュリティ・プランの必須条件であり、とりわけ中小企業にとっては必須となる。データ侵害が発生した場合に、サイバー保険で侵害に伴うコストを担保することで、企業のビジネスを維持するためのセーフティネットとなり得る。

Continue reading “サイバー保険は API により進化していく”