米 DoJ が潰した最大の地下マーケット Slilpp とは?

U.S. Authorities Shut Down Slilpp—Largest Marketplace for Stolen Logins

2021/06/10 TheHackerNews — 今日、米 Department of Justice (DoJ) 、は国際的な法執行活動の一環として、盗まれたログイン認証情報を取引する地下マーケット・プレイス Slilpp の、インフラを破壊/停止したと発表した。この違法マーケットに関連して、10数名が逮捕/起訴されている。

今回のサイバー犯罪捜査は、米国/ドイツ/オランダ/ルーマニアが共同で行ったものであり、Slilpp のインフラを管理するサーバーや、グループが運営する複数のドメインも押収された。Slilpp は 2012年から運営されるマーケット・プレイスであり、世界の 1,400社のオンライン・アカウントから盗まれたログイン情報が販売されていた。

また、8,000万以上の銀行口座やオンライン口座に関連する、ユーザー名とパスワードも販売されていた。これまでの被害報告に基づき、Slilpp で販売されたログイン情報が、米国内で $200 million を吸い上げるために使用されたと、Department of Justice (DoJ) は発表している。

DoJ Criminal Division の Acting Assistant Attorney General である Nicholas L. McQuaid は、「Slilpp から ID を購入した犯罪者により、世界中で数億ドルの損害が生じた。盗まれた個人情報などを販売する地下経済を、DoJ が容認しない。犯罪者のためのマーケットプレイスが何処にあっても、世界中の法執行機関と協力して、それを破壊し続ける」と述べています。

%d bloggers like this: