ベルギー内務省が巧妙なサイバー攻撃に遭遇したというが

Belgium Interior Ministry said it was hit by a sophisticated cyber attack

2021/05/26 SecurityAffairs — ベルギー内務省 (interior ministry) が、巧妙なサイバー攻撃に遭遇したことが、公共テレビ RTBF のスポークスマンにより、5月25日に確認された。 Federal Public Service Interior のコミュニケーション・ディレクターである Olivier Maerens は、同省サーバーへの侵入は生じていないとし、脅威アクターによるデータの窃取に至らなかったと説明している。

この攻撃は、2019年に発生しているが、発見されたのは2021年3月になってからである。 Maerens は、攻撃者からのアクセスを防ぐために緊急措置がとられた」と述べている。 ベルギー当局は、この攻撃ついて、専門家による調査を開始したが、国家に支援されたアクターが関与した可能性があると考えている。2021年5月上旬には、ベルギー政府の IT ネットワークの大部分を、大規模な DDoS 攻撃が襲っている。メディアによると、その攻撃により、内部システムもオフラインになったとされる。

この緊急措置の間、Belnet (Belgian National research and education network) が運営する Web サイトにアクセスしても、エラーメッセージが表示されたとのことです。また、ベルギー政府や警察の Web サイトも利用できなかったようです。Belnet は、教育機関/研究センター/科学研究機関/行政サービスのための、ベルギーのインターネット・プロバイダです。

%d bloggers like this: