TikTok における子供の保護に問題:米国のインディアナ州政府が提訴

TikTok Hit by US Lawsuits Over Child Safety, Security Fears

2022/12/08 SecurityWeek — 12月7日に米国のインディアナ州は、中国の TikTok アプリが、子供の安全性について虚偽の主張をしていると訴え、2件の訴訟を起こした。この訴訟は、TikTok が国家安全保障上の脅威であり、中国のスパイの手先であるという、複数の非難を受けたものだ。このように、米国内では TikTok に関する問題が山積してる。


Todd Rokita 司法長官は声明で、「ユーザーに害を与えることを十分に承知している中国企業により、無防備なインディアナの消費者に放たれた悪質な脅威が、TikTok アプリだ」と述べている。

この訴訟では、「TikTok のアルゴリズムが 13歳のユーザーに対して、アルコール/タバコ/ドラッグ/性的コンテンツなどの豊富なコンテンツ」を提供している」と述べられている。

また米国政府も、「大量の機密データや個人情報が、中国政府から窃取されないように保護されていると顧客を欺いた」と TikTok を提訴している。

TikTok の広報担当者は声明の中で、この件に関して特にコメントはしなかったが、「我々のコミュニティにとって、プライバシーとセキュリティは最優先事項だ。我々は、青少年の幸福を政策に組み込み、年齢により機能を制限し、ツールとリソースで親によるコントロールを強化し、年齢に応じた、また、家族のことを考えた、コンテンツを楽しむための新しい方法に投資し続ける」と述べている。

米国における TikTok への反対運動の戦線は拡大しており、いくつかの州や米軍が管理するデバイスでの使用が禁止されている。12月17日には、テキサス州も TikTok に対する積極的な行動を呼びかけ、この運動を推進する最新の州となった。

この人気のアプリは、中国政府が TikTok のデータを使って、世界中のユーザーを追跡し、何らかの圧力をかけるという懸念が指摘されてきた。

現在、国家安全保障上の懸念を解消するために、TikTok は米国政府と交渉中であり、最大の市場の1つでの事業を維持することを望んでいる。

TikTok は、「米国の国家安全保障上の懸念を、すべて払拭するための合理的な道筋をたどっていると確信している」と述べている。

TikTok の壮大な成功は、Meta 所有する Instagram や、Snapchat などのライバル・サイトなどの、膨大な広告収入に打撃を与え、苦しませている。

しかし、11月に FBI の Christopher Wray 長官は、TikTok に関連するセキュリティ・リスクについて、極めて懸念していると議員たちに述べている。

なんというか、叩かれっぱなしの TikTok ですが、そのプライバシー・ポリシーに関する問題と、人気に対するやっかみが、背景にあるのだろうと思います。最近のニュースとしては、2022年9月5日の「TikTok ハッキング:20億人分の情報流出を主張する BlueHornet ハッカー集団」や、9月27日の「TikTok に £27m の罰金:英国規制当局が 13歳未満ユーザーのプライバシー保護で提訴」、11月3日の「TikTok がプライバシー・ポリシーを改定:欧州ユーザーへの中国からのアクセスを開始」などがあります。ソーシャルメディアとしては、ダントツの露出量です。よろしければ、TikTok で検索も、ご利用ください。

%d bloggers like this: