ByteDance / Kuaishou / LinkedIn は違法にデータを収集していると中国政府が批判

China calls out ByteDance, Kuaishou, and LinkedIn for illegal data collection

2021/05/21 SCMP — 中国のインターネット監視当局は、中国版 TikTok / Kuaishou / LinkedIn と 102 種類のモバイル・アプリケーションを、個人データの違法な収集と利用があったとして名指しで非難した。Cyberspace Administration of China (CAC) は、ユーザーからの苦情を受けた後に、105のアプリが複数の法律に違反したと判断した。

具体的には、違法なアクセスや、過剰な収集、過剰な認可により、個人情報を侵害していたことを発見したと、WeChat の公式アカウントで通知している。Kuaishou や ByteDance 傘下の TikTok などにおけるショート・ビデオ・アプリのほか、Microsoft 傘下の LinkedIn と Bing や、Tencent 傘下の音楽ストリーミング・サービス Kugou、そして、検索大手 Baidu のモバイル・ブラウザなどがリストに含まれていたという。

それらは、Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) の新しい規制が 5月1日に施行された後に、精査の対象となった最新のアプリ群と一致している。それ移行の動きとして、CAC は定期的に同様の通知を発表し、Tencent Holdings / Baidu / Alibaba Group Holding が開発したセキュリティ・アプリや、Baidu / Sogou / iFlyTek / Tencent が開発した、テキスト入力/マップ/インスタント・メッセンジャーなどのアプリの問題を指摘している。

この記事によると、約10億人のユーザーを抱える世界最大のインターネット市場において、北京政府は個人のプライバシー侵害を根絶するために努力しているとのことです。同政府は昨年、個人情報保護法を制定し、今回のような違反行為に対して、最大で 50 million yuan (US$7.7 million)、または年間売上高の 5%の罰金を設定しているようです。つまり、個人情報は政府のものであり、民間企業は厳しく取り締まるということなのでしょう。

%d bloggers like this: