IoT データ・マネージメント市場は 2026年まで着実に伸び続ける

IoT data management market to grow steadily by 2026

2022/01/24 HelpNetSecurity — IoT データ・マネージメント市場は、成長の 35% が北米を起点とし、その主要な市場は米国である。北米における市場の成長は、他の地域と比較して速いと思われる。IoT データ・マネージメント市場は、2021年から2026年にかけて $94.79 billion の成長が見込まれている。しかし、Technavio の最新市場レポートによると、成長の勢いはCAGR 13.68%で減速する可能性が高いとされている。また、IoT データ・マネージメント市場は、2022年に前年比 18.50% の成長率を記録するとされている。

IoT データ・マネージメント市場の駆動力

IoT データ・マネージメント市場の成長を促進する主な要因は、産業オートメーションの成長である。現在の産業を取り巻く環境は、プロセスの自動化の高まりとともに、徐々に進化している。物理システムとデジタル・システムの組み合わせにより、HMI が改善され、M2M 通信が可能になっている。

Industry 4.0 は、スマート・マシンによる製造プロセスが独自に行われ、スマート・ロボットが人間と協調して製品を組み立て、ドライバー・レスの輸送車両が独自に物流を行うという、製品に関するライフサイクル全体を定義している。

工業製造業におけるサイバー・システムと物理システムの統合により、効率の向上/安全性の向上/機械の予知保全/収益性の向上が可能になる。 そのため、世界中の業界が Industry 4.0 を実装し、マテリアル・フローを最適化し、製品ライフサイクルの初期段階でエラーを検出している。

市場の課題

IoT への取り組みや投資を効率的に管理する意識の欠如は、予測期間における IoT データ・マネージメント市場の大きな課題となるだろう。産業用 IoT の導入は増加傾向にあるが、IoT 投資の管理/セキュリティ確保/最適化などにおいて、かなりの困難が企業を悩ませるだろう。産業施設への IoT の導入は、産業界が行うべき主要な作業の一つである。

次のステップは、従業員が IoT に対して迅速に適応できるよう、IoT プラットフォームにおける作業について従業員を教育することになる。IoT システムの複雑さに対応できる熟練した従業員が存在しないことが、エンドユーザーである産業界が直面する大きな問題となる。IoT システムに関する適切なトレーニングと知識がなければ、IoT の能力を部分的にしか活用できない。このような要因は、IoT/IoT データ収集/デバイス管理プラットフォームの採用に対する課題であり、市場の成長を妨げることになる。

IoT というキーワドが入るタイトルが、セキュリティ関連の記事は思いの外すくないのですが、2021年11月の「NASA/Siemens/Volkswagen などが採用する IoT Protocol のハッキングは可能だ」や、12月の「IoT ハニーポット実験:脅威アクターが特定のデバイスを狙う理由は?」、年明けの「Linux と IoT とマルウェア:2021年の調査結果は前年比で 35% 増」などは、なかなか興味深い記事でした。よろしければ、IoT で検索も、ご利用ください。

%d bloggers like this: