Web サイトの 80% に問題:入力された検索ワードはビジネスに流用される

Over 80% of the top websites leak user searches to advertisers

2022/09/08 BleepingComputer — セキュリティ研究者たちの調査によると、検索バーを備えた Web サイトの 80% が、訪問者が入力した検索ワードを、Google などのオンライン広告主に対して漏えいしていることが判明した。このような慣行は、ユーザーのプライバシーを侵害し、サードパーティの巨大なネットワークに機密情報を漏えいすることを意味する。したがって、そのサードパーティ・ネットワークは、ターゲット広告の配信や、Web 上でのユーザー行動を追跡に、それらのデータを使用できることになる。

Continue reading “Web サイトの 80% に問題:入力された検索ワードはビジネスに流用される”

政府系 Web サイトと Cookie の関係:大半でサードパーティ・トラッカーが使われている

Nearly all governmental websites serve cookies or third-party trackers

2022/07/11 HelpNetSecurity — いくつかの国々では、政府系 Web サイトの 90% ほどが、ユーザーの同意なしにサードパーティのトラッカー・クッキーを追加している。Matthias Götze (TU Berlin)/Srdjan Matic (IMDEA Software)/Costas Iordanou (Cyprus University of Technology)/Georgios Smaragdakis (TU Delft)/Nikolaos Laoutaris (IMDEA Networks) といった研究者たちは、「ユーザーのプライバシーに関する厳しい法律のある国でも、この種のことが起こっている」と述べている。

Continue reading “政府系 Web サイトと Cookie の関係:大半でサードパーティ・トラッカーが使われている”