5億3300万人分の Facebook ユーザー個人情報が流出

533 million Facebook users’ phone numbers leaked on hacker forum

2021/04/03 BleepingComputer — 世界の Facebook ユーザー、約5億3300万人分の携帯番号などの個人情報が、人気のハッカー・フォーラムで、対価を求めることなく流出した。2020年6月に開催されたハッキング・コミュニティで、Facebook データが販売されたことで、この問題は初めて表面化した。

今回のデータ流出で際立つのは、Facebook で公開されているプロフィールや、アカウントに関連付けられている携帯番号などの、Web スクレイピングが可能な会員情報が含まれている点にある。そのときに販売されたデータには、533,313,128人分の Facebook ユーザー情報が含まれている。具体的には、携帯番号および、Facebook ID、氏名、性別、居住地、交際ステータス、職業、生年月日、電子メールアドレスなどの情報となっている。

一連の流出した情報は、各種のサイバー攻撃に利用できるものであり、ハッカー・フォーラムに参加している犯罪者たちを喜ばしたようだと、この記事は指摘しています。電子メールアドレスや携帯電話番号は、フィッシング攻撃に利用できます。そういえば、SMS フィッシング・メッセージが増えているなぁ、と思う人も多いことでしょう。また、携帯電話番号と流出した情報を利用して、SMS で送信される多要素認証コードを盗む SIM スワップ攻撃を行うことも可能とのことです。Facebook の2要素認証のために携帯番号を使ったために、Facebook がハックされると、その携帯番号が攻撃の標的になるという展開です。この終わりなき堂々巡りの世界。少なくとも、心の準備は必要ですね。

%d bloggers like this: