ONE PIECE ファンに悲報:東映がサイバー攻撃を受け新作が延期になる?

New ONE PIECE anime episodes delayed after Toei cyberattack

2022/03/11 BleepingComputer — この週末に、アニメ大手の東映はサイバー攻撃を受け、ONE PIECE や Delicious Party Precure などの、人気アニメシリーズの新エピソードの放映に、遅れが出ていることを明らかにした。このニュースは、高評価を得ている日本の漫画 ONE PIECE の、シリーズ 第1000章の公開を心待ちにしていたファンにとって、きわめて残念なことになる。

東映と ONE PIECE の発表によると、このアニメ・スタジオは 2022年3月6日に、システムへの不正アクセスを検知したとのことだ。翌日に、同社は安全対策として社内システムを全て停止するよう通達し、インシデントの調査に乗り出したという。この調査では、脅威アクターが攻撃中にデータを盗み出し、顧客やビジネス・パートナーに影響を与えるデータ流出となる可能性の有無についても判断される。

東映は報道発表で、「現在は、詳細を調査中だが、顧客や取引先に関する情報、そして、個人情報が含まれているかどうかを確認するため、外部の専門機関による調査も行っている」と述べられている。東映は、外部のサイバー・セキュリティ会社と連携して調査を進めており、警察にも通報しているという。

アニメの新作が延期

同社は、「本日、サイバー攻撃からの回復のために、社内システムを停止したことで、新作の制作に遅れがでる。それに伴い、Dragon Quest Dai no Daibouken や、Delicious Party Precure、Digimon Ghost Game、ONE PIECE の放映が延期されることになった」とファンに伝えた。

Notice of One Piece website to fans of the series
Notice of ONE PIECE website to fans of the series (One-Piece.com)


東映アニメーションは 1948年創業のスタジオであり、Dragon Ball や、Sailor Moon、The Transformers、Digimon、Mazinger Z、ONE PIECE などのヒットシリーズを制作している。ONE PIECE の新作の遅れは、Netflix/Funimation/Crunchyroll などの、世界中の放映にも影響をおよぼす。

日本での ONE PIECE は、高視聴率のアニメ番組の Top-5 常に入っており、2016年には月間 200万件の再生があった。この数字は、それからの5年間で、大幅に増加していると思われる。

東映アニメーションへの攻撃の副作用や、内部システムの復旧が明らかに困難な状況は、ランサムウェアによる攻撃の兆候を伝えているが、現時点で BleepingComputer 確認していない。BleepingComputer は、東映アニメーションに追加情報を要請しており、同社からの回答があり次第、この記事を更新する予定である。

この記事の直前には、「Bridgestone Americas がサイバー攻撃に遭っている:LockBit が犯行を表明」をポストしています。このところ日本の企業や、その海外子会社での被害が多発しています。今回の件に関しては、ONE PIECE などの公開に遅れが生じるので、サイバー攻撃について明らかにせざるを得ない状況だったのでしょう。いったい、どれだけのインシデントが日本で起こっているのか、それを知りたいですね。

%d bloggers like this: