AI / ML はサイバー・セキュリティにとって諸刃の刃

7 Ways AI and ML Are Helping and Hurting Cybersecurity

2021/07/19 DarkReading — 人工知能 (AI: Artificial Intelligence) と機械学習 (ML: Machine Learning) は、いまでは日常生活の一部となっており、それにはサイバー・セキュリティへの応用も含まれる。適切な人の手にかかれば、AI/ML により脆弱性を特定し、インシデントへの対応時間を短縮することが可能だ。しかし、サイバー犯罪者の手にかかれば、大きな被害を生み出す可能性もある。ここでは、AI/ML がサイバー・セキュリティに与える、7つのポジティブな影響と、7つのネガティブな影響を紹介していく。

Continue reading “AI / ML はサイバー・セキュリティにとって諸刃の刃”

Juniper 製品ポートフォリオの多数の脆弱性にパッチが提供された

Juniper Patches Critical Third-Party Flaws Across Product Portfolio

2021/07/19 SecurityWeek — Juniper Networks は、同社製品ポートフォリオ全体にわたる多数の脆弱性をカバーするセキュリティパッチを出荷し、そこで用いられるサードパーティ・ソフトウェアに含まれる一連の重要なバグにも対応した。最も深刻な脆弱性は、Juniper Networks SBR Carrier with EAP におけるスタック・オーバーフローであり、CVE-2021-0276 (CVSSスコア9.8) として追跡されるものだ。

Continue reading “Juniper 製品ポートフォリオの多数の脆弱性にパッチが提供された”

ランサムウェア・パンデミックの第二波を防ぐために

The Second Wave of a Ransomware Pandemic

2021/07/19 SecurityBoulevard — 今年の1月 に、SecurityBoulevard は Ransomware Pandemic を発表した。このレポートは、増大し続けるランサムウェアの脅威と、悪質なマルウェアがもたらす被害について考察するものだ。このレポートでは、将来におけるランサムウェアの予測と、脅威の進行するかについて説明している。それから僅か6ヵ月で、これらの予測はすでに現実のものとなっている。今回は、ランサムウェアの大流行について、その動向を検証し、この継続的な戦いに、コミュニティとしてどのように立ち向かえばよいかを具体的に議論していく。

Continue reading “ランサムウェア・パンデミックの第二波を防ぐために”

米国と同盟国が Microsoft Exchange 攻撃に関して正式に中国を非難

US and allies officially accuse China of Microsoft Exchange attacks

2021/07/19 BleepingComputer — 米国および、欧州連合、英国、NATO などの同盟国は、今年の広範囲にわたるMicrosoft Exchange ハッキング・キャンペーンについて、中国を公式に非難している。2021年の初頭に生じた、このサイバー攻撃は、世界中の数万の組織に展開された 25万台以上の Microsoft Exchange サーバーを標的としていた。

Continue reading “米国と同盟国が Microsoft Exchange 攻撃に関して正式に中国を非難”