Oracle VirtualBox におけるサービス拒否の脆弱性:パッチ漏れはサービス拒否につながる?

Researchers Detail Privilege Escalation Bugs Reported in Oracle VirtualBox

2021/11/23 TheHackerNews — Oracle VM VirtualBox に存在する、すでにパッチが適用されている脆弱性だが、悪用されるとハイパーバイザーが危険にさらされ、サービス拒否 (DoS) 状態に陥る可能性がある。具体的に言うと、Oracle VM VirtualBox が実行されているインフラにログオンしている高権限の攻撃者は、Oracle VM VirtualBox を侵害することができる。この脆弱性を利用した攻撃に成功すると、Oracle VM VirtualBox のハングアップや頻繁に繰り返され、クラッシュを引き起こす可能性が生じる。

Continue reading “Oracle VirtualBox におけるサービス拒否の脆弱性:パッチ漏れはサービス拒否につながる?”

Windows Installer のゼロデイ脆弱性:マルウェアの試験運用が始まっている

Malware now trying to exploit new Windows Installer zero-day

2021/11/23 BleepingComputer — この週末に、セキュリティ研究者の Abdelhamid Naceri が公開した、Microsoft Windows Installer のゼロデイを標的にした PoC エクスプロイトだが、すでにマルウェア作成者たちによりテストが開始されている。Cisco の Talos Security Intelligence & Research Group の Technical Leader であるJaeson Schultz は、「Talos では、この脆弱性を利用しようとするマルウェア・サンプルを、すでに検出している」と述べている。

Continue reading “Windows Installer のゼロデイ脆弱性:マルウェアの試験運用が始まっている”

Microsoft Exchange の RCE 脆弱性 CVE-2021-42321 の PoC が提供されている

Expert released PoC exploit code for Microsoft Exchange CVE-2021-42321 RCE bug

2021/11/23 SecurityAffairs — この日曜日に、研究者である Janggggg は、Microsoft Exchange サーバーの CVE-2021-42321 として追跡されている、活発に悪用されている脆弱性に対する PoC エクスプロイト・コードを公開した。この脆弱性 CVE-2021-42321 は、コマンドレットにおける不適切な引数の検証に起因する、深刻度の高いリモートコード実行の問題である。Microsoft は、この欠陥は認証された攻撃者のみが悪用できると指摘している。

Continue reading “Microsoft Exchange の RCE 脆弱性 CVE-2021-42321 の PoC が提供されている”