Anonymous がロシア国営石油パイプラインを攻撃:機密情報をリークサイトで公開

Anonymous leaked data stolen from Russian pipeline company Transneft

2022/03/20 SecurityAffairs — Anonymous の主張は、ロシアに本拠を置く国営石油パイプライン会社 Transneft の、社内研究開発部門である Omega Company をハッキングしたというものだ。Transneft は世界最大の石油パイプライン会社であり、ハッカーたちは 79GB の電子メールを盗み出し、非営利の内部告発組織 Distributed Denial of Secrets のリークサイトに公開した。ロシアによるウクライナ侵攻が続き、罪のない人々が亡くなっている中で、Anonymous はロシアの政府機関や民間企業を標的にしている。

Omega Company へのハッキングの一環として流出したデータには、同社従業員のメール・アカウント・データが含まれている。盗まれたデータに含まれるのは、請求書/機器の技術的構成/製品の出荷情報などである。

同社は、石油パイプライン用の音響/温度ハイテク監視システムを製造している。
The Verge が一部のメールを確認したところ、データがネット上に流出する僅か数日前の、3月15日の日付のものがあったという。

MSNBC の Anonymous インタビューにおいて、ロシアに対してサイバー攻撃を仕掛けるように公に奨励した、Hillary Clinton に対してリーク元がリスペクトしていることを、Distributed Denial of Secrets は明らかにした。

Clinton は、「自由を愛し、自由な生き方を望む人々に対して、同様に支援することが大切だと理解している人々は、ロシアの街頭にいる人々に対して、サイバー支援できる」と述べていた。

現在進行中の #OpRussia の一環として、Anonymous などのグループが、最近に実施したサイバー攻撃に興味がある方は、こちらを参照してほしい

ロシアという国家によるウクライナ侵攻という選択に対して、個人の集団である Anonymous が対抗しているという、とても特殊な状況にあります。これまで、Anonymous に関する記事としては、2月25日の「Anonymous がロシア政府に宣戦布告:さまざまな形態による参戦を呼びかけ」と、3月13日の「Anonymous からロシア国民へ:プーチンの政権からの追放を呼びかけるメッセージ」があります。また、3月4日の「ロシア対ウクライナのサイバー戦争:誰が誰を攻撃しているのか?」と、2月24日の「ロシアによるウクライナ侵攻:グローバル・サイバー戦争とインターネットの自由」も、状況を俯瞰する上で有益な記事だと思います。

%d bloggers like this: