Checkmk に複数の脆弱性:IT インフラ監視ソフトウェアに乗っ取りの可能性

Multiple Vulnerabilities Reported in Checkmk IT Infrastructure Monitoring Software

2022/11/02 TheHackerNews — モニタリング・ソフトウェアである Checkmk IT Infrastructure に存在する、複数の脆弱性が報告された。これらの脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が、連鎖的に影響を受けるサーバを完全に乗っ取る可能性が生じている。SonarSource の研究者である Stefan Schiller は、「これらの脆弱性を連鎖させることで、Checkmk 2.1.0p10 以下のサーバ上でのコード実行が、未認証のリモート攻撃者に許されてしまう」と、技術分析で述べている。

Continue reading “Checkmk に複数の脆弱性:IT インフラ監視ソフトウェアに乗っ取りの可能性”

Lapsus$ の犯行声明:IT 企業 Globant のデータ 70GB を流出させた

LAPSUS$ Claims to Have Breached IT Firm Globant; Leaks 70GB of Data

2022/03/30 TheHackerNews — データ強奪組織である Lapsus$ は、1週間の休暇後に Telegram で復帰を発表し、ソフトウェア・サービス企業の Globant のデータだと主張するものを流出させた。このグループは、54,000人のメンバーを有する Telegram チャンネルに、「我々は正式に休暇から戻ってきた」と書き込み、Globant の DevOps インフラに属するとされる、抽出されたデータと認証情報の画像を掲載した。

Continue reading “Lapsus$ の犯行声明:IT 企業 Globant のデータ 70GB を流出させた”

Lapsus$ ランサムウェアの主張:Microsoft のコード・リポジトリに侵入した

Lapsus$ gang claims to have hacked Microsoft source code repositories

2022/03/21 SecurityAffairs — Microsoft は、サイバー犯罪組織 Lapsus$ が社内の Azure DevOps ソースコード・リポジトリに侵入し、データを盗み出したという主張を調査していると発表した。この数ヶ月の間に、Lapsus$ は NVIDIA/Samsung/Ubisoft/Mercado Libre/Vodafone といった有名企業にも侵入している。

Continue reading “Lapsus$ ランサムウェアの主張:Microsoft のコード・リポジトリに侵入した”

Samsung から流出したソースコード:数 1000 の機密情報が含まれている

Thousands of Secret Keys Found in Leaked Samsung Source Code

2022/03/15 SecurityWeek — 先日に流出した Samsung のソースコードを分析した結果、数千の秘密鍵が公開されており、悪意の行為者にとって非常に有用な鍵も、その中には多数含まれていることが明らかになった。この分析は、Git のセキュリティ・スキャンと秘密検出を専門とする、GitGuardian により行われた。同社の研究者たちは、Lapsus$ と名乗るサイバー犯罪グループが、先日に流出させたソースコードに注目した。

Continue reading “Samsung から流出したソースコード:数 1000 の機密情報が含まれている”

ポルトガルの Vodafone に大規模なサイバー攻撃:4G/5G 通信などが一時的に停止

Vodafone Portugal hit by a massive cyberattack

2022/02/08 SecurityAffairs — ポルトガルの Vodafone が大規模なサイバー攻撃を受け、4G/5G の通信およびテレビ・サービスが一時的に停止したとメディアが報じた。Vodafone は、「攻撃は、2022年2月7日の夜に始まった。損害と混乱を引き起こすことを目的とした、意図的で悪意のあるサイバー攻撃により、ネットワークに障害が発生した。Vodafone は、ネットワーク上で問題が検出されると、直ちに影響を特定して封じ込め、サービスを復旧させるために行動した」と発表した。

Continue reading “ポルトガルの Vodafone に大規模なサイバー攻撃:4G/5G 通信などが一時的に停止”

Buffalo WSR ルーターの脆弱性 CVE-2021-20090 は Mirai ボットを引き寄せる?

CVE-2021-20090 actively exploited to target millions of IoT devices worldwide

2021/08/07 SecurityAffairs — 脅威アクターたちは、Arcadyan ファームウェアを搭載した家庭用ルーターに影響を与える、深刻な認証バイパスの脆弱性 CVE-2021-20090 を積極的に利用して Mirai ボットを展開している。Tenable が公開したアドバイザリには、「Buffalo WSR-2533DHPL2 ファームウェア 1.02 以下 と WSR-2533DHP3 ファームウェア 1.24 以下の Web インターフェイスに、パス・トラバーサルの脆弱性があり、リモート攻撃者による認証バイパスが生じるかもしれない」と記されている。この欠陥は、17社のベンダーが製造する、数百万台の IoT 機器に影響を与える可能性があり、被害の対象としては何社かの ISP が含まれるかもしれない。今回の攻撃は、Juniper Threat Labs の研究者により発見されたものであり、この2月から IoT 機器を標的としていた、脅威アクターによるキャンペーンだと、専門家たちは捉えている。

Continue reading “Buffalo WSR ルーターの脆弱性 CVE-2021-20090 は Mirai ボットを引き寄せる?”

大規模 BGP リークによりグローバル・ネットワークが大混乱

Major BGP leak disrupts thousands of networks globally

2021/04/17 BleepingComputer — 4月16日に発生した大規模な BGP ルーティング・リークにより、世界中の主要なネットワークや Web サイトへの接続性が損なわれた。この BGP ルーティング・リークは、インドに拠点を置く Vodafone の自律ネットワーク(AS55410)で発生したものであり、情報筋によると、Google を含む米国企業にも影響が及んでいるとのことである。

Continue reading “大規模 BGP リークによりグローバル・ネットワークが大混乱”