Conti PlayBook 英訳版:ランサムウェアの手口が明らかに

Translated Conti ransomware playbook gives insight into attacks

2021/09/02 BleepingComputer — Conti グループの攻撃 PlayBook が流出してから1ヶ月ほどが経ったが、(ロシア語からの) 自動翻訳による誤訳を解消するために、セキュリティ研究者たちが翻訳版を公開してくれた。この PlayBook は、Conti におけるランサムウェア攻撃の方法や、徹底した指示に関する情報を提供するだけではなく、スキルの低いアクターであっても、Conti ランサムウェアのアフィリエイトになれば、貴重なターゲットを攻撃できるようになっている。

Continue reading “Conti PlayBook 英訳版:ランサムウェアの手口が明らかに”

Facebook が4万ドルのバグ報奨金:アカウント乗っ取りが解消

Facebook Pays Out $40,000 for Account Takeover Exploit Chain

2021/09/02 SecurityWeek — 9月1日に、SNS 大手の Facebook は、脆弱性ハンターに与えられるバグバウンティの内訳について、より理解が進むよう、新たな支払いガイドラインを発表した。具体的は、新しいガイドラインでは、「あなたが提供した電子メール・アドレスまたは電話番号を用いてあなたを検索できる人」の項目にある、「コンタクト・ポイントの可視化設定におけるセキュリティ問題」が対象となる。

Continue reading “Facebook が4万ドルのバグ報奨金:アカウント乗っ取りが解消”

Cisco NFV における深刻な認証バイパスの脆弱性が FIX

Cisco fixes critical authentication bypass bug with public exploit

2021/09/02 BleepingComputer — Cisco は、Enterprise NFV Infrastructure Software (NFVIS) における認証バイパスの脆弱性 (CVSS 9.8) に対して、PoC エクスプロイト・コードを公開した。このセキュリティ上の欠陥 (CVE-2021-34746) は、Cisco の Enterprise NFV Infrastructure Software の TACACS+ AAA (Authentication / Authorization / Accounting) で発見された。このソリューションは、仮想ネットワーク機能 (VNF : Virtual Network Functions) の管理を容易にするために設計されている。

Continue reading “Cisco NFV における深刻な認証バイパスの脆弱性が FIX”

Moxa の鉄道用デバイスに影響をおよぼす 60件の脆弱性

Flaws in Moxa Railway Devices Could Allow Hackers to Cause Disruptions

2021/09/02 SecurityWeek — 台湾の産業用ネットワーク/オートメーション企業である Moxa が製造する、鉄道向けの無線通信デバイスには、60件近くの脆弱性が存在する。今週に、Atos 傘下のサイバーセキュリティ・コンサルティング会社である SEC Consult は、同社の研究者が Moxa デバイスに、新たに2つの脆弱性を発見したほか、数十の欠陥をもたらす古いサードパーティ製ソフトウェア・コンポーネント群を発見した。

Continue reading “Moxa の鉄道用デバイスに影響をおよぼす 60件の脆弱性”

Atlassian Confluence の悪用は暗号マイニングの範囲に留まるか?

Atlassian Confluence flaw actively exploited to install cryptominers

2021/09/02 BleepingComputer — 先日に公開された Atlassian Confluence のリモートコード実行の脆弱性をスキャンし、PoC エクスプロイトが公開された後に、クリプト・マイナーをインストールするという、ハッカーたちの積極的な悪用が検知されている。Atlassian Confluence は、企業の従業員たちがプロジェクトで共同作業を進めるための、とても人気のある Web ベースのチーム・ワークスペースである。

Continue reading “Atlassian Confluence の悪用は暗号マイニングの範囲に留まるか?”

Autodesk もロシアン SolarWinds ハッカーに狙われていた

Autodesk reveals it was targeted by Russian SolarWinds hackers

2021/09/02 BleepingComputer — Autodesk だが、同社のサーバーの1つが Sunburst マルウェアによりバックドアを作られたことを発見し約9ヶ月後に、大規模な SolarWinds Orion サプライチェーン攻撃の背後にいる、ロシアの国家支援ハッカーからも狙われていたことを認めた。米国のソフトウェア/サービス企業である SolarWinds は、デザイン/エンジニアリング/建設などの分野の顧客に、CAD (computer-aided design)/Drafting/3D Modeling などのツールを提供している。

Continue reading “Autodesk もロシアン SolarWinds ハッカーに狙われていた”

DDoS 調査:短時間と高帯域というトレンドに緩和策は有効なのか?

DDoS Attacks Hitting Victims in High-Bandwidth ‘Bursts’

2021/09/02 DarkReading — 2021年の上半期、分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃の件数は4倍に増加し、攻撃量も2倍になったことが、新しいデータで明らかになった。セキュリティ企業の Imperva は、同社の顧客が遭遇した約5,600件の攻撃から情報を抽出し、攻撃の強度が高まり続ける一方で、攻撃時間は短縮されていることを明らかにした。Imperva によると、攻撃の半数以上は8分以内に終了し、攻撃者は同じ企業に繰り返し大量のデータを送りつけていた (1Tbpsを超える攻撃もあり)。

Continue reading “DDoS 調査:短時間と高帯域というトレンドに緩和策は有効なのか?”