Trend Micro の Hybrid Cloud Security に存在する2つの深刻な脆弱性が FIX

Trend Micro fixed 2 flaws in Hybrid Cloud Security products

2022/02/03 SecurityAffairs — Trend Micro は、同社のハイブリッド・クラウド・セキュリティ製品の一部に影響をおよぼす、2つの深刻度の高い脆弱性 (CVE-2022-23119/CVE-2022-23120) を修正するセキュリティ・アップデートを公開した。これらの脆弱性は、ワークロード・セキュリティ・ソリューションである Deep Security と Cloud One に影響するものだ。

Continue reading “Trend Micro の Hybrid Cloud Security に存在する2つの深刻な脆弱性が FIX”

多要素認証 (MFA) の第2ラウンド:脅威アクターはリバースプロキシ・キットで対抗

MFA adoption pushes phishing actors to reverse-proxy solutions

2022/02/03 BleepingComputer — オンライン・アカウントへの多要素認証 (MFA) の導入が進むにつれて、フィッシング詐欺師たちは悪質な活動を継続するために、より洗練されたソリューション (特にリバースプロキシ・ツール) を利用するようになっている。COVID-19 の大流行は、人々の働き方を大きく変え、自宅での仕事を可能にし、場合によっては望ましいことを証明した。

Continue reading “多要素認証 (MFA) の第2ラウンド:脅威アクターはリバースプロキシ・キットで対抗”

産業用制御システムへのランサムウェア攻撃:頻度と影響力が増大している

Ransomware Often Hits Industrial Systems, With Significant Impact: Survey

2022/02/03 SecurityWeek — 木曜日に、OT および IoT のセキュリティ企業である Claroty が発表したレポートによると、ランサムウェアによる攻撃が、産業用制御システム (ICS:Industrial Control Systems) や運用技術 (OT:Operational Technology) 環境におよぶケースが増え、大きな影響を与えているようだ。Claroty のレポート Global State of Industrial Cybersecurity は、米国/欧州/APAC などの地域の IT/OT セキュリティの専門家1,100人を対象とした、Pollfish 調査に基づくものである。この調査は 2021年9月に実施され。回答者の半数以上が年間売上高が $1 billion を超える企業に勤務している。

Continue reading “産業用制御システムへのランサムウェア攻撃:頻度と影響力が増大している”

Zimbra ゼロデイ脆弱性:未知の脅威アクターが電子メールを盗み出している

Zimbra zero-day vulnerability actively exploited to steal emails

2022/02/03 BleepingComputer — Zimbra におけるクロス・サイト・スクリプティング (XSS) の脆弱性が、ヨーロッパのメディアや政府機関を標的とした攻撃で積極的に悪用されている。Zimbra は、Eメール/コラボレーション・プラットフォームであり、インスタント・メッセージング/コンタクト・リスト/ビデオ会議/ファイル共有/クラウド・ストレージなどの機能も備えている。Zimbra によると、1,000以上の政府機関や金融機関を含め、140カ国以上の20万以上の企業が、同社のソフトウェアを使用しているとのことだ。

Continue reading “Zimbra ゼロデイ脆弱性:未知の脅威アクターが電子メールを盗み出している”

Cisco Small Business RV ルーターに深刻な脆弱性:パッチの提供を確認してアップデートを

Cisco Patches Critical Vulnerabilities in Small Business RV Routers

2022/02/03 SecurityWeek — 今週に Cisco は、Small Business RV160/RV260/RV340/RV345 ルーター・シリーズに存在する、複数の脆弱性に対するパッチを発表した。その中には、root 権限で任意のコード実行を許す可能性がある深刻なバグも含まれている。一連の問題の中で最も深刻な脆弱性 CVE-2022-20699 (CVSS 10.0) は、認証されていないリモートの攻撃者に対して、脆弱なデバイス上で任意のコード実行を許すものである。このバグは、特定の HTTP リクエストの処理中に実行される、境界チェックが不十分であるために問題を生じる。

Continue reading “Cisco Small Business RV ルーターに深刻な脆弱性:パッチの提供を確認してアップデートを”