Imperva が DDoS を緩和:25.3 B リクエストの総量と 3.9 M RPS のピーク値

Imperva blocked a record DDoS attack with 25.3 billion requests

2022/09/21 SecurityAffairs — サイバー・セキュリティ企業の Imperva は、2022年6月27日に発生した 253回億以上のリクエストによる、DDoS 攻撃を緩和させた。専門家たちによると、この攻撃は Imperva のアプリケーションである DDoS 軽減ソリューションの新記録となったという。今回の攻撃は、中国の無名の電気通信会社を標的とし、4時間以上にわたって発生し、ピーク時には 3.9 million RPS を記録したとされる。

Continue reading “Imperva が DDoS を緩和:25.3 B リクエストの総量と 3.9 M RPS のピーク値”

Redis 運用で判明した問題:39,000 件のインターネット接続サーバが狙われている

Over 39,000 Unauthenticated Redis Instances Found Exposed on the Internet

2022/09/21 TheHackerNews — 未知の攻撃者が、インターネット上に公開されている、数万台の未認証 Redis サーバを標的とし、暗号通貨採マイナーをインストールしようとした。これらのホストに対する、すべての侵入の成功/失敗については、すぐには判明しないだろう。しかし、2018年9月に初めて文書化された、サーバを騙して任意のファイルにデータを書き込むように設計された、あまり知られていない技術が使用された不正アクセスの事例だとされる。

Continue reading “Redis 運用で判明した問題:39,000 件のインターネット接続サーバが狙われている”

Morgan Stanley に $35M の罰金:1500万人分の顧客情報が入った HD を不適切に廃棄

Morgan Stanley to Pay $35M Fine for Exposing Information of Millions of Customers

2022/09/21 SecurityWeek — 火曜日の米証券取引委員会 (SEC) の発表は、数百万人の顧客の個人情報を流出させた Morgan Stanley が、$35 million 罰金の支払に同意したというものだ。SEC によると、Morgan Stanley の Smith Barney 資産管理事業は、5年間にわたる広範な失敗を理由に起訴された。具体的には、約 1500万人の顧客の個人情報を保護することができなかったとされている。

Continue reading “Morgan Stanley に $35M の罰金:1500万人分の顧客情報が入った HD を不適切に廃棄”

LockBit 3.0 Builder が流出:不満を持つ開発者の裏切りがもたらす大きな影響とは?

LockBit ransomware builder leaked online by “angry developer”

2022/09/21 BleepingComputer — ランサムウェア LockBit だが、不満を持つ開発者とされる人物から、最新の暗号化ソフトのビルドが流出されるという裏切り行為を受けているようだ。この6月に、LockBit ランサムウェアは、2ヶ月間にわたるテストの後に、コードネーム LockBit Black と呼ばれる暗号化装置の Ver 3.0 をリリースした。この新バージョンは、「ランサムウェアを再び偉大なものにする」ことを約束し、新しいアンチ解析機能や、ランサムウェアのバグバウンティ・プログラム、新たな強奪方法などを追加している。しかし、2人 (あるいは同一人物) の不満分子が、Twitter で LockBit 3.0 Builder を流出させるなど、LockBit の運営者は厄介な情報漏洩に見舞われているようだ。

Continue reading “LockBit 3.0 Builder が流出:不満を持つ開発者の裏切りがもたらす大きな影響とは?”

LinkedIn の Smart Link を悪用:セキュリティを回避するフィッシング攻撃に御用心

LinkedIn Smart Links abused in evasive email phishing attacks

2022/09/21 BleepingComputer — フィッシング詐欺師たちが LinkedIn の Smart Link 機能を悪用してメールセキュリティ製品を回避し、フィッシング・ページにターゲット・ユーザーを誘導した後に、支払い情報を盗み出すことに成功している。この Smart Link は、LinkedIn の Sales Navigator/Enterprise のユーザーだけが使える機能であり、追跡可能な1つのリンクを使用して、最大 15件の文書をまとめて送信することができる。

Continue reading “LinkedIn の Smart Link を悪用:セキュリティを回避するフィッシング攻撃に御用心”

PyPI の脆弱性 CVE-2007-4559:35万件のオープンソース・プロジェクトに影響

350K Open-Source Projects At Risk of Supply Chain Vulnerability

2022/09/21 InfoSecurity — Trellix が設立を発表した Advanced Research Center は、最新のサイバー・セキュリティ脅威を検出/対応/修復するための、リアルタイムのインテリジェンスと脅威指標の作成を目的とするものだ。Trellix の最高製品責任者である Aparna Rayasam は、「脅威の状況は、洗練され、影響を与える可能性が拡大している。我々は、デジタルと物理的な世界で全ての人々を安全にするために、この事業に取り組んでいる。脅威アクターたちは、人材と技術的ノウハウに戦略的に投資している。したがって、サイバー・セキュリティ業界は、最も好戦的な行為者とその手法を研究し、より速い速度で革新していく義務がある」と述べている。

Continue reading “PyPI の脆弱性 CVE-2007-4559:35万件のオープンソース・プロジェクトに影響”

Okta 報告:全ログイン試行の 34%を占めるクレデンシャル・スタッフィングの猛攻

Okta: Credential stuffing accounts for 34% of all login attempts

2022/09/21 BleepingComputer — 2022 Q2 にクレデンシャル・スタッフィング攻撃が流行し、そのためのトラフィックが、一般ユーザーからの正当なログイン試行回数を上回る国もあるという。この種の攻撃で悪用されるのは、複数のサイトで同じ認証情報のペア (ログイン名とパスワード) を使用する、パスワード・リサイクルという悪習慣である。

Continue reading “Okta 報告:全ログイン試行の 34%を占めるクレデンシャル・スタッフィングの猛攻”

オープンソース・リポジトリへの攻撃が3年間で 700% 増加:サプライチェーンの深刻な危機

Open Source Repository Attacks Soar 700% in Three Years

2022/09/21 InfoSecurity — Sonatype の調査結果によると、アップストリームのオープンソース・コード・リポジトリを標的とする悪意の活動の量は、この3年間で3桁の増加に達したという。同社は、新たに公開したデータの中で、ソフトウェア・コンポーネントにマルウェアを仕込むことを目的とした攻撃が、700%増加していることを検出したと主張している。また、同社は、これらのコンポーネントがダウンストリームの DevOps チームに悪影響をおよぼすことで、大混乱が引き起こされる可能性があると述べている。

Continue reading “オープンソース・リポジトリへの攻撃が3年間で 700% 増加:サプライチェーンの深刻な危機”