Google Play に5つの危険なドロッパー・アプリ:銀行口座や暗号通貨ウォレットが狙われている

These Dropper Apps On Play Store Targeting Over 200 Banking and Cryptocurrency Wallets

2022/10/28 TheHackerNews — 累計インストール数が 130,000 を超える、悪質なドロッパー型 Android アプリ5個が Google Play ストアで発見された。それらにより、SharkBot と Vultur といったバンキング・トロイの木馬が配布され、金融データの窃取などを含む、端末上での不正行為が生じていることも判明した。

Continue reading “Google Play に5つの危険なドロッパー・アプリ:銀行口座や暗号通貨ウォレットが狙われている”

VMware の深刻な RCE 脆弱性 CVE-2021-39144:PoC エクスプロイトが公開

Exploit released for critical VMware RCE vulnerability, patch now

2022/10/28 BleepingComputer — VMware の Cloud Foundation/NSX Manager アプライアンスに存在し、未承認の攻撃者に root 権限によるリモート・コード実行 (RCE) を許してしまう、未パッチの脆弱性に対する PoC エクスプロイト・コードが公開された。この脆弱性 CVE-2021-39144 は、2つの VMware 製品で使用されている XStream オープンソース・ライブラリに存在し、VMware は CVSS 値 9.8 と評価している。

Continue reading “VMware の深刻な RCE 脆弱性 CVE-2021-39144:PoC エクスプロイトが公開”

Microsoft IIS ログを悪用する Cranefly マルウェア:3つの文字列で侵害を完遂

Hackers use Microsoft IIS web server logs to control malware

2022/10/28 BleepingComputer — Microsoft Internet Information Services (IIS) の Web サーバのログを経由して、感染端末のマルウェアを制御するという、これまでにはなかった手法を、ハッキング・グループ Cranefly (UNC3524) が採用しているという。Microsoft IIS は Web サーバであり、Web サイトや Web アプリをホストするために使用されている。また、Microsoft Exchange の Outlook on the Web (OWA) などのソフトウェアでも、管理アプリや Web インターフェイスをホストするために使用されている。

Continue reading “Microsoft IIS ログを悪用する Cranefly マルウェア:3つの文字列で侵害を完遂”

Google Chrome 107 の緊急アップデート:新たなゼロデイ CVE-2022-3723 を FIX

Google fixes a new actively exploited Chrome zero-day, it is the seventh one this year

2022/10/28 SecurityAffairs — Google は、積極的に悪用されるゼロデイ脆弱性 CVE-2022-3723 に対処するために、Chrome 107 の緊急アップデートをリリースした。CVE-2022-3723 は、Chrome V8 の Javascript エンジンに存在するタイプ・コンフュージョンの脆弱性であり、2022年10月25日に Avast の Jan Vojtěšek/Milánek/Przemek Gmerek により報告されたものだ。

Continue reading “Google Chrome 107 の緊急アップデート:新たなゼロデイ CVE-2022-3723 を FIX”

Juniper Junos OS の深刻な脆弱性が FIX:ファイアウォール/ルーター/スイッチで RCE

High-Severity Flaws in Juniper Junos OS Affect Enterprise Networking Devices

2022/10/28 TheHackerNews — Juniper Networks のデバイスに影響を及ぼす、複数の深刻なセキュリティ欠陥が公開されたが、そのうちのいくつかは、悪用に成功した攻撃者にコードを実行される可能性があるという。Octagon Networks の研究者である Paulos Yibelo によると、このうち最も深刻なものは、Junos OS の J-Web コンポーネントに存在する、リモートでの事前認証を介した PHP アーカイブ・ファイルのデシリアライズの脆弱性 CVE-2022-22241 (CVSS 値 : 8.1) であるという。

Continue reading “Juniper Junos OS の深刻な脆弱性が FIX:ファイアウォール/ルーター/スイッチで RCE”

Access-as-a-Service へと進化した Raspberry Robin:Clop ランサムウェアの展開を推進か?

Raspberry Robin Operators Selling Cybercriminals Access to Thousands of Endpoints

2022/10/28 TheHackerNews — Raspberry Robin ワームは Access-as-a-Service へと進化し、IcedID/Bumblebee/TrueBot (Silence)/Clop などの、他のペイロード展開に採用されつつある。Microsoft Security Threat Intelligence Center (MSTIC) は、「このマルウェアは、複雑で相互接続されたマルウェア・エコシステムの一部であり、従来からの USB ドライブ拡散を超えた、多様な感染方式を実現している」と詳述している。Raspberry Robin は、USB ドライブを介して Windows システムに拡散するマルウェアであり、感染させた QNAP ストレージ・サーバを Command and Control に使用することから、 サイバー・セキュリティ企業 Red Canary は QNAP Worm とも呼んでいる。

Continue reading “Access-as-a-Service へと進化した Raspberry Robin:Clop ランサムウェアの展開を推進か?”

Instagram ユーザーを狙う新手のフィッシング:著作権違反を示唆する通知に要注意

Cyberattackers Target Instagram Users With Threats of Copyright Infringement

2022/10/28 DarkReading — 新たなフィッシング・キャンペーンで Instagram ユーザーを標的とする脅威アクターたちは、URL リダイレクトを介したアカウントの乗っ取り、および、将来の攻撃での悪用、ダークウェブでの販売などを目的とした、機密情報の窃取を狙っている。Trustwave SpiderLabs の研究者たちが、10月27日に Dark Reading と共有した分析結果によると、このキャンペーンで用いられるルアーは、標的ユーザーたちに著作権侵害の疑いがあると思い込ませるものだという。それは、Instagram のインフルエンサー/企業/普通のユーザーたちにとって、大きな懸念であるようだ。

Continue reading “Instagram ユーザーを狙う新手のフィッシング:著作権違反を示唆する通知に要注意”