Dell と Amazon がデータ保護で連携:PowerProtect Cyber Recovery for AWS が登場

Dell Allies with AWS to Protect Data

2021/12/01 SecurityBoulevard — Dell Technologies と Amazon Web Services (AWS) は、AWS re:Invent カンファレンスにおいて、Dell EMC PowerProtect Cyber Recovery for AWS を発表した。これにより、サイバー攻撃を受けた企業がアクセスするための、データの完全なコピーを作成することが可能になる。Dell EMC PowerProtect Cyber Recovery for AWS は、これまで VMware のハイパーバイザーで提供されてきたが、AWS の Amazon Machine Image (AMI) 仮想マシン・アプライアンスにも提供されることになった。

Continue reading “Dell と Amazon がデータ保護で連携:PowerProtect Cyber Recovery for AWS が登場”

Emotet が偽の Adobe インストーラーを介して広まり始めている

Emotet now spreads via fake Adobe Windows App Installer packages

2021/12/01 BleepingComputer — 現在、マルウェア Emotet は、Adobe PDF ソフトウェアを装う、悪意の Windows App Installer パッケージを介して配布されている。Emotet は、フィッシング・メールや悪意の添付ファイルを介して拡散する、悪名高いマルウェアである。インストールされると、他のスパム・キャンペーンのために被害者のメールを盗み、TrickBot や Qbot などのマルウェアを展開して、ランサムウェア攻撃などへつなげる。

Continue reading “Emotet が偽の Adobe インストーラーを介して広まり始めている”

Mozilla の暗号ライブラリ Network Security Services の深刻なバグが FIX

Mozilla fixes critical bug in cross-platform cryptography library

2021/12/01 BleepingComputer — Mozilla は、クロス・プラットフォームの暗号ライブラリ Network Security Services (NSS) に存在する、深刻なメモリ破壊の脆弱性に対処した。NSS は、SSL v3/TLS/PKCS #5/PKCS #7/PKCS #11/PKCS #12/S/MIME/X.509 v3 証明書などの、さまざまなセキュリティ規格に対応しており、セキュリティ機能を備えたクライアントおよびサーバー・アプリケーションを開発するために使用できる。

Continue reading “Mozilla の暗号ライブラリ Network Security Services の深刻なバグが FIX”

Microsoft Exchange への BlackByte 攻撃:依然として ProxyShell が暴れている

Microsoft Exchange servers hacked to deploy BlackByte ransomware

2021/12/01 BleepingComputer — BlackByte というランサムウェアが、ProxyShell と呼ばれる脆弱性を利用してMicrosoft Exchange サーバーを攻撃し、さまざまな企業ネットワークに侵入している。ProxyShell とは、Microsoft Exchange における3つの脆弱性のセットの名称であり、それらが連鎖することで、サーバー上で認証を必要としないリモートコード実行が可能になるものだ。

Continue reading “Microsoft Exchange への BlackByte 攻撃:依然として ProxyShell が暴れている”

EwDoor というボットネットが登場:AT&T の未パッチ Network Edge Devices が標的だ

New EwDoor Botnet Targeting Unpatched AT&T Network Edge Devices

2021/12/01 TheHackerNews — 新たに発見されたボットネットは、分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃を可能にするものであり、通信サービス・プロバイダーである AT&T が所有する、Ribbon Communications (旧 Edgewater Networks) の EdgeMarc アプライアンスの4年前の欠陥を利用して、パッチが適用されていないアプライアンスを標的にしている。

Continue reading “EwDoor というボットネットが登場:AT&T の未パッチ Network Edge Devices が標的だ”

VirusTotal Collections が登場:Indicators of Compromise (IoC) の共有を推進する

VirusTotal Collections allows enhancing the sharing of Indicators of Compromise (IoCs)

2021/12/01 SecurityAffairs — VirusTotal は、脅威研究者がたちが IoC (Indicators of Compromise) を共有するための、新サービス VirusTotal Collections を発表した。このコレクションは、特定の脅威に関連する IoC を含むライ・ブレポートであり、VirusTotal の登録ユーザーであれば利用できる。また、このレポートには、最新の VirusTotal 分析メタ・データが含まれる。

Continue reading “VirusTotal Collections が登場:Indicators of Compromise (IoC) の共有を推進する”

Yanluowang ランサムウェアが米国の金融業界を狙っている

Yanluowang Ransomware Targeting U.S. Financial Corporations

2021/12/01 SecurityWeek — Symantec のセキュリティ研究者たちは、ランサムウェア Yanluowang について、FiveHands グループに所属していた脅威アクターが運用していると考えている。Yanluowang は、10月に公開されたばかりの未開発のランサムウェアとも思えるが、大規模な組織を対象とした一連の標的型攻撃に利用されている。敵対者たちは、この攻撃の一環として、AdFind も偵察のために使用していた。

Continue reading “Yanluowang ランサムウェアが米国の金融業界を狙っている”

Honeywell の量子コンピュータ子会社が分社と合併で大規模にビジネス展開

New Quantum Computing Giant Quantinuum to Launch Cybersecurity Product

2021/12/01 SecurityWeek — 火曜日のこと、Honeywell Quantum Solutions と Cambridge Quantum は合併し、Quantinuum を設立したことを発表した。彼らは、世界最大の統合量子コンピューティング企業と、自らを表現している。Honeywell Quantum Solutions は量子ハードウェアに特化し、Cambridge Quantum はソフトウェア/オペレーティング・システム/サイバー・セキュリティに特化する企業だった。この合併の目的は、量子コンピューター分野の開発と革新を促進することにあるという。

Continue reading “Honeywell の量子コンピュータ子会社が分社と合併で大規模にビジネス展開”

HP 製プリンタで複数の脆弱性:150 種類のモデルに影響するという

HP Issues Firmware Updates for Printer Product Vulnerabilities

2021/12/01 DarkReading — HP Inc は、同社の多機能プリンタ (MFP: multifunction printer) 製品 150 モデル以上に影響をおよぼす、複数のセキュリティ脆弱性に対応したファームウェア・アップデートを発行した。これらの問題を悪用するのは、特に簡単というわけではない。ただし、2021年4月にバグを発見して HP に報告した F-Secure の研究者たちによると、これらの問題は、攻撃者がデータを盗み、ネットワークへの足掛かりを得る手段となるため、あらゆる組織にとって脅威となるようだ。

Continue reading “HP 製プリンタで複数の脆弱性:150 種類のモデルに影響するという”